【ホイールインプレッション】 チューブレス対応フルカーボンクリンチャー『GIANT SLR0 DBL』 に魅了
by: 水野 裕也

【GIANT SLR0DBL】

 

 iiugdfhvjhuiryv

 

パワフルな登り、高速かつ信頼できる下り。

効率性、コントロール性、エアロダイナミクス、

そして耐久性を高次元で同時に獲得した。

前後1298gの超軽量

チューブレス対応フルカーボンクリンチャー

 ytghsfdjvniufvh

 

リムサイズ:幅23mm×高さ30mm

重量:1298g(フロント+リア)

リム素材:超軽量フルカーボンコンポジット

対応タイヤ:クリンチャー(チューブレス対応)

 iiugdfhvjhuiryv

 ifvjhkdjvhiuhiu

フロント:16H ラジアル組

リア:21H DBL(DYNAMIC BALANCED LACING)

 

 

 

 

 

【DBL】とは、、、、、、、

リアホイールのスポークテンションをGIANTオリジナルで組んでおります。

その核となるのは、スポークであり【BALANCE】

 

 

ホイールが静止している時は、ドライブトレイン側の対向するスポークは

異なるテンションで組んであり、ライダーのペダリングによって回転力が

加えられた時には、これら対向するスポークテンションが均衡するように

設計されています。これによって、駆動剛性が向上されます。

 駆動剛性が向上されたホイールは、良く言うところの、

【良く回るホイール】になります。

 

 

 

 

 

 

ハブにも秘密がございます。

前後ハブのフランジ幅を拡幅しました。

 

特にリア側はドライブ側のフランジを2mm外側に移動させ、

優れた横剛性を獲得しました。

 

 

ホイールに横剛性があると、

特にコーナリングや下りでのコントロール性能が向上し、

より正確なライン取りを可能にします。

 

 

 

 utyghjmdsnvkbiuf

 ブレーキ性能

カーボンリムにT700グレードのカーボン原糸と

高い耐熱性を持つレジンを採用。

 

 

このレジンは工業標準とされる160℃を大きく上回る245℃の

ガラス遷移温度を持ちます。

回っているホイールをブレーキが止める場合、

その運動エネルギーを熱エネルギーに変換しスピードを緩め、

最終的に止まるという次第です。

GIANTの高い耐熱性を持つレジンはまさに、最高のブレーキ耐熱性能を実現させております!

 

 

 

 

 

梅林店長より

このGIANT SLR0ホイールをお借りし、

タイヤ;IRC FORMULA PRO TUBELESS 700×25C

kjdfnvifuhviduh

を履かせ、いざいつものコースへ!

 

 

個人的に10月に行われる

実業団JBCF輪島ロードレースが控えておりまして

そのレースに向けての練習をしております。

iidfhvjnfvifu 

↑こちらが、輪島の高度表

 

loiyghsjdjcid

 

↑こちらが練習コースでの高度表

 

どうですか?似てませんか???

 

 

輪島のコースは

〇長い登りあり

〇テクニカルな下りあり

〇長い平坦コースあり

ザ!ロードレースなコース

 

 

 

 

 

前回の輪島ロードレースはCAMPAGNOLO SHAMAL ULTRAを

履いてクラスE2で、11位となかなかに結果が振るわなかったです。。。

 

 

 

 

今年は、クラスが上がりまして、クラスE1にて出場予定。

これは、気合入れないとあかん!

 

 

 

 

っということで、機材に頼る次第でございます!

 

 

 

 

 

お待たせいたしました。

ここからが、恐縮でございますが、私のインプレでございます。

 ↓↓↓↓

 ↓↓↓↓

 

履き替えてすぐに感じたのが、その安定感ブレーキ性能

リムが硬いとスポークのたわみが少なくなり、その分

安定した走りへと繋がります。

平地巡行スピードも上がり、これは良い武器を手にしたと思いました!

 

 

 

軽さが登りでのアドバンテージになるので、

このSLR0の重量は、1298gと非常に軽い!

いつもの山登りコースを通った時、足回りが軽く感じ同じギア比で

登っていても物足りなく、もう1枚ギアを重くしました

やはり、軽いということは、登りで非常にアドバンテージがあると

改めて感じました!

 

 

 

リムが硬いこともあり、急なスピードの変化にも瞬時に反応できます

横剛性が高いと分かりました。

是非、次回のヒルクライムレースでも使ってみたくなりました。

 

 

テクニカルな下りは、その安定感から攻めた下りをしても

安心して下っていけました

ただ、ある時、調子に乗って車体を倒したら

スポンと抜けて、転倒してしまいました。

※ただ単に技術が足りないだけです!

今までになく調子に乗せてくれるホイールということです!(笑)

 

 

 

iiugdfhvjhuiryviudhffjvihiduhvudih 

GIANT SLR0DBL

¥220000+tax