インプレする項目が多くて混乱を来し始めました【BH】
by: 梅林 康典

IRC8246_n

 

 

 

 

かれこれ、二週間ほど乗っております。

BHの、登り系オールラウンドマシン

ULTRALIGHT EVO

 

 

 

 

 

その反応の速さと

高速巡航からの、「もう一歩」の加速力

ようやく脚が慣れてきたところですが

なかなか、100km以上の距離

しかも、お山のほうへ走りに行けません。

(子供が夏休みで・・・)

 

 

 

 

 

そうこうしている間に、新しい機材が投入されました

 

 

 

 

IRC6732_n

 

タイヤです。

 

 

 

 

乗り始め、いきなりのレースは

 

csc57349_n

 

ツール・ド・フランスでも、プロチームの

「定番」の座を取り戻した感のある

ヴィットリアのコルサ・チューブラーで臨みました。

 

 

 

特に不満があるわけではないのですが、

いい機会なので太めのサイズへ

 

 

 

IRC フォーミュラPRO  チューブラー

 

 

 

え???IRCってチューブラーあったの???

フォーミュラってチューブレスじゃないの???

 

 

 

 

 

 

という方。

正解です。

 

 

 

 

ヨーロッパで戦う、イタリア/日本の混成チーム

 

IRC0717_n

 

NIPPO ・ヴィーニファンティーニ

のために用意された、

選手供給モデル。

 

 

 

 

一般販売をまだされていないタイヤですが

縁を頂き、テストさせて貰うことになりました。

(いつもながら、「タイヤソムリエ」山田さんありがとうございます。)

 

 

 

市販に向けての、開発段階のモデル。

そして、あのダミアーノ・クネゴも御用達のタイヤ。

いやがうえにも期待が高まります。

 

 

 

IRCのチューブレスには絶対的信頼を寄せている梅林。

果たして、チューブラーはどうか???

というか、そもそもカーボンホイール自体が

そしてロード用のタイヤがコンペティションレベルでも

クリンチャーに移行している今。

チューブラーの生き残っていく余地はあるのか???

 

 

 

 

 

気合を入れて、検証してみたいと思います。

 

ご期待ください。

 

ついでなので

ULTRALIGHT

 

電動変速用の電線が、通常はダウンチューブに入っていくのを

トップチューブに入っていけるように

アウター受けを改造してみました。

 

ULTRALIGTEVO45781_n

 

ヴォクレールの引退記念モデルと同じようにしたかったのですが

ちょっと雑なので、またやり直します。

 

 

 

 

 

さらに

IRC71274_n

 

チェーンの色が、純正とは違うものに・・・

 

 

 

 

こちらも、お待ちください。