【MTB版お客様の一台】手組みにしか出せないオリジナル性とカッコよさ!!
by: 安川 生

皆さんこんにちは。

ワイズロード名古屋本館

ダートライフご案内役 安川です。

 

 

とある日

お客様が私にこうおっしゃいました。

「青とオレンジにします!!」

 

IMG_3803 

 

 

 

お客様が何をおっしゃっていたかと言うと、

ホイールです。

 

 

ホイールは、大きく分けて4つパーツから構成されています。

リム、ニップル、スポーク、ハブ

 IMG_3804

 

 

 

 

これをそれぞれ選択し、

一つのホイールへと組み上げる。

これをぞくに手組みホイールと言います。

 

 

今回はそんな手組みホイールを承る事となりました!!

リムは軽量かつカラー展開のある高剛性なアルミリムの

SPANK OOZY

を選択。

 

IMG_3806

 

 

 

 

ニップルはオレンジ色でスポークはシルバーにすることで、

見た目にも鮮やかでいかにも軽そう!!

 

 

と、ここまでは探せば同じ仕様の方がいる可能性はあります。

 

 

しか~し!

今回オーナー様が組み上げたホイールは他とは違う

大きな特徴があります!!

 

 

それは27.5プラスであること!

リム幅を39.5mmまで広げることで、

これからの主流になるであろう27.5プラス

のタイヤに対応できる様になっております。

 

 

 

更に注目するべき所は、

リムの内側。

 

IMG_4653

 

 

 

 

よーく見ると内側に線が入っているのがおわかり頂けますか?

これもまた現在の主流である

チューブレスレディーにした際に、

低圧での走行時にも、

タイヤが外れにくくする為の溝が切られています。

 

 

むむっ!

ここでも注目するべきワードが登場していますね!

 

チューブレスレディー

 

image1 (3)

 

 

 

 

チューブを取り払い、シーラントを入れ

軽量化耐パンク体制の向上が可能!!

 

今回の場合であればチューブレスレディ―化することで、

カタログ値を参考に見てみると、

前後で約1.2㎏の重量減となります!!

 

足回りで1.2㎏も軽くなったら、

どれ程楽に楽しめるのかイメージが付きません!!

それだけの可能性があると思うと、

ワクワクが止まりません!

 

image1 (2)

インターテックより

 

 

 

はい!

 

ここまでは足回りに注目していましたが、

目線を少し上に上げてみましょう。

 

ハンドルもホイールに合わせたドレスアップ

ブルーアルマイトはフレーム、ホイール

との相性や良し!!

 

グリップとワイヤーはフレームロゴに合わせてオレンジ色に。

 

IMG_3809

 

 

 

 

このハンドル周りの写真を見て気が付いた人は

本当に鋭い!!

 

 

 フロントのシフターがありませんよね!

と、言うことは~

 

クランクはもちろんシングル化!

リアは10速のままなのでSHIMANOの純正ではなく

FORMOSAのナローワイドギアをチョイス!(34T)

ナローワイドギアでチェーン落ちしにくい

構造ではありますが、絶対ではありません。

 

IMG_3802

 

 

 

 

そこで登場するのが

E13 TRSR HIGH DIRECT

 

IMG_9946

 

 

 

 

フロントディレーラー台座に取り付ける

チェーンデバイスで、

ナローワイドギアと組み合わせることで、

チェーン落ちを極限までカバーできます!!

 

重量は僅か45g

 

か軽い!

それもそのはず!

このデバイス、

アーム部分がカーボン製となっております。

チェーン落ちしない、軽い、カッコいい

 

3拍子揃った安川おススメのアイテムです!!

 

 

 

 オーナー様もイメージが変わったと、

喜んでいただけました!

 

image1 (1) 

image1 

 

 

それから

今年はあのレースに参加したいとの事!

 

そうっ!

 

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝

 

IMG_2604

 

 

 

 

王滝に興味がある人

オーナー様の車体がカッコいいと思ってしまった人

 

 

ワイズロード名古屋店は

そんな皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

 

 

2017/2/16  安川いきる