ホッシーも欲しい。コンタドール御用達のフレームも今なら完成体にお安くできます【TREK】
by: 梅林 康典

EMONDASLR03674_n

 

 

 

 

740gです。

フレーム単体。

 

 

 

EMONDASLR0586_n

 

 

これまで、Y’s Road名古屋本館の在庫フレームで

推定実測最軽量は、梅林の乗る

BH ULTRALUGHT EVO の 780g でしたが

それを更新。

 

 

 

EMONDASLR277_n

 

 

 

 

740g

軽い。

(サイズ54 H1フィット)

メーカー公証 〇〇〇gといっても

塗装やRエンドだなんだで重くなったりするものですが

これはマジで軽い。

塗装、そしてRエンドなどの金具込み。

 

 

 

もちろん、軽いだけではございません。

 

2018TREKWORLD50094_n

 

先日、惜しまれつつ引退し

ジャパンカップにも来日した

偉大なるチャンピオン

アルベルト・コンタドール と

フレームのスペックは一緒。

 

 

 

EMONDASLR70318_n

 

「RACE SHOOP LIMITED」

と銘打たれた、チームカラー

 

 

 

 

EMONDASLR9938_n

 

TREKのカーボンの中でも

最上級

OCLV 700によって、編み上げられております。

 

 

 

 

EMONDASLR47967_n

 

リアブレーキを、最近流行の

上ダイレクトマウントとすることで

 

 

 

 

2018TREKWORLD9827_n

 

無理なく、25Cの太さのタイヤが使用できます。

メーカーによると、28Cまで対応できるらしいです。

 

 

 

 

EMONDASLR8569_n

 

その乗り味は、意外とマイルド。

 

 

 

TREKらしい、パコンッという乾いた硬さを感じつつも

TREKに共通する「船のような進み方」によってフラフラすることなく

前輪と後輪までが、引っ張られるように

しかもヒモではなく、棒で引っ張られかのような

力強い直進安定性。

 

 

 

前作からの明らかなブラッシュアップにより

繊細にも思えるハンドリングのキレは抑えられ

安心して乗ることができます。

 

 

 

EMONDASLR8325_n

 

小指で持てる超激軽フレームでありながら

オールラウンドに使える、バランスの高さ。

ホッシー弐号が、今マジで欲しい一台です。

 

 

 

 

EMONDASLR9842_n

 

生産国を変更したことにより

コストも抑えられ

店頭価格 ¥437,000-   (税別)

 

 

 

ですが

 

「ここからくみ上げていったら、総額いくらやねん・・・」

 

 

という方のために。

 

 

 

 

 

 

 

 

nagoya_kansyasai171010

 

 

 

 

にて、

 

 

 

 

なんと、シマノコンポーネント

そしてシマノホイールが

20% OFF!!

 

 

 

つまり

 

R8000_OP

 

 

最新のR8000アルテグラ

通常セット価格 きゅうまんイェン くらいが

なんと、 ななまんイェン ぐらいに。

 

 

 

そして

 

dura

 

最上級グレード

R9100 デュラエースも

通常価格 にじゅうまんイェン するのが

じゅうごまんイェン ぐらいになったります。

(仕様によって価格は変わります)

 

 

 

 

余った?お金で

R9150di2_

 

憧れ?の電動コンポを

ブッこむも良し。

 

 

 

 

FCR9100P6689_n

 

パワーメーターを搭載するも良し。

 

 

 

試しにですね。

フレーム単体はわかり辛いという方のために

 

 

 

EMONDASLR88954_n

 

BONTRAGERのホイール

そしてハンドルをつけてみました。

 

 

 

 

EMONDASLR6752_n

 

このカッコよさ。

そして、スマートなたたずまいは

ぜひ、ご覧いただきたい。

 

 

 

いまなら

2018TREKWORLD6986_n

 

比較的?お安く

この完成体に近づけます。

 

 

 

2018TREKWORLD7712_n

 

ぜひ、

店頭でお確かめください!!