『2017シーズン復活物語』平田クリテ編
by: 井関太一

こんにちは!!!

 

 

 

 

ピスト担当 井関です!!(強め)

 

 

 

 

スタッフ鷲野と練習の一環として平田クリテリウム参加してきました。

 

 

 

結果だけ言うとC4カテゴリーで3位でしたが、前回の西日本実業団の9位といい、

 

納得できる結果とは言えません。

 

今回は普段レースに参加しないスタッフ鷲野をレース慣れさせるいい機会。

 

 平田クリテリウムは参加費¥1000と大変リーズナブルで出場することができ、

 

カテゴリーも細かく分かれているので実力差が出にくいため、

 

初めてのレースとしても楽しんで走ることができるかと思います。

 

 

 

 

 

一緒に走って色んな経験をしてもらおうと。

 

 

鷲野をサポートしながら走ろうと。

 

 

決して鷲野を独りぼっちにして辛い思いをさせるような

レースはしないと心に誓いスタートしました。

 image1 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたくし鷲野を裏切って一周目から逃げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6周回のレースだったので全部逃げ切ってやろうと。

 

鷲野には申し訳ないけど落車だけしないように集団で

 

走ってくれることだけ祈りながらオラオラ走ってました。

 

 

 

程なくして集団から一人追いついてきたので2名で回しながら

 

こなしていましたが集団に追いつかれてしまったので

 

集団スプリントが濃厚になってきました。

 

クリテリウムは距離が短く展開も速いので集中力がカギですね!

 

 

 

なんてことを考えて

 

スプリントに切り替えてリキ(力)を溜めていたら

 

 

 

 

 

なんということでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴール地点にスタッフ鷲野の姿が!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4周で降ろされてしまったそうです。

 image2

 

 

 

 

 

 

 

無念(笑)

そしてすいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鷲野の無念を力に変えていざ発射!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、3位ー。

 image1 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、もっとがんばります。

 

 

 

 

 

 

今回レース会場に来て思ったのが初めてでも参加しやすい空気感だなと。

 

レースになれば皆思いっきり真剣に楽しんでるのですがレーススタートへの運びが

 

大変親切できちんと呼びかけて案内してくれるので

 

今回初めて参加しましたが迷いなくスタートまでいけました。

 

服装なども特に指定もなく自由にな感じでロードバイクであれば参加OKです。

 

各コーナーで役員の方が待機して安全に徹してくれているので

 

万が一があっても安心ですし、

 

皆さんとても優しい方ばかりでした。

 

レースと言えばギラついた人たちがいっぱいのイメージでしたが、

 

平田クリテリウムは参加しやすくコーヒーブースも

あったりしてアットホームな感じでした。

 

毎月開催されていますので詳しくはホームページ等で

確認していただけるとよいかと思います。

 

レースに合わせて必要な機材、ウエア、補給食は全てY’sロードでご案内させて頂けます。

 

 

皆さんも一度レースに出てみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

名古屋本館6月5日井関太一