YsRoad赤坂店に行ってきました!
by: 山田 直樹

昨日衝撃的なデルガド様との出会いが冷めやらぬ所

数カ月前まではアウトレット店だった「赤坂店」へ足を運びました!!

到着してびっくり・・。綺麗になってる。

 

中でも特に素晴らしかったのが4F小径車フロア別名「堀コーナー」

akasaka1_20160220

 

何が素晴らしいかって、一言で言うと「楽しさの追求」って所です。 

最近はアニメブームで有名ブランドロードバイクが人気ですが、

個人的には、それって自転車の楽しみ方の一部分でしかないと思ってます。

(因みに楽しみは人それぞれなのでアニメを否定しているわけではありません。)

 

 akasaka2_20160220

 

別の業界例にさせていただくと「自動車」ってCMで放送されている新型モデルが

一番扱いやすく乗りやすくて値段も機能も優れてカッコよく見えますが、

皆がそれを求めているかっていうと、そうでもないと思います。

いまだに半世紀以上前のコルベットやキャデラックが高額でも人気なのは

流通量が少ない事もさることながら、そこに「こだわり」がつまっており

それに見合う価格だから人気なのだと思います。

 

akasaka3_20160220

 

「アレックスモールトン」という自転車もこだわりの頂点の一つだと思います。

(因みにアレックスモールトンは決められた特別な人しか組むことができません。)

だから価格が100万円以上する自転車でもその価値があると感じられたお客様がお求めになる訳です。

多くのお客様にオススメできるかっていうと好き嫌いわかれる所かもしれませんが、

全ての人がコスパ重視で一円でも安くって所は求めていらっしゃらないと感じます。

逆に言うと堀コーナーは興味のない方が見てもつまらないかもしれません(笑)

ただそこは我々「専門店」ですから。

なるべくお客様の「えっ何それ!?」という驚きの言葉が欲しいわけです。

 

 akasaka4_20160220

 

「楽しさ」ってとても重要ですよね。

一円でも安く軽くて速いバイクに乗りたいって気持ちはわかりますが

自転車ってそれだけじゃないですよね。ってのを赤坂の4Fで感じる事ができました。

なので今まで赤坂店は学生のお客様が多かったですが、

今は生活にゆとりのあるお客様が増えているようです。

 

akasaka5_20160220

 

 お店はスタッフの意志が反映される場ですから、お店にもそれぞれ個性があります。

スポーツ自転車は高い買い物ですから、できるだけ納得した人や店から購入したいですよね。

有楽町店が閉店になり「モールトン」や「ブロンプトン」どこ行った?

と心配されているお客様もいらっしゃったかと思いますが、

赤坂店にございますので是非御来店下さい!!

 

akasaka6_20160220

 

因みに赤坂店は社内でも有数なスペシャリストが多数在籍しています

店長のゴッドハンド関口をはじめとして

マウンテンバイクフロアの田中や

トライアスロンフロアには鈴木もおります。

赤坂店は多層階なので一階だけ見て帰ってしまわれる方もいらっしゃるとの話ですが、

ワイズロードはロードバイク専門店だと勘違いされているお客様も

いらっしゃるようですが、是非全フロア回っていただきたいと思います。