ロード乗りにこそ乗ってほしい!シクロクロスのススメ
by: 伊澤光一

冬はシクロクロスの季節です~~。

シクロクロスとは自転車でただ走るだけではなく、

自転車を担いで障害物を超えたり押して走ったりする、

文章で説明すると訳の分からん競技なんですが、これがまたつらい楽しいんです。

自転車に乗るとなると最初に選ぶ分野はおそらくクロスバイクやロードバイクになる場合が多いのでしょうが、

新たな選択肢のご提案をここでしたいと思います。

競技に出なくともロードよりも走れるフィールドの幅は確実に広がりますし、

単純に【遊び】として自転車を選ぶのであれば、ロードよりも満足度は高いでしょう。

 

そこでご紹介するのはこちら。

 

GIANT TCX SLR2

税抜170,000円

サイズ:S

 DSC_0216

A

DSC_0214

 

超一流台湾ブランドであるGIANTのシクロクロスシリーズがこのTCXです。

このTCX SLR2はシリーズ唯一のアルミモデル。

ロードでも一般的になりつつありますが、ディスクブレーキの専用フレームです。

DISCローターは前後ともコントロールのしやすい140mm。 

 

DSC_0215

 

よくよく見てみると、ステムの先になにやら謎の箱があります。

DSC_0210

 

これ、『ワイヤー引きを油圧に変換する装置』でして、

つまりは従来のワイヤー引きのSTIレバーで油圧DISCブレーキを動かせるという大変ハイテクな装置なんです。

 

これがある事によってどんなメリットがあるかというと、ひとつは低コスト化

このグレードで油圧DISC搭載の完成車だと20万円オーバーになってしまう事が多いですが、SHIMANO 105に油圧DISC搭載で税抜170,000円は破格と言えます。

 

ふたつ目はSTIレバーの巨大化を防げことです。

R9100やR8000等上位グレードのSTIレバーは別として、低グレードの油圧STIレバーはオイルタンクが大きく、レバーが握りづらい大きさになってしまいますが、機械式のSTIを途中で変換することによってレバーのコンパクトさはそのままに油圧DISCならではの引きの軽さやコントロール性の高さが得られます。

 

GIANT独自の【D-FUSEシートピラー】振動吸収性能も高めています。

DSC_0213

 

自転車をこれから乗り始める方ももちろんですが、既にロードに乗っている方にこそシクロクロスを選んで頂きたいです。

私もまだまだ勉強中の身ですが、

わざわざシクロクロスを選んで乗って頂くのであればめいっぱい楽しんでほしいので、

出来る限りサポート致します。

ワイズロード名古屋本館でお待ちしております。シクロクロスのお問い合わせは伊澤までどうぞ!

 

 Y’S ROAD 名古屋本館スペシャルホームペー

 

nagoya_kansyasai171010 

 

Y’S ROAD 名古屋新館スペシャルホームペ

 

nagoya_kansyasai171010