【コラム】リベンジ!碓氷峠に行ってました。【#changingdiabetes】
by: 入澤司

こんにちは、名古屋ウェア館のいりさわです。

昨年秋、一型糖尿病を発症してから身体を作り直しています。

同じ病気方やそうでない人も、一緒に頑張りましょう。 

 

コラム的に日記の様な闘病生活をつづっていますが

今日もお付き合いください。

 

DSC_2483

 

ということで、早朝から高速を使って実家近くまでドライブ。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

に、到着です。実家からだと下道で1時間もかからないご近所さん。

 そりゃもう昔は通い詰めていたわけなんですが・・・・。

名古屋に来たら4時間程度はかかるようになってしまった。

 

DSC_2478

 

 ここに来たかった。

カフェ・ルプティニ・トロワ

自転車好きのオーナーさんが営んでいる隠れ家的カフェでして。

玄関先の出窓で焙煎された上質なコーヒーを堪能できます。

 

DSC_2482

DSC_2481

 

ライドまでに朝食ということで、いつものセット。

銅板で焼く外はさっくり中はふわふわのパンケーキ。

地元産牛乳と相性抜群の深煎りコーヒーのカフェラテ。

 

ご馳走様でした。オーナーさん、僕はいま名古屋に住んでます(笑)

 

DSC_2488

 

何故、この碓氷峠を選んだかというと、昨年病気を発症した際に

診断を受ける前に地元のメンバーと走りに来たのですが、

発症してケトアシドーシスを起こしているのに気づかずに来ていたので

もうすぐに両足を攣るわ辛くて脚を着くわで、とんでもない苦い思いをしたのです。

それが恥ずかしいやら悔しいやらで、いつかリベンジしてやろうと思ってました。

そんな思いをふり返りつつ、準備完了です!

クロス館のスタッフ日比をアシスト(??)として招待してスタートです。

 

DSC_2538

 

血糖値コントロールですが、グラフで見るとこんな感じ。

前日に日比家に泊まったのですが、まさかの基礎インスリン忘れ!

※ふつうは怒られますので気をつけてください。

 

無しでも運動すれば下がるからいいでしょ。

そんな感覚で人体実験でした(笑)

 

パンケーキにたっぷりとメープルシロップを掛けて食べて

グラフのとおり350を振り切ってしまいました。

この時点で超速攻を6単位。食事の量からするといつもの1/3です。

 

DSC_2525

 

ご覧の通り、普段ならこう激変しませんが、運動時はそうもいきません。

 

DSC_2491

 

碓氷峠の旧道を下り、眼鏡橋へ。

 

DSC_2500

 

上にも登れて、アプトの道として廃線が遊歩道化してますので

懐かしみながら観光してきました。

 

DSC_2513

 

う「碓氷峠の関所跡」(わかる人はネイティブグンマーです)

当時の関所が現存する史跡で記念撮影をして峠をくだりました。

 

地元の道駅みょうぎなどもめぐりましたが割愛して。

 

DSC_2518

 

おぎのやドライブインで補給です。

峠の釜めしの顔出しで記念撮影(笑)

 

DSC_2519

 

カフェソフトを頂いて、インスリン投与無しで再スタート。

これが大正解でした。

 

DSC_2538

 

もう一度グラフを見てみましょう。

頂点から一気に下がったあと、ギザギザしてますよね。

これが補給をした結果です。

 運動すると、その影響でインスリンに頼らずとも血糖値が下がるので

二型など健康の為に運動療法を取り入れてる方々には自転車はオススメです。

 

DSC_2521

 

碓氷峠も上りながら碓氷湖(坂本ダム)も見たり。

 

DSC_2520

 

この絶壁が見えるのも懐かしい。

 そうこうしながら、やっぱり登り続けると身体が辛いワケでして

ハルヒル同様に、全身に疲れを感じならが登りました。

 

途中で碓氷湖に立ち寄ってしまったので、ストラバ上のセグメントだと

1時間13分かかってることになっていますが、おそらくもう少し速いかな??

