【shoes】最軽量選手権一位は分かりきってますが(・∀・)
by: 河野

 

 

 

 

 

唐突に始めます。

 

 

 

 

 

 

 

カーボンソール

どれが一番軽いか選手権

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の計測条件

 

・サイズは全て42で計測

インソールは抜いて計測(あくまで本体の重さです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう結果分かりきってると思うので普通に一位から発表

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1位

GIRO 

EMPIRE SLX

182g

 

分かりきってます。だって本当に軽いんです。

それだけじゃないですし。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二位

GIRO

EMPIRE ACC

199g

私の愛して止まないこのシューズ。

見た目、軽さ、アッパーのフィット感、ソールの硬さ

私個人的にはほぼ満点です。

上を行くのは一位のEMPIRE SLXです(あくまで個人的な意見です)

もうこれはなんどもブログに書いているので是非見つけて下さい…(:ω;)w 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同率三位

Bontrager

XXX LE

classique

203g

XXX LEとclassiqueがなんとランクイン

軽いのは分かってたんですけど、二つともこんなにも軽いとは…

ただおそらく二位のEMPIRE ACCとはほぼ重さ変わら無いです。

むしろ付属のインソールを入れると

こちらの方が軽いと思います。

なので、二位と三位はほぼ変わら無いかと….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5位

Northwave

Extream Tech Plus

226g

ワイヤー式、しかも二つついているにも関わらずこの軽さです。

個人的にはカーボンソールが薄くてガチガチじゃないのが非常に好きです。

アッパーも熱整形のナイスなフィット感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6位

FIZI:k

R1

227g

 こちらに関しては↓のブログ読んでいただくと分かりやすいと思いますので、

どうぞ(投げてませんからね!)

極上のフィット感と極上のルックス【fi’zi:K】R1B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第7位

SHIMANO

SH-R321

230g

 カーボンソールの硬さに定評のあるSHIMANOがここでランクイン

2015年のTOUR DE FRANCEカラーまだありますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8位

SCOTT

ROAD RC

238g

 もうこれはこのあいだのブログ読んでください!!!w

【NEW】シューズ【SCOTT】限定カラー!!硬いソール入ってきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9位

Bontrager

XXX ROAD

241g

皆様ご存知だと思います。

このあいだ入ってきた SHUT UP LEGSまだ在庫ありますので

是非店頭で見てください 

これもリンク貼り付けときますね〜 

きました超かっこいいの。限定【XXX ROAD】『Shut Up Legs』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10位

LINTAMAN

Adjust Road Pro

251g

欲張りさんの為のシューズ。

足の小指側に構造上なくてはなら無いナイロンパーツがある為少し重たくなってますね。

ただこれがないと三つのフィット感を実現でき無いのと、

フルカーボンで税抜き30,000円を下回っているので致し方ないかと。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11位

SIDI

WIRE

282g

 

 た!って思いましたね。

他と比べると確かに重たいです…ですが

重さをカバーしてくれるほどのメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで今回はこちらのシューズのご紹介

 

 

 

IMG_1477

SIDI

WIRE

¥47,800+Tax

 

SIDIの中で個人的に一番好きな処は

ホールド感

ですね。

 

 

 
 
SIDI     heel cup

ヒールカップが非常に良い具合に踵を締め付けてくれています。

これは形が良くないと土踏まずが狭められ過ぎて痛くなってしまいます。

他メーカーのヒールカップ採用されていた以前の形のシューズを履いた時には感じれなかった

ヒールカップの機能の良さを感じれました

踵は闇雲に締めつけりゃいいってもんでは無いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 更に踵のホールド感をあげてくれているポイント

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
Adjustable heel retention device

踵上部、踝(くるぶし)下部分までの補強を可能にしてくれている部分ですね。

縦でも横でもズレを解消してくれます。

 

 

IMG_1478 IMG_1479

 

 

プラスマイナスが小さく見えますが、これをプラス方向に回す事で締まり

マイナスの方へ回すと緩みます。

なのでしっかり個人個人の踝の幅に合わせる事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

日本人の足はどうしても縦の長さが無いのに対して、幅が広めな方が多いです。

横幅に合わせると踵の浮きが気になる場合があるのですが、

こういった細かな処で調整できるのは非常に嬉しい 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては通気性 

  

IMG_1480

こうなってる状態が通常ですが

これが

↓ 

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 IMG_1482

 

わかりますか?

