【社員試乗会】マウンテンバイク仲間が口々に気になると口にした車体に乗ってきました!!
by: 安川 生

皆さんこんにちは

ワイズロード名古屋本店

ダートライフご案内役 安川です。

 

昨日、一昨日と定休日とさせて頂き

普段から当店をご利用頂いている

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

 

この度定休日を頂き

スタッフ総出で埼玉県へ行ってまいりました。

 

 

 

目的は

Y’sRoad社内大試乗会に参加する為です!!

 

 

 

集まったブランド数は64

総試乗車数は驚愕の377台!!

 

 

ご参加いただいたメーカー様にはこの場をお借りして

お礼申し上げます。

 

 

 

マウンテンバイク国内シリーズを転戦している

マウンテンバイク仲間に自慢したい!!

 

 

皆が気になると口にしていた

あの車体に乗ってきました!!

 

 

 

FOCUS

 

01E PRO 29

 

image1 

 

 

 

ワールドカップを見ていると気になる車体って

いくつかありますよね?

そんな中でもよく名前を耳にするのがこの車体。

 

 

しかしながら

価格が高く非常にレアであることもあり

現物を見れる機会もそう多くはありません。

ましてや実際に乗れるなんてもっての外!!

 

 

そんな貴重な1台に今回試乗させて頂けたので

インプレッションさせて頂きます。

 

 

 

今やフルサスペンションバイク全盛期

そこにドイツの名門FOCUSが打って出た。

 

 

 

やはり最大の特徴はこのリンク周り

重なり合う様に配置されたリンクが

剛性感を高め

強く負荷がかかるサスペンション周りをカバーし

過度にサスペンションが動きすぎるのを防ぎます。

 

image1 (1)

 

 

 

 

その効果からか平地でのペダリングフォローも良く

適度な動きで微振動をキャッチしストレスなくバイクが進む。

 

特に好印象を持ったのが

激坂登坂

 

リアバックのフレームは

カーボンによるワンピース構造で軽く、

 

image1 (3)

 

 

 

 

重さがかさんでしまうリンク関連を全て

バイクの中心に集める事で

重心は安定し高いトラクションを産みだしており、

激坂区間でも滑ることなくクリアできました。

 

 

 

 

このハイトラクション先日の泥レースで欲しかった

性能を全て兼ね備えていましたね。

 

image1 (8)

 

 

 

 

ここまで乗ってきた中で唯一

気がかりな点が有りまして。

それは適度な動きで

高いトラクションがあるのは良いが、

サスペンションがあまり動かない。。。

 

 

と思っていたのですが

下りに差し掛かった瞬間それはぬぐい去られました。

バイクがストンっと下がり

ギャップを何事無くクリア

 

 

 

 

どうやら高いトラクションを得られる

幅を超える衝撃が入力されると、

一気にサスペンションが動く様で

これもまたストレスがありません。

 

ここでも低い位置で重心が集まっていることで、

ドロップオフでもバイクがふらつかず

どんな状況でもバイクが真っ直ぐに保たれます。

 

 

 

バイク性能とは関係ないですが、

ここが良い!!

そんなワンポイントをご紹介させて頂きます。

それはこのトップチューブ

 

image1 (4)

 

 

 

シートチューブとトップチューブのつなぎ目が 

低い位置に設定されているので、

ダンシング中に邪魔にならない上に

またがり易くなっています!!

 

 

 

まだまだ書き足りませんが

本日はここまでとさせて頂きます。

最後に気になるお値段ですが、

今まで高額で手が出なかった当バイク

それもそなはず

120万円もしてたんです…

 

 

それが今回カーボンとコンポーネントを

変える事で

¥538,000+TAX

と現実的な価格となり登場!!

 

image1 (2)

 

 

 

 

国内シリーズでは今だ乗っている人を見たことありません!

貴方が最初の1人目かも!?

ご来店お待ちしております。

 

 

 

2017/10/18  安川いきる