【再投稿スタッフ安川のアメリカ滞在記】4年前の思い出。アメリカのトレイル事情!!
by: 安川生

皆さん

こんにちは!!

ワイズロード名古屋店

ダートライフご案内役 安川です。

 

久しぶり過去のブログ見ていたら

私がアメリカに2か月半滞在していた頃(4年前)のブログを見つけまして

 

 

「良い場所だったな~」

 

何て思い返す事がありました。

今日はその当時のブログを皆さんに見て頂く事で

マウンテンバイクに興味を持って頂ければと思い

再アップさせて頂く事にしました。

 

本場マウンテンバイクのフィールドを体感してみて下さい!!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ではここからは4年前の思い出話です。

⇩⇩⇩

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

わたくし安川

マウンテンバイクの聖地

とも言える場所。

アメリカ

マウンテンバイク

に乗りに来ております!!

 

image 

大変ありがたい事に

店頭まで足を運んで頂き

安川を訪ねて来て下さるお客様がいらっしゃる!

と言う話しが

ここアメリカまで届いております。

 

ありがたく思うと同時に

不在で大変申し訳なくおもっております。

 

  

楽しい時間がたつのは早いもので、

アメリカへ来て既に1ヶ月がたとうとしています!

 

あまりにも楽しくてブログアップを疎かにしておりました。

申し訳ございません。

 

そんな訳でブログを書いていこうと思います。

テーマはずばり

「アメリカのトレイル事情」

 image

 

先ほども書きましたが、

アメリカで(日本でも)

マウンテンバイクに乗ると楽しい!!

 

でも

そもそも同じマウンテンバイクというツールを使う中で、

「日本とアメリカではそんなに違うものなの?」

結論から言いましょう。

「違います!!」

 

しかしながらですよ!

安川はアメリカに来た事で気づいてしまった。

マウンテンバイクってどこで走っても楽しい

( ´ ▽ ` )ノ

 

それでも何故

「違います!」

安川は断言したのか。

 

・トレイルが沢山ある

・トレイルを楽しむ文化が根付いている

・マウンテンバイクへの理解がある

 

そんなイメージを日本を出発するまでは持っていました。

だから楽しいのだと…

 

 

そんな中アメリカへ来て実際にトレイルを走って思った事!

 

日本から持ち込んだイメージは正解でした。

 

 

とにかくどこをみても

トレイル、

トレイル、

 トレイル!!

 

街中だけで言えば、舗装路並みにトレイルがある。

これ本当に言い過ぎてないって程!

 

image

 

 

トレイルを走れば多くの人と出会う。

マウンテンバカーはもちろん

トレイルランナーハイキング犬の散歩キャンプ

週末ともなれば、

家族で荷物も持たずにトレイルを楽しんでいる!

 

image

 

 

トレイル内外関係なく

走っていれば車は止まり道を譲ってくれるし、

日本には無い道路表示もある。

何でもこの表示があれば、

道路の真ん中を走っても良いとの事!

 

image 

 

ここで少し考えてみた。

今、

紹介した内容はあくまでも

走りやすい環境が整っている。

 というだけの事。

 

日本では肩身は狭くとも走る環境が無い訳ではない!

走れる場所に行って走れば、

マウンテンバイクを同じ様に楽しむ事ができる。

つまりこれだけでは違うと言い切るのには、

まだ少し足りない。

 

 

はいっ

ではここからが実は本題。

こっちでのライドで何が楽しいって!

 

やっぱり

気持ち良く走っている事でしょ!

日本では気持ち良く走っていないのか?

もちろん気持ち良く走っていますとも!

 

違うんです!←何がだよ

 

無数にあるトレイルの入り口には多分全部?

にこの様な木でできた標識があり、

英語が読めない安川でも一目で、

何が入っていいのか、ダメなのかがわかる。

 image

image

 

image

 

image

 

3枚目の写真以外は矢印の下に表示してある

ひし形、四角、白丸、緑丸

 

これはそれぞれトレイルの難易度を示しており、

ひし形から右に行くにつれ簡単になっていきます

つまりトレイルに入らずとも

自分にあったレベルを楽しむ事ができます!!

