パンクが楽しみ!? 新型ポンプ&工具を持っていこう ( *´艸`)
by: 関和貴

s-IMG_6130みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回は以前行った小田深山グラベルライドの禊です。

 

 

 

⇧こんなところを走ってきました

 

 

このライドでは、野生動物との出会いがあったり、新しいタイヤの性能をチェックしたり、絶景を観たり、、大変楽しいライドでした!!

\(^o^)/

 

 

 

 

が、

 

途中、

3回のパンク、バルブ折れ、空気入れ破損、パッチはすでに腐っていて、食料・水の携帯も少なすぎ、、

 

と、人里離れたグラベルを走るには装備不足、計画不足を痛感しました。

orz

 

 

 

 

それを踏まえてしっかりと走れる装備を取り寄せました!!

 

 

グラベルロードはもちろん、山に行くクライマーやロングライダーも是非ご参考にどうぞ!

 

 

 

 

s-IMG_6119

今回使うのはコレだ!

 

 

 

 

一つずつご紹介

 

 

 

まずは空気入れ

 

s-IMG_6120

ボントレガー Air Rush Pro

¥8,900(税抜)

 

 

このポンプ機能性の塊です!!

(゚д゚)!

 

 

 

s-IMG_6138

大きさは少し大きめ。

シリンダーが大きい分、ラクに空気を充填できます。

 

 

 

s-IMG_6142

ハンドル部分を折り曲げると

中からホースが!!

 

 

s-IMG_6143

ホースには気圧計が付いているので確実な操作が可能。

 

ミニポンプだと空気が入れにくく、気圧が完全に上がる前に辞めてしまい、すぐにリム打ちパンクしてしまうことがあります。

気圧計付きの方が安心ですね。

 

 

 

s-IMG_6139 s-IMG_6140

本体をくるっと捻るとダストカバーがオープン!

 

s-IMG_6144

ホースを近づけると磁石でパチッと接続!

 

非常に簡単でスピーディー!!

 

 

 

 

 

s-IMG_6147

自由に動くホースを介してねじ込みで固定するタイプなので、空気を入れている途中にホースが外れたり、バルブが折れるリスクが低いです。

 

 

 

s-IMG_6145

気圧もこの通り一目瞭然!

 

 

s-IMG_6141 s-IMG_6148

さらにさらに!

 

ハンドルの中にはガスの力で一瞬で空気を充填できるCo2インフレ―タ―が付属!

 

 

s-IMG_6149

ボンベを持っておけば一瞬で汗をかかずに空気を補充できます!

 

これならチューブレスタイヤのビード上げも出来るかも!?

 

 

 

このポンプ、製造はクランクブラザーズ製なので品質も安心です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンクの備えは他にも、、

 

 

 

 

s-IMG_6128

左 チューブ用イージーパッチ

右 MTB用チューブレスタイヤリペアキット

 

 

イージーパッチはゴム糊不要で貼るだけカンタン♪

チューブの修理はもちろん、タイヤの応急修理にも活躍。

 

 

s-IMG_6122

これはMTB向けのチューブレスタイヤ修理キット。

グラベルにも使えます。

 

 

実際の使い方はコチラ

 

 

これがあればチューブレスのグラベルタイヤがパンクして、シーラントでも塞ぎきれなかったとしても、タイヤを外すことなくチューブレスのまま修理することが可能!!

 

チューブを使わずに修理出来ればそのあとリム打ちする心配もないので安心して走れます。

 

 

 

s-IMG_6153

付属のプラケースは余裕があるので、イージーパッチやミッシングリンク、バルブコアツールなども一緒に入れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6126

パンクして応急修理で復活した前輪の予備タイヤ

チューブは前後分

シーラントも持ち運びます。

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_6123

ボントレガー Pro Multi-Tool

¥6,900(税抜)

 

s-IMG_6129

3つのパーツで構成されていて、

 

 

 

s-IMG_6132

シルバーの部分はチェーン切りの他、、

 

 

s-IMG_6130 s-IMG_6131

ニップル回しにもなるスグレモノ。

 

 

 

s-IMG_6134

レンチ部分は削り出しのようで精度や強度もバッチリ!

 

 

s-IMG_6133

ケースを被せれば延長バーとして固いボルトも

回せます!

 

 

 

15種類の工具が内蔵されているので様々なトラブルに対応。

 

チェーン切りなんていらないと思う方もいるかもしれませんが、自分は過去3度も必要な場面に出くわしているので、あるにこしたことはないですよ!

 

チェーン切りを使った場面はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sIMG_8355

悪路では転倒も考えられるのでエンド折れも心配、、、

 

 

クイックリリースを使うバイクなら

 

サイクルベースあさひの「実店舗限定?!」グラベルロードバイク ...

エマ―ジェンシーハンガーを持っておけば車種問わず応急修理できますが、スルーアクスルには使えません。

 

s-IMG_6125

ハンガーはメーカー・モデルごとの専用品なので共用できません。

出来ればあらかじめ予備を持っておきましょう。

 

 

 

s-IMG_6135

ところが!

CHECKPOINTのエンドは20mmのナットで固定されているので携帯工具では交換できない、、、

 

 

s-IMG_6121

そんな時は

ABP Field Service Tool

¥3,500(税抜)

 

 

s-IMG_6136

これに携帯工具をかければ、、

 

回るぞ!!

 

 

これで出先でもエンド折れに対応できます。

 

 

 

 

 

s-IMG_6154

ポンプや携帯工具を入れたツールケースはBB下のケージに

 

 

s-IMG_6150

チューブは擦れて傷つかないようにラップで巻いておきましょう。

 

 

 

s-IMG_6151

入りきらないものはフレームバックへGO!

 

 

これでトラブルへの備えは万全!!

かな?

たぶん、、、

 

 

 

 

皆様も、安全で楽しく走る為に必ず工具やポンプは持ち歩きましょう!

 

もしもの時に困るのは自分ですよ~

 

 

パーツ選びに困ったら店頭でご相談ください!!

 

 

 

 

 


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

 

 

 

IMG_7108 (2)

 

⇧カスタム記事バックアップ 7/1更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x