【社員試乗会】 究極のレースバイク2台
by: 安部茂昭

 

先日、社内試乗会がありまして、朝から夕方まで

数々の最新モデルを試乗させていただきました!!!

また雨天の中、早朝からの準備運営してくださったスタッフ、お取引先様には

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

皆さんご存じ

TREK MADONE9.5 PROJECTONE

¥1,07,2640-(税込)

IMG_0218

 プライスもさることながら

ステルス戦闘機の様な攻撃性のある佇まい。

ため息がでるほどのシルエット

乗ってきちゃいましたというか、乗らせていただきました。

IMG_0217

 
以前名古屋店でも試乗会があり乗ったことがあったのですが、

ほんの僅かな時間でしたので今回はばっちりのらせていただきました。

ファーストコンタクト。

特有のノイズと共にスピードが心地よく伸びていきます。何もしなくてもマシンが自分を連れて行ってくれるような錯覚に引き込まれます。圧倒的な直進性能。登りでも勝手に足がクルクル回りどんどん登っていきます。正直驚きの連続です。巡航にしても特に意識せずとも維持ができ、ダンシングもリズムが取りやすく、あっという間に試乗コース最終コーナーからの下りです。

雨でのカーボンホイール、ブレーキングが心配でしたがMADONEオリジナル専用ブレーキ、心配をよそにしっかり制動してくれました。

そして立ち上がりからのフルスロットこんな経験は初めてです。一気にスピードに乗ると水しぶきをかき分け、踏み込む度に自分より先にマシンが先行して行ってくれる。素晴らしー体験ができました。

正直エアロバイクに関して扱いにくい印象があったのですがMADONEは別物でした。むしろ乗りやすかったです。メーカーさんに聞いたところ乗りやすさ、扱いやすさに重点を置いてるとのこと。ホイールもメンテナンスを考え

「クリンチャーにしてます。」「普段近くに移動するときものってます。」

とお話していましたがそれも納得。。。。

行き着くところある限られた部分ではなく万人ということか?

 

 

 そして最後はこちら

COLNAGO C60

フレーム価格 ¥645000-(税抜き)

 

IMG_0223

創業60周年 伝統を守り、不変的なスタイル を貫くブランド。
昨今のカーボンモノコックとは違う、ラグ(継手)を用いる製法を頑なに守っているブランドですが

こちらも試乗させて頂きました。

自分の実力上、乗るというよりは乗せられていると言ったほうが

ピッタリな表現なのではないでしょうか。SIZEもあってなかったのもありますが

色々な意味でガチガチのレーシングバイクでした。

F1カーとでもいったところでしょうか。

乗り手を選ぶフレームでした。メーカーさんにお聞きしたところ前MODELよりも快適性能のアップを測ったようでマイルドにバランス良くなっているようです。

IMG_0224

ある意味、1番テンションがあがった1台でもありました。

コルナゴの魅力の1つでもある芸術的なペイント!!

ウエアとコンプリートできました。ありがとうございました!!

nagoya_kansyasai171010