【商品紹介】義務ではないけど…被ろうかしら。なんて方増えてます【ヘルメット】
by: 河野

 

 

 

 

やっと自分に合う武器がわかりましたSMGですね。

 

名古屋ウェア館KONOです。

 

仕事から帰ると一時間程度しかできませんが練習あるのみです。

 

 

 

 

 

さて本日は

 

ヘルメット

 

ちょっとカジュアルに被るには

という話。

 

 

 

日本全体でいえば2008年から13歳以下にはヘルメット着用の「努力義務」

となっていますが

 

名古屋市では加えて65歳以上の方へのヘルメット着用を

こちらも努力義務となってます。

 

場所によっては年齢関係なく

「努力義務」

とされている所もありますね。

(大阪の堺市や愛媛県等)

 

 

とは言っても…

ビシッと決めた格好で走るならいいけど、

カジュアルなウェアでシュッとしたヘルメットを被るのはちょっと….

でもシュッとした奴と、カジュアル用で二つも持つのは….

 

なんて方に簡単にヘルメットをカジュアルダウンできる方法!

 

キャップ

 

を被るのです!

 

 

「それだけ?」と思われるかもしれませんが、これが結構違います。

 

 

 

 

IMG_4543

これが普通に被った状態

 

 

 

これに

IMG_4548

このキャップを被ってからヘルメットを被ると

 

 

IMG_4544IMG_4545

こんな感じになります!

この「つば」がある事で印象が大分変わってきます!

 

 

 

 

勿論

 IMG_4546 IMG_4547  

こんな感じでバイザーが脱着式になってて、付属している物も

 

 

IMG_4551

沢山あります!

 

 

 

 

上の写真にある

IMG_4546

KABUTOさんの、このヘルメットなんかはお値段が

ワイズロード特別価格で¥5,605+Tax

という手に取りやすい価格なのでおすすめ。

 

 

レーシーなヘルメットに

IMG_4552

カジュアルなキャップでも、こんな感じでバッチリ合います。

上の写真みたいに「つば」を下ろしたままだと、

雨の日等は雨が直接目に入ってくるのを簡易的に防いでくれます。

(防水のレインキャップでつば付きもありますよ!)

 

 

IMG_4553

この写真みたいに「つば」を上げるのも視界が広くていいです。

 

IMG_4554

横から見るとこんな感じです。

 

 

 

ヘルメットも最近では様々なデザインの物も増えてきてますし、

IMG_4549

IMG_4550    

名古屋ウェア館には通年使えるサイクリングキャップも

選択肢があり過ぎて迷える程あります!w

 

普通のキャップでも出来ない事はないのですが、

サイクリングキャップだとより快適なのです!

 

 

 

 

自分も最初はヘルメットを被るのに実は抵抗がありましたが

被ってみると色々楽しみもありますし、

何より、通常は車道を走る義務がある自転車において

「一種の安心」を持って車道を自転車で走れるので

今ではこのキャップとは、このヘルメットだなーなんて

個人的な拘りも出てきてますw  

オススメなのはCINELLIのキャップ!デザインが可愛いのやかっこいいのが沢山!

全身コーデを考えるのが楽しくなりましたね。

 

 

 

最近自転車用のヘルメットが気になっているお客様や、

むかーしヘルメットを買ってあんまり気に入らなかったんだよなー

ネットで見ててもイマイチパッと来ないなー

なんてお客様も

様々なデザインがある今のヘルメットを見に来てみて下さい。

 

店頭にてお待ち申し上げております。

 

BY STAFF KONO

 

___________________________________________________________

 

↓Y’SROAD名古屋本館スペシャルページ 

nagoya_kansyasai171010

 

↓Y’SROAD名古屋クロスバイク館スペシャルページ

nagoya_kansyasai171010