自転車美のツボ
by: 辻村太郎

ワイズロード名古屋 辻村です。

 

日本でもスポーツバイクを乗る方が増える様になり

様々なブランドのスポーツバイクを街中でも

見かけるようになりました。

そんな中、『どこかで見たようなデザイン』

『どこのブランドも同じような見た目』の

バイクが増えているのも事実です。

自転車を移動の手段としてだけでなく『所有する喜び』や

『ファッションアイテムとしての見た目の美しさ』を基準の一つとして

見たとき、バイク選びもまた違った楽しみ方が出てきます。

 今回は『自転車の美しさと言っても自転車マニアじゃないので

よく分からない』という方でもよく分かる

”自転車の美のツボ”についてお送りいたします。

 

 スローピングとホリゾンタル

自転車関連の雑誌等で『スローピングフレーム』・『ホリゾンタルフレーム』

といった単語を目にされた方もいらっしゃると思います。

%e3%81%99%e3%82%8d%e3%83%bc%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%90

 

 

スローピング(傾斜している)のとおり、トップチューブに

傾斜がついているフレームを『スローピングフレーム』と呼び、

またぎやすい・少ないフレームサイズ展開でより多くの

身長の人が乗ることが可能などといった利点があるため、

スポーツバイクの多くに採用されています。

 

それに対してホリゾンタル(水平な)フレームは古くから

スポーツバイクの定番の形状として存在しており、

とくにクロモリ製のフレームに多く採用されています。

dsc04629

 

別段自転車に詳しくない方でも直感的に『美しい』と感じることのでき

トラディショナルな外見から飽きのこないのが、この『ホリゾンタルフレーム』の

最大の魅力といえるでしょう。

dsc04631

dsc04633

dsc04634

性能や重量だけでなく”美しさ”を基準に楽しむ自転車、いかがでしたでしょうか

この他にもいくつかのブランドで美しいホリゾンタルフレームをご用意して

皆様のご来店をお待ちしております。