赤い部分が上にスライドして通気穴がでてきました

 

 

 

 

 

これで空気の入り道ができたので

 

IMG_1485

土踏まず側から抜けていきます。

 

 

 

 

 

夏場はこれで通気性を確保

冬場はつま先側を閉めて冷気が入ってくるのを軽減出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをSIDIはヴェント・エアインテークと名前を付けています。

参考画像はこちら

スクリーンショット 2016-04-20 19.07.01

SIDI JAPAN WEBSITEさんよりお借りしました。

 

 

 

 

 

 

注目してほしい処は他にも

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1481

 

踵の滑り止めがダメになって

アッパーは大丈夫なのに履けなくなってしまったりする事もありますので

色んなメーカーが補修パーツを出していますが

 

SIDIはその補修パーツが本当に安いです。

 

 

左右セットで

¥600+Taxという…

 

交換自体ができ無いシューズもありますが…

普段から結構使うし、

コンビニも寄るなーって方にはここはしっかり見ていただきたいポイントですね

 

 

SIDIのカーボンソールは決して厚めに作られているわけでは無いのですが、

結構硬めです。

 

ですが適度なしなりもあるので本当に良く出来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アッパーに関しても少し…

 

先ず

IMG_1487

 

 

指を指しているこのパーツこれも柔らかさがあるので

ワイヤーのフィット感を損なわずにしっかり甲部分を抑えてくれます。

 

 

これも交換可能ですし、

締め付けた時に長さが足りなかったり長すぎて

ロゴがちゃんと真ん中に来ない時があります。

 

 

 

 

 

 

それを下の画像のこのサイド調節出来ます 

IMG_1486 

細かいようですがやはりこれも調整でき無いと、

締め付けた時にこの部分が変なところに当たってしまい痛くなったりする…

といった事もあるのでいいポイント

 

 

 

交換はパーツ部分を左右に少し降りながら押したり引っ張ればできますよ!

 

 

カラーを変えてオリジナルシューズにするのがおすすめです!

当店では在庫してないワイヤーも交換可能なのでこちらも是非! 

 

 

 

 

 

ワイヤー部分は… 

 

スクリーンショット 2016-04-20 19.31.18

 

赤いボタンがあるのが見えますか

これをポチッと押すと

スクリーンショット 2016-04-20 19.31.40 

 ワイヤーを調節する部分がぴょこんと立ち上がってくれます

 

これで最後のスプリントをかける時や登りでガシガシ踏む時にも

自転車に乗ったまま締める事が出来ます

 

 

 

アッパー自体は熱整形で作られているだけあって滑らかですし、

足の温度で更に履いているとフィット感が増してきます。

アッパー全体のこのテカっている素材はお手入れも非常にしやすく、

長く使う為の配慮がされています。

 

 

 

 

 

 

少しお値段がする事もあって名古屋店ではあまり手に取る方が多くは無いのですが

非常に良いシューズです。

思いの外長くなってしまいましたが… 

 

新しいシューズをお探しの方は是非候補に入れてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、

インソールを抜いて計測した理由です。

 

 

各メーカーさんが色々と考えて作ってはくれているのですが、

できればそれぞれの足に合ったインソールに変えていただきたい。

という所が大きいです 

 

 

こういったスポーツシューズを履いて初めて

足の左右の大きさの違いに気づく方もいるように、

足の裏も違いがあります。

 

 

体重の掛け方なんかもありますし、

そもそも脚の長さが左右で一緒とは限りません

インソールを変える事で結構変わりますので、

是非ここも注目していただきたいな。という思いからです。

 

 

 

 

 

 

 

名古屋ウェア館にてお待ちしております。

BY STAFF KONO