『2017シーズン復活物語』機材編
by: 井関太一

こんにちは

 

 

 

 

ピスト担当井関です。

 

 

 

 

 

2017年はレース復帰するにあたって練習も重要ですが。

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

マシーン

 

 

 

 

機材も大変重要です。

 

 

 

 

ましてやトラック競技ともなると。

 

 

 

 

「店長!!ディスクホイール貸してください!」

 

といっても

 

持ってる訳ねーだろ!バカたれ!!www

 

 

 

と言われるのが目に見えてしまうので頑張って掻き集めました。

 

 

 

 

来たるレースの当日に向けて粛々と準備を進めてきたバイクをご紹介いたします。

KIMG0279

 KIMG0287

フレームは

『FUJI』TRACK ELITE

トラックレーサーながらテーパーヘッドチューブ採用により

実現した高剛性ながら正確なハンドリングを実現した一台。

 

 

トラックはざっくり分けると

タイムトライアルとレース系の二種類あります。

 

今回はレース系なので

ハンドルはロードと同じドロップハンドルを使用しています。

 タイムトライアルはDHハンドルを装着します。

 

 

人によってはNJS(日本競輪協会)公認の

クロモリハンドルを使ったりしますが、

私は硬さよりも重量を軽くしたいため

ロード用のハンドルをつけています。

 

 

ポジションは基本は自分の普段乗っている

ロードバイクから落とし込んでいます。

 

 

レースの時間が比較的短いため

ケイデンスよりもパワーを出しやすいように

若干サドルをオラオラオラオラ!!!!

っと前に出すポジションにしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIMG0281

 

踏み込んだパワーを100%推進力に、を具現化した『SUGINO』禅。 

 

圧倒的ボリュームのチェーンリング剛性によりライダーの踏力をホイールへと駆動させます。

 

あとふつうにカッコいいです。ゲロゲロゲローって感じです。

 

 

 

 

 

 

KIMG0282

 後輪は今となっては廃盤となってしまった『GHIBLI』

 

幾多のディスクホイールがありますが、

このカンパの『GHIBLI』が一番自分好みですね。

初速こそ重たいものの、後半の伸びが素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

あとは前輪ですが、まだ決めていません!!

 

 

 

 

 

 

 

あれにしようか。

 

 

 

 

 

 

これにしようか。

 

 

 

 

 

 

はたまたそれにしようか。

 

 

 

 

 

 

悩ましい所です。

 

 

 

 

 

 

 

セイっセイっセイっセイっセイっセイっセイっ!!

そーーーーれいけーーーー!!by藤井

 

 

 

4月26日名古屋本館 井関