心構えもできますしね!

 

 

 

次に注目するのはこの看板。

MUDDY METER

 

image

 

これはトレイル内の路面状況を示したものです。

これも一目でわかりますよね?

右側の赤色のゾーン

「今日はマッドコンディションだからめっちゃ滑るから楽しんで!!」

 

ではもちろんありませんっ!!

 

マッドコンディションでは

タイヤが通った跡がわだちになりやすく

せっかくの楽しいトレイルにダメージを与えてしまう。

これは日本でもよく聞く問題。

 

これを防ぐ事が本当の目的です!

 

そしてこの看板

トレイルを利用したユーザーが

自分で針を動かす事も特徴!

 

自分達が使うトレイルを自分達で守る!

 

いいシステムだと思いませんか?

トレイルを楽しむユーザーの一人として、

私も動かしちゃいました( ^ω^ )

YASUKAWAの表情に注目です。笑) 

 

image

 

 

image

 

image

 

  

ここまではトレイルに入るまでの話し

という事でいざトレイルの中へ!!

トレイルの内容が最高なのは言うまでもないですよね!?

 

なのであえて文章にはしません!←キッパリ

別のところに安川は注目しました。

 

先ほども書いた様に、

トレイル内では多くの方と出会います。

そのすれ違いぎわに

「How’s  going?」

とか

「How are you?」

とか

もちろん知らない人ですよ!

そこから喋れないのに、雰囲気で会話をしてみたり

英語での会話が楽しいのはもちろん

「やあ!調子どおだい?」

「いいライドを!じゃあな」

何て言われたら気分よくないですか?

 

トレイルライドがもっと楽しくなるってもんですよ!!

思わず1人で走ってる女の子に声も掛けちゃいますよね〜

返り討ちにあいましたけどね(^◇^;)

※何言ってるか全くわからなかった…

 

 

 

まだまだ書き足りませんが、本日はここまでとさせて頂きます。

最後に最高なフィールドでのライド写真をご覧ください!!

 

標高3,000m越えのスーパートレイル

 

image 

ダイナミックな大岩

image

 

永遠と続く上りのトレイル(ホントキツカッタ。)

image

 

 一人で写真撮影するスキルが上がった。

image

 

至る所にあるジャンプ台

image

 

激せまラダー

image

 

最初は本当に怖かったビッグジャンプ

image

 

毎日かかる虹

image

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

マウンテンバイクって楽しそうですよね?

興味が湧いた方は安川を尋ねに来てください!!

 

 

 

 

 

2020/7/11  安川いきる

 

 

 

 

 

 


 

 

シクロワイアード_レコメンドショップバナー

bnr_nagoya_bianchistore

bnr_loan_nagoya 

 


 

 

アルバイト大募集中!

 

ワイズロード名古屋本館・ウェア館・クロスバイク館にて

一緒に盛り上げてくれる方募集します!

 

IMG_1229

  

未経験でも大歓迎!!

18歳以上で明るく元気よく、いい笑顔が出来る方を募集します!

 

経験の有り無しよりはやる気を重視!

色々なことに興味を持てる方なら大歓迎!!

 

土日、祝日出勤可能な方を優先させていただきます。

もしくは、週3日以上勤務できる方

 

電話連絡の後、履歴書をご持参していただき面接をさせていただきます。

  

〈時給〉

大学生¥950〜

フルタイムアルバイト¥1,000

(能力に応じて昇給)

 

勤務時間 11:30~20:30(出勤日、勤務時間の調整は要相談)

仕事内容 レジ、接客販売、品出し、自転車組立、陳列等の店舗作業全般

 

 

Y’S ROAD 名古屋本館までご連絡下さい!!

お待ちしてます!!

  

WEB応募はこちらから!!