最速店長選手権への道~ヘルメットをどれにすっかね・・・~【OGK&MET】
by: 梅林 康典

ヘルメット23433_n

 

 

 

 

あと2週間に迫った、

サイクルスポーツ誌面企画

最速店長選手権

 

 

 

前回は、最新形態となったレースマシン

BHSHIMANO506_n

 

【SHIMANO】最速店長選手権への道~これが最新バージョン???~ 【BH】

(これが最終形態とは言っていない)

 

 

をお知らせしたのですが

 

 

 

 

 

ただいま絶賛、悩み中なのが

 

ヘルメット454_n

 

ヘルメット

 

 

 

 

 

4種類の候補から、はてさてどれを使うべきか・・・

 

 

 

 

 

1、本命

 

ヘルメット5619_n

 

OGK   エアロR1

 

 

 

国産メーカーが満を持して売り出した

最新エアロでありながらロードレースでも

あるいはヒルクライムでも使用できる汎用性。

 

ヘルメット60725_n

 

ホッシー弐号こと、

星野貴大も使用中。

 

 

 

梅林が被るとこんな感じ。

 

ヘルメット11490_n

 

って、角度的にわかり辛い

愛用のOAKLEY JAWBREAKER カスタムカラーとの

相性もバッチリです。

 

 

 

問題は、これだけ優秀な性能と

お求めやすいお値段だけに使用者がメッチャ多い。

先日の、シマノ鈴鹿でもメッチャ見ました。

 

人とカブるのを何かにつけて避ける梅林。

おそらく、他の出場店長も着用してくることを

考えると・・・・・・

少し躊躇します。

性能は申し分ないんですが。

 

 

あと

ヘルメット2292_n

 

今シーズンお気に入りの

OKALEY RACINGJACKET

と組み合わせた場合、ヘルメットがデカく見えるのも

少し気になります。

 

 

 

 

2、対抗馬

 

ヘルメット2972_n

 

MET  マンタ

 

 

 

 

エアロタイプのロードヘルメットを一気に普及させた立役者。

カッコいい!!と思えるデザイン性と

深い被り心地が秀逸です。

 

 

 

昨シーズンの後半戦にて着用し

ヘルメット83746_n

 

実業団・南魚沼タイムトライアルでの

(なぜか)4位という成績からも

相性の良さを感じます。

 

 

 

ヘルメット6671_n

 

しかし(またか)

 

 

 

 

「黒色は暑い」

というデメリット。

走っていると、意外と内部に風が抜けてきて

涼しいんですが・・・

それでも、暑いものは暑い。

お天気によっては最高なんですが・・・

 

 

 

 

 

3、大穴

 

ヘルメット87407_n

 

OGK   ゼナード

 

 

 

 

「え?ゼナードは鉄板じゃん?」

と思った方。

それだけに、大穴なんです。

 

 

 

 

ヘルメット41240_n

 

着用状態での、各サングラスとの相性も良く

チームジャージとの色のバランスも最高です。

 

 

 

しかし(しつこい)

 

カブるんですよ・・・・・・

Y’s Road志木店の田中店長と・・・

 

これは・・・・・・避けたいですよね・・・

 

 

 

あと、

ヘルメット83478_n

 

穴が多く、エア抜けも最高で非常に涼しい

ゼナードですが

それだけにシェルが大きくて

前面投影面積の面で不利であり

昨今の流行のエアロ効果

はあまり望めないのも、悩みどころ。

 

 

 

 

 

4、伏兵

 

 

ヘルメット69952_n

 

OGK  WG-1

 

 

 

 

2~3年前の、一番キレキッレだった時期に使用しており

ゲン担ぎの意味合いもあり。

 

特にお気に入りなのは

ヘルメット0666_n

 

後頭部のこの造りが、最高にカッコいい

(梅林的に)

 

 

 

サングラスとの組み合わせも

ヘルメット8737_n

 

JAWBREAKER  でも

 

 

 

 

ヘルメット986_n

 

RACINGJACKET  でも

バッチリです。

 

 

問題は・・・

間もなく販売終了のモデルであるということですね(笑)

 

サイクルスポーツ誌の誌面企画との面もあり

「いかに各店長が、最新トレンドを破綻をきたさない範囲で

アピールできるか」

がポイント。

そこに、旧型となりつつあるヘルメットを持ち込むのも・・・

 

 

 

 

でもね

 

ヘルメット21_n

 

梅林にとっては、実はこのWG-1が

もっともエアロ

シェルが非常に小さいため、結局

前面投影面積が小さくなり

他のどんなヘルメットよりも、空気抵抗は軽減されます。

 

現に、このWG-1で

四つ目

です。

 

 

 

 ヘルメット1976_n

 

 

 

 果たして

レース当日、実際に梅林がどのヘルメットを着用するのか・・・

お楽しみに!!

 

 

 

 

いや、誰もそんなとこ見ねぇよって・・・・・・・・

スミマセン。