105→アルテDi2 最先端機材満載のロングライド最強ディスクロード
by: 関和貴

s-IMG_4884みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回ご紹介するのは、、、

 

 

 

s-IMG_4941

ピナレロ プリンス DISC 105

 

 

 

☆カスタムしてアルテグラDi2にしちゃおう大作戦☆

 

!!です!!

(≧▽≦)

 

 

 

 

 

イタリアの老舗PINARELLOと言えばツールドフランスで無双状態のDOGMAが有名ですね。

 

PRINCEは1世代前のドグマF10と同じ設計思想で開発されたセカンドグレード。

 

なので写真左側のドグマF10と外見はほとんど同じ!!

 

 

1世代前のトップグレードの形状で使用するカーボンのグレードを変えてセカンドグレードとするのはピナレロのお約束(!?) 

ある意味伝統的な設計と言えます。

 

 

とはいっても中身は最新のロードレーサー

それも流行のエアロロード!

走りのキレは一級品です!!

 

 

まっくろ塗装のBOB(ブラックオンブラック)もピナレロの定番カラー。

 

よく見るとカーボン素材の繊維がすけて見えるクリア塗装です。

カーボンの柄はそれぞれ違うので一品物です!

 

 

 

 

s-IMG_4879

こちらがお店に届いた状態。

 

通常の105仕様です。

 

 

s-IMG_4881 s-IMG_4882

当然各部105パーツ

 

 

遠慮なく外しちゃいます!!

( `ー´)ノ

 

 

 

 

s-IMG_4883

バラバラに!!

 

 

s-IMG_4877

今回使うパーツたち。

 

新車の完成車でオリコン2つ分のパーツを使うのは初めてかも!?

 

 

 

 

s-IMG_4887

今回の目玉は電動変速Di2!!

 

従来のワイヤの変速と違い、伸びない・錆びない のでメンテナンスフリーで、

 

重たいフロントの変速もボタン一つ!小指でも操作できるので、疲労がたまったロングライド後半も快適です!

 

 

s-IMG_4888

フレーム内に電線を張り巡らせていきますが、複雑なので自分で書いた設計図通りに進めていきます。

 

 

s-IMG_4890 s-IMG_4891

配線が集中するBB周り。

小さな穴から作業するのは至難です。

 

 

s-IMG_4886 s-IMG_4921

ダウンチューブにさりげなく付いているフタ

 

Di2ではここに充電ポートやスイッチが付きます。

 

 

 

 

s-IMG_4916

バッテリーは専用のホルダーでシートポスト内に格納されます。

 

 

 

 

 

s-IMG_4917

Di2の配線が終わったら次は油圧ブレーキの調整。

 

オイルを慎重に通します。

 

オイルでパーツを汚さないように、

オイルに気泡が入らないように作業。

 

 

 

 

電動とオイル部分が終われば後は通常通り。

その他のパーツも交換していきましょう!

 

 

s-IMG_4884

ブレーキローターは左がアルテ

 

アルテグラ以上は精度が高い上にフィン付きで放熱が早く、安定したブレーキングが可能。

 

 

 

s-IMG_4885

スプロケット、右がアルテ

 

実は今回のお客様、ロードバイクは初めてでロングライドに挑戦したいとのこと。

11-32Tの大きなスプロケットに交換することで、上り坂やゆったりライドでかる~くこぐことが出来ます!

もちろん重量も軽い!

 

 

 

その他クランク長などのサイズも身体に合わせて選択。

 

グレードアップしてパーツ全体が軽くなるとともに、駆動抵抗が減って快適にお乗りいただけるはずです!

 

 

 

 

s-IMG_4918

組みあがったのがコチラ!!

 

 

定番ですが、黒で統一されたバイクはカッコいいですね♪

 

 

s-IMG_4893

ワイヤもスッキリまとまって美しい!

 

 

 

ここから更にパーツを盛っていきますよ

( `ー´)ノ

 

 

 

 

s-IMG_4928

ハンドル周り

 

最大1300ルーメンで真夜中も安心な

 

ボントレガー ION PRO RT ライト

 

 

サイコンはカラー液晶&タッチパネルで高精度のナビにもなる

 

ガーミン エッジ830

 

 

 

この2つとDi2を同時に使うとすごいんです!!

 

 

s-IMG_4934

Di2のワイヤレスユニットを使ってペアリングすると、、、

 

 

s-IMG_4921

ガーミンでDi2のバッテリー残量やギア位置・ギア比を確認したり

 

 

 

s-IMG_4920

ガーミンでライトのオン/オフ、モード操作、バッテリー残量の確認が可能!

  

走行中も簡単に操作できるほか、突然の電池切れという事も無くなります。

 

 

 

リアライトも通信可能な機種ならペアリングして操作できますが、、

今回はもっと便利なものを!

 

s-IMG_4926

CATEYE RAPID MICRO AUTO

 

明るさと振動に反応するオートライト!

 

これならトンネル内や夜間は勝手に点灯、乗り終わって放置すれば勝手に消えるので非常に便利!!

 

 

 

s-IMG_4925

今回はサドルバックの後にクリップで装着。

 

 

 

 

s-IMG_4928s-IMG_5022

ライトとサイコンはレックマウントとボントレガー純正マウントを組み合わせることでこんなにスッキリまとめることが出来ます!

 

 

 

s-IMG_4929

ボトルケージはフレームと同色の物を2つ

 

片側は保冷ボトル

 

 

もう片側はツールボックス

 

s-IMG_4919

中にはチューブを入れてもまだ半分以上空きがあるので工具やパッチを入れて下さい。

 

 

 

s-IMG_4932

ボトルケージの横には携帯ポンプも取り付け。

 

これでもしものパンクにも安心ですね。

 

 

パンク修理の方法はYouTubeで公開していますので見てみて下さい~

  

 

 

s-IMG_4923

ペダルはアルテグラ!

 

ですが、初めのうちは変速などの操作とビンディングの着脱を同時に覚えるのは難しいですよね。

ペダルプレートを使えば上面がフラットになるので運動靴でも気軽に乗る事が出来ます!

慣れて来たらビンディングデビューしましょう!!

 

 

 

 

最後にバイクの全景をご覧下さい。

 

 

 

s-IMG_4944 s-IMG_4943 s-IMG_4938

 

いや~カッコいいですね!!

 

最高の1台に仕上がりました。

 

 

このバイクは艶消し塗装なので通常はコーティング等行ないませんが、ご希望があれば無料で施工することが出来ます。

今回も高級感のあるしっとりとした半艶になりました!

ご希望の方はご成約時にお申し付けください。

 

 

今回は完成車状態からのコンポのせかえと言うスケールの大きなカスタムでした!

 

バイクはカスタムすればするほど乗りやすく、楽しくなります!

 

気になる点、やってみたいカスタムがあればぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

オーナー様、

この度はご注文ありがとうございました。

このバイクで快適なサイクリングライフをお楽しみくださいませ!

 

 

 


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

 

 

 

IMG_7108 (2)

 

⇧カスタム記事バックアップ 6/26更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x