 

自己ベストが確か45分くらいのはずですから、そう思うとかなり落ちてますね。

うーん、これからもっと鍛え直してキレを取り戻したいですね。

 

そんなこんなで、無事完走しまして、峠の記念碑を前に撮影。

 

 DSC_2522

 

スタッフ日比が先に行ってましたが、待っててくれて思わずハグ(笑)

汗臭い野郎二人で思わず叫ぶという絵面でしたが、無事走り切れて何よりでした。

 

DSC_2523

 

ゴール後少し移動しながらショッピングをしたら完全に

低血糖(ハンガーノック)だったので、しっかりと補給する為に

かつ丼とお蕎麦を頂きました。信州のそばは旨い。堪りませんね。

かつ丼もまた懐かしい地元の味で、卵でとじないモノです。

 

 こうして、あとは眠い目を擦りながらドライブをして終了。

よい日帰り旅行となりました。

 

さて、今回は峠を上り下りするので、ひとつ実験をしていたのですが。

 

DSC_2527

 

僕は普段、ボントレガーのバリスタを被っています。

 

DSC_2526

 

カムテール形状で空気抵抗を低減しつつ、前の大きな三つの穴が

涼しさをある程度キープする素晴らしいレーシングモデルです。

 

前回ハルヒルの為に投入したヘルメットが、こちらのフレア。

 

DSC_2532

 

最軽量モデルで、また穴も多く低速でも蒸れない、涼しいモノ。

 

DSC_2529

 

 

横から見ても、この通り。エアロ形状ではないですが、穴の数は圧倒的ですね。

 

DSC_2528

 

実測するとバリスタはM/Lで288g

 

DSC_2531

 

一方のフレアは同等に相当するL/XLが193gです。

その差はなんと95g!!

 

重量差と使い心地について改めて検証してみました。

 今回使ったのはバリスタ。

高速時、主に下りで実感したのはその空気の抜けの良さ。

 

DSC_2527

 

 正面の三つの穴から勢いよく風が入り後ろに抜けます。

後はその形状によって風が無理なく通るのでしょうか

耳元で鳴る風切り音がとにかく静か!

「ゴー」とか「ビュオー」と唸るような音があまり感じられません。

ただ、やはり重い。下りで下ハンを握りっぱなしでいると

少しずつ首が疲れてくるのが正直わかりました。

 

DSC_2532

 

 200gを下回るフレアでは、下りで首が痛いということはなかったので

これが単純な重量差によるものだと、改めて実感できました。

 

登りでは、フレアの穴が活きますね。

バリスタだと単純に穴の数が少ないので、速度が遅いと蒸れを感じますが

フレアだと多数の穴が蒸れを感じさせませんでした。

 

重さと作りで、ステータスの振り幅が全く違うので走るシーンに合わせて

選んでいくのが、賢いのではないかな、と今回実感できました。

 

平坦メインの道ならバリスタ。峠を込みにするとフレアかなぁ。

そんなこんなで、今後も実走しながら色々と検証してみたいと思います。

 

 さて、長々と語ってしまいましたが、今日はこの辺で!

 

走り方や走る場所等、お悩みの方は是非店頭にてご相談ください!

皆様のご来店お待ちしております。

 

 


 

 

 名古屋ウェア館

オススメ情報

 

 

NIPPOカラーのAERO-R1

予約受付中!!

image2

 

 

防水バッグのオルトリーブ

大量入荷!! 

nbnvmndifvjfio

 

 

 

梅雨時期の味方!

【GORE TEX】コーナー新設!!

IMG_5422

 

 

 

 

 

KASKの特価!?

image1

 

 

 

SYNTHEの特価!?

IMG_1875

 

 

KASK最軽量!

VALEGRO!!

image2 

 

Kabuto最軽量!

FLAIR!!

unnamed

 

 

 

CHARI&CO×le coq sportifコラボ!

サコッシュもプレゼント!

IMG_1815

 

 

 東海一(?)のレーディースウェア在庫量!

unnamed

 

 

スキルアップキャンペーン

6月1日(金)~7月1日(日)

6月は夏に向けての準備期間!

梅雨の間に自転車のスキルアップを!

bnr_skillup_2018

 

 

 

 

・お車でのご来店予定の方は【コチラ】をご覧ください 

 

 


 

 

ワイズロード名古屋本館

・ウェア館・クロスバイク館にて

一緒に働きませんか?

 

 

サンバルカン6040_n

 

 

自転車が好きで、明るく元気よく、いい笑顔が出来る方を募集します。

経験の有り無しよりはやる気を重視。色々なことに興味を持てる方希望。

土日、祝日出勤可能な方歓迎。

週3日以上勤務できる方。

 

 

学歴、年齢、経験不問。知識はおいおい身に付きます。
電話連絡の後、履歴書持参で面接いたします。

 

 

 

時給:¥900-~(能力に応じて昇給)

勤務時間:11:00~20:00(出勤日、勤務時間の調整は要相談)

仕事内容:レジ、接客販売、品出し、自転車組立、陳列等の店舗作業全般

 

募集人数:1~4名

 

 

 

まずは、担当:畠山までご連絡下さい!!

お待ちしてます!!