話題のBB、WISHBONEを投入してみる【悩み解決】※動画つき
by: 梅林 康典

14054920_1028078377308812_5712723626279270259_n

 

 

 

 

思えば、早くも半年の付き合いとなった

BH G6PRO

 

“本 末 転 倒 號”

 

 

 

 

 

 

 

14064115_1028081787308471_7486367815112945666_n

 

 

最近、ホイールがREYNOLDSの46AEROに戻って

迫力を増した様子。

 

 

 

 

が、しかし。

たった半年とはいえ、雨の日も風の日も

戦い続けた代償はそれなりに、マシンに痕跡を残し・・・

 

 

 

どうも最近、クランク周りの動きが鈍いような・・・

 

 

 

 

信じられないことに、このBB

セラミックベアリングを使用しての

この動き。

ゴリゴリとまでは言わないまでも、

ズルズル、というかズリズリとも伝わってくる

引っかかり。

 

 

 

しかし、このBH G6PRO

 

14079564_1028078383975478_8918916956876326244_n

 

 

いわゆる、幅がGIANTやシマノが進める86.5mmで

径がキャノンデールなどが採用する、46mmの

BB386EVO。

 

 

 

この、BB規格乱立の時代においても正直

「なんでこんなんあるの?」

という規格。

もう、シマノの86プレスフィットかネジ切りJISでいいと思うんですが・・・。

 

 

 

そこに、

「クランクがROTOR3D+の30mmシャフトで

POWER2MAXのパワーメーター搭載して

チェーンリングはアウターがシマノDURA-ACEで

インナーがRIDEAの楕円」

というキメラな物体がインストールされている状態。

 

 

 

 

当然

「使えるBBが少ない」

ということに至るのですが

 

 

 

 

そこにやってきたのが

 

14067549_1028078380642145_7283330452740231553_n

最近、なにかと話題の

WISHBONE

 

 

 

このBB、ただセラミックベアリングの回転が滑らかなだけでなく

 

14039940_1028078390642144_8560602646051196350_n

中心にネジが切って有り、左右から回転させながら

インストールしていく

構造。

 

 

 

ということは、つまり

力づくで圧入していく必要がなく

外す際も叩き出すこともない。

結果

フレームへのダメージが少ない

ことが、メリット。

 

 

 

では、さっそく突入

じゃなくて、圧入

の必要がないので、ただの取り付け。

 

 

 

14067453_1028078450642138_348890421181748775_n

 

 

まずは、手で入るだけ入れていき

 

 

 

14141858_1028078453975471_1824182628958884106_n

 

あとは工具で、回していって

締めるだけ。

 

 

14067594_1028078460642137_1914996530553346587_n

 

それだけ。

 

 

 

では、取り付け直後の回転を

 

 

 

違い・・・ますね。

明らかに。

 

 

 

 

14067584_1028078457308804_1519025496294195000_n

 

左右の微調整は、マイクロワッシャーで調整する必要がありますが

どう考えても、

圧入→叩き出す

という作業に比べて、BB本体の使い回しと

フレームへの影響は少なそうです。

 

 

 

しかし、実際に乗ってみた感想としては

回転が軽くなったというよりも

剛性が増した

と言った方が良さそうです。

 

 

 

元々、ガッチリ感

特にBBクランク付近の剛性に溢れるフレームですが

クランク軸の横方向のヨレが無くなったことにより

BBのベアリングへの歪みの影響が少なくなり

その結果、良く進む

という感覚に繋がるのではないでしょうか???

 

 

 

 

耐久性や、実際によりハードに使用してみての感触は

今後またアップデートしてみます。

 

 

ご 期 待 く だ さ い ! !

 

 

 

 

そして、このWISHBONE

 

 

 

Wishbone_chart_outline (1)

 

 

 

通常のシマノ規格の86プレスフィットはもちろん、PF30や

果てはコルナゴのC60やV1-rに採用される規格

そしてLOOK独自のBBにも対応する種類の豊富さ。

 

 

 

良く見ると、

「シマノ86プレスフィットに30mmシャフトクランクをブッ込むためのBB」

がないのですが

「9月に入荷します!!」

という返答でした。

 

 

 

店頭展開予定。

ご 期 待 く だ さ い ! !