伝統のレースに挑む日本の選手は、日本のタイヤが支える!!チューブレスで、石畳のコースもノーパンクらしいっす。【IRC】
by: 梅林 康典

NIPPOIRC608_n

 

 

※画像は、チームスタッフの許可を頂いて使用しております。

転載不可にてお願いします。

 

 

 

 

いよいよ、明日!!

3月18日のビッグレース

ミラノ ~ サンレモ

から、ヨーロッパでのクラシックレースのシーズンが始まります!!

 

 

 

 

日本からは、

NIPPO ヴィーニファンティーニの二人

中根 英登選手 と

内間 康平選手 が参戦!!

 

NIPPOIRC-03

 

 

 

特に、地元・愛知出身の中根選手

急きょとはいえ「エースナンバー」のゼッケンで出場にて

いやがうえにも、期待が高まります!

 

 

 

中根選手といえば

中根583_n

昨年は、愛三工業に所属しておりましたが

お忙しい中、梅林の悪ふざけ企画

「紅葉狩りライド2016」にも参加。

 

 

 

 

三年前も、

中根mb-250x375-20089

 

参加。

今年も来てくれるかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

春のクラシックといえば

石畳。

 

 

 

日本では考えられないほどの荒れた石畳が待ち受け

選手と機材に非常に厳しいレースが続きます。

 

 

 

その、石畳クラシックの前哨戦

ストラーデ・ビアンケ

にて、NIPPO ヴィーニファンティーニが使用したのは

NIPPOIRC63_n

 

 

これも地元・愛知のタイヤメーカー

IRCのチューブレス。

太めの28Cを使用して、さらにシーラント剤を注入することで

圧倒的ノーパンクでレースを乗り切り

それでいながら、空気圧を下げて走ることができるので

(理論上、段差によるリム打ちパンクがない)

卓絶したグリップ性能と、

乗り心地の良さを得ることができます。

 

 

 

NIPPOIRC567_n

 

チーム内では、カーボンホイールとの組み合わせで

従来のチューブラータイヤとの併用ですが

 

 

 

NIPPOIRC608_n

 

車体がこれほど真っ白になるほどの状況でも

(ストラーデ・ビアンケ = 白い道っつーくらいですから)

パンクゼロで走破したことが、

IRCのチューブレスタイヤの性能を

物語っています!!

 

 

Y’s Road名古屋店でも、スタッフ内で

16032405

 

ちょうど一年前、IRCの「タイヤ・ソムリエ」山田さんによる

勉強会以降

梅林はもちろん

水野・藤井・中井

絶賛使用中!!

とりわけ、水野は昨シーズンの途中からの実戦投入で

苦手なテクニカル下りが安心して走れるようになりました!!

 

 

 

 

rs817347_n1

 

店内には、最初からこの至上のタイヤを装着した

ホイールもございます。

 

 

ぜひ、お問合せください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズンイン!!伊吹山直前、

メンテしときましょう!!【実演講習会】

日程:4/2(日)

 

 

 

 

☆Y’s Road名古屋全館お知らせ!☆

 

 

 

定休日変更のお知らせ

2017年4月より
誠に勝手ながら定休日を毎月
第三火曜日とさせていただきます。
(都合により、第四火曜の場合もございます)
 
お客様におかれましてはご不便をおかけすることと存じますが、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
2017春の乗り出しメイン春に始めるスポーツサイクルみんなで一緒に走りたい 自転車で健康になりたい学生さん応援!期間限定学割! 乗り換えなら下取りサービス高額車購入チャンス!0%金利ローン春のお買い得情報
 
 

 

それではワイズロード名古屋本館でご来店お待ちしておりますー!

 

 

web-png1