【お客様の1台!?】性能、重量、見た目まで…「別人」に生まれ変わったULTRALIGHT!〜のせかえ編〜
by: 鈴木 幸貴

【Y’s Road名古屋本館】

IMG_4618

 

どうも。

スズキです。

 

 

今日も元気にいってみましょう!

 

お客様の一台

 

 

 

 

最近、ひそかに

「ホイール&コンポーネントのアップグレード」

がブームになっている(?)ようで、

今回ご紹介させて頂くのもそんな一台。

 

 

 

 

20160128_sale_bh_01

BH “ULTRALIGHT”

(カスタム前)

 

 

こちら、当初は写真の通り

SHIMANO105をメインとしたミックスコンポーネントに

同社RS11ホイールというパーツアッセンブルの完成車で、

 

このままでもじゅうぶん男前ですが

お乗り頂いているうちにカスタム欲がふつふつと沸いてきて、

今に至るというわけです。

 

 

ちなみに軽量化が目的ではありませんが、

せっかくなので計測しておきました。

IMG_4593

ちょっと見にくいですが

8.31kg。

これでも十分軽い部類ですね。

 

 


 

 

さて今回はここからまずコンポーネントを載せ換えます。

 

 

選んだのは勿論、

shimano-ultegra-r8000-mechanical-and-rim-brake-1

SHIMANO ULTEGRA R8000

 

 

R9100系DURA-ACEでこれでもかとアピールしてきたSHIMANOの技術力を、

より幅広いライダーに体感してもらえるよう落とし込んだベストバイグレード。

 

IMG_4605

 

SHIMANOのラインナップ中最もコストパフォーマンスが高いのは

実はULTEGRAだと思いますよ、ええ。

 

IMG_4607

 

 

 

 

IMG_4608

 

 

デザインも、

「いかにもメカ」って感じでカッコイイです!

 

 

IMG_4611

 

IMG_4612

特にブレーキとか…

 

 

IMG_4613

そして今回も、BBを当店オススメWISHBONEに交換しています。

最近は圧入式BBが主流なので

今回も交換したお姿は全く見えませんが…(笑)

 

 

コンポーネントをアップグレードしても

回転性能の鈍いBBを使っていては片手落ちですから、

これでバッチリです!!

 


 

 

お次はホイールです。

 

 

東海地区で一番ロードホイールが売れている(たぶん)

Y’s Road名古屋本館ですが、

実はそのうちの8割を占めるブランドが

FULCRUM & Campagnolo

なんですねー。

 

 

 

 

今回お選び頂いたのは

 

IMG_4609

Campagnolo BORA ONE 50

です!!

 

「ロード乗りならいつかは使ってみたい憧れのホイールNo.1」

と言っても過言ではない、BORA。

 

50㍉ハイトの迫力がハンパないですね。

 

 

しかしながらこのBORA。

ディープリムながら軽量で、平坦の伸びや加速力は言うまでもなく、

登りまで難なくこなせてしまうという、超がつく優等生ホイールなのです。

 

ヒルクライム&ロングライドにも使える!無敵のディープリム

 

ロード乗り憧れの的なのも納得ですね!

 

IMG_4610

今回のBORAはクリンチャーですので、

合わせるタイヤはこれまた当店のベストセラー

Vittoria CORSA OPEN TUBULARをセレクト。

 

 

VITTORIA社伝統の呼び名でややこしいですが、

OPEN TUBULARはチューブラーではなくクリンチャーのことなのです。

 

 

 

そして…

担当である私スズキがひそかに今回のミソだと思っているカスタムがこちら。

 

バーテープです!

 

IMG_4606

Lizard Skins DSP 2.5mm

 

このWILDFIRE CAMO柄を使用することで、

黒×白のフレームに新たに差し色として入った

BORA ONEとさりげなく呼応させたつもりです!!!

 

 

 

 

性能面も勿論大事ですが、

こういったルックス面へのこだわりをとことん追求するのも

カスタムの大きな楽しみですよね!!!

 

 


 

 

そんなわけで

出来上がったカスタム後のお姿がこちらでございます!!!

 

IMG_4616

もはや別人、もとい別バイクです。

 

 

 

 

せっかくなので測ってみましょう。 

 

IMG_4603

7.66kg

 

だいぶダイエットできましたね(自転車が)。

例によって、

ペダルやボトルケージ×2はくっついたままの状態でこれですからね。

 

 

 

なんせ、ULTRALIGHTというモデル名は伊達や酔狂じゃなく、

フレームセット重量は上位グレードのULTRALIGHT EVOと比較しても

遜色ないレベルに軽いです。

 

 

なので今回交換しなかった

ハンドル、ステム、サドルやシートポストといったフィッティングパーツも

アップグレードすれば、

さらなる軽量化も期待できますよ!!!

 

次回はこのへんも交換していきましょう!!!

お待ちしておりますよ(笑)!!!


 

 

今回のオーナー様も、

この後レースやイベントへの参加を控えているということですので、

リフレッシュした愛車でぜひとも楽しんできて頂ければと思います!!!

 

IMG_4620

 

この度は誠にありがとうございました!!!

 

 

2017-09-04

スズキ コウキ