真紅の稲妻!!BORAじゃないよ、SPEEDだよ!がお買い得【FULCRUM】
by: 梅林 康典

XLR5521_n

 

 

「赤い彗星」

とか言ってますけど、「あれピンクやん」

って思った方。

 

自分も、こっちのほうが好きです。

 

 

 

真紅の稲妻mig

 

 

「真紅の稲妻」仕様

高機動型ザクⅡ

 

 

 

ベースとなるモビルスーツの設計はそのままに

限界まで性能を高めた、という設定がまたイイっすよね!!

 

 

 

 

 

今回のご紹介するアイテムも、貴方の愛車を飛躍的に

一気に性能を向上させます。

 

 

 

 

XLR370_n

 

FULCRUM  RACING SPEED XLR  35

 

 

兄弟メーカーである、カンパニョーロのラインナップで言うところの

BORA

に相当するモデルですが

「XLR」はカンパのULTRAと同じ。

つまり通常モデルに対して、超々回転するベアリングの

CULT を採用し

他にも全体的にグレードアップされております。

 

 

 

 

XLR5036_n

 

 

リムにマーキングされた、CULLTの証。

セラミックベアリングにより、ただでさえ良く回る

フルクラムのハブですがさらにより一層の回転性能。

 

 

 

XLR370_n

 

BORAのリムハイト35mmが登場した時

衝撃の性能とともに圧倒的人気でしたが

これは、そのフルクラムバージョン。

 

 

 

その違いは

 

XLR109_n

 

 

 

カンパニョーロが「G3」というスポークの編み方に対して

フルクラムは、「2:1」なる構造。

似て非なるものとなりますが

乗り比べると、意外と違う。

 

 

総じて、カンパニョーロに対してフルクラムのほうが

「キレ」のある剛性となっており

カンパニョーロの気持ちの良い中速域

との比較として

鋭い加速感

が特徴です。

 

 

 

とはいっても、そこは兄弟メーカー。

ホイールとしての完成度は、カンパニョーロともども非常に高く

何をやらせても圧倒的回転性能

によって、加速してからの伸びも他の追随を許しません。

 

 

 

最近は、本家のBORAが太くなり

フルクラムのほうも太くなり

speed40599_n

 

さらに、カンパニョーロとの差別化?のためか

SPEED40 となりましたが

 

 

 

こちらは、太くなる前のモデル

XLR9538_n

 

 

リム幅が20mmですので、タイヤは

最近は見なくなりましたが21Cの太さか

23Cの太さが推奨です。

 

 

 

 

XLR8609_n

 

こちらのホイール

チューブラー仕様にて

通常販売価格 ¥395,000-  (税抜)

が、

春のグレードアップ価格!!

→ → → ASK!!

 

 

リムハイトが35mmという絶妙な中途半端さにより

ヒルクライムはもちろん、エンデューロ

そしてロングライドでも使えます。

XLR03280_n

 

実測重量 1280gと軽量ながら

そもそもカンパニョーロ/フルクラムのホイールは

リムハイトに関係なく何でもできます!!

 

 

来月の、東海地方の坂バカヒルクライマーの初戦

伊吹山ヒルクライム

に間に合います!!

 

ぜひ、店頭でご確認ください!!

 

 

 

 

 

 

シーズンイン!!伊吹山直前、

メンテしときましょう!!【実演講習会】

日程:4/2(日)

 

 

 

 

☆Y’s Road名古屋全館お知らせ!☆

 

 

 

定休日変更のお知らせ

2017年4月より
誠に勝手ながら定休日を毎月
第三火曜日とさせていただきます。
(都合により、第四火曜の場合もございます)
 
お客様におかれましてはご不便をおかけすることと存じますが、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
2017春の乗り出しメイン春に始めるスポーツサイクルみんなで一緒に走りたい 自転車で健康になりたい学生さん応援!期間限定学割! 乗り換えなら下取りサービス高額車購入チャンス!0%金利ローン春のお買い得情報
 
 

 

それではワイズロード名古屋本館でご来店お待ちしておりますー!

 

 

web-png1