岐阜のお山でインターバル!!STAFF鷲野が耐えて叫んで、そしていなくなった。
by: 安川 生

皆さんこんにちは。

ワイズロード名古屋店の安川です。

 

 

当店では自他共に認める

ダート乗りであるわたくし安川ですが、

先日ピスト担当井関に誘われ

久方ぶりのロード練に行ってまいりました!!

 

IMG_7639

 

 

 

 

場所は岐阜県某所

練習メニューは

1.6kmできつい斜度に耐える坂

3kmで斜度は緩くハイスピードの坂

これを交互に3本づつ行うというもの。

 

 

距離にしてみれば短くたいした事ない様に見えますが、

コレがきついんです…

 

image1 (16)

 

 

 

 

1本目はSTAFF鷲野を先頭固定でスタート

想像していたよりもハイペースで登り始める鷲野

残り200mで斜度が緩んだ所で後ろで様子を見ていた

井関がアタックし、スプリントでフィニッシュ!!

まだ1本目という事もあり3人とも脚に余裕があるのか

かたまってゴール!

 

がっ!

実はここで一人足を使い過ぎていた者がいた事を

この後の緩い登りで知ることになる。

 

 

緩い坂を上り始めた次の瞬間。

後ろから声が聞こえた

「あ~ちょっと待って下さい!きつい」

 

声の持ち主はこの人。

STAFF鷲野

 

image1 (14) 

 

 

 

そう!

最初のスプリントで無理をしていたのはこの人

500m程登った所で3人揃って登り始める

鷲野がじわりじわりと離れていく姿を見て

井関がペースを落とそうと提案。

 

 

再度の合流後

千切れないギリギリのペースを保ちながらゴール!!

 

 

 

後2セットは各々のペースでメニューをこなしていく

安川、井関、鷲野

の順でタイム差を開け登り始め

先行スタートした安川は井関に追いつかれない様に必至

 

逆に井関は追いつくべくこちらもまた必至!!

歯を食い縛って登る井関。

 

image1 (15)

 

 

 

 

そして鷲野は!!

鷲野は

鷲の…

 

来ない!!

そんな事を井関と話していると

笑いながら登ってきた

 

image1 (13) 

 

 

 

「おいっ!」

本人いわく笑ってるつもりはなく

本当に辛かったらしい。

 

 

が井関はそう答える鷲野を追及する

 

 

井関「千切れた後手を抜いただろ」

 

鷲野「いや…」

 

井関「。。。」

 

鷲野「少しだけ手を抜きました」

 

安川、井関「やっぱりな~」

 

  

そんなこんなで楽しく?

インターバルを終えた3人

 

image1 (11)

 

 

 

 

そんな中わたくしインターバル中

気になっていた事がありまして。

 

一人で行っちゃいました!

(山道だ――――( `ー´)/ヤッホー!)

 

ロードバイクでもお構いなし。

結局私は根っからの山の人間なんですね。

 

image1 (8)

 

 

 

 

今回参加した3名のSTAFF

バイクが面白い!!

 

image1 (9)

 

 

 

 

珍しい車体と言うわけではないのですが、

注目したいのはそのコンポーネント

 

image1 (10) 

 

 

 

安川 CAMPAGNOLO

井関 SHIMANO

鷲野 SRAM

 

 

色んなメーカーを使っているスタッフが名古屋本館にはおります。

気になるパーツ等ありましたら

お気軽にスタッフにお申し付けください。

 

 

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

2017/9/21  安川いきる