もう、目に痛い!BONTRAGERの新型ライト、超オヌヌメ!!【ION450】
by: 梅林 康典

ION4501987_n

 

皆さん、自転車にライトは装着してますか!!??

 

 

 

厳密には、日本の道路交通法上は

夜間や、トンネルなどを通行する場合

ライトを点灯しなければなりませんが

装着義務までは法律では定められていません。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

我々、自転車乗り

そしてスポーツサイクルを愛する者たちとしては

お互いの安全を確保するため

夜間を走る恐れのある場合は、あらかじめ装着しておくべき

ですし

また、最近の意識的な流れとして

デイライト

ということで、昼間でもライトを点灯し

車と、同じ自転車

そして歩行者にも呼びかけようとしております。

 

 

 

そんな「デイライト」への業界的に意欲的に取り組んでいるのが

TREKのパーツブランド

BONTRAGER

 

 

 

 

12月から発売の

「ION450」

 

ION35053380_n

 

これまでの、350と大きさ

そしてフォルムは同じながらも

その名の通り、450ルーメンと明るくなっております。

 

 

 

 

試しに、スイッチオン!!

 

 

 

ION4505797_n

 

 

明るい。

非常に明るい。

 

 

 

 

ION4509961_n

 

BONTRAGERのライトたちは

他社に比べて、光量というよりも

数値上のルーメン以上に、眩しさを感じます。

 

 

 

 

どちらかというと、「明るさ」

よりも「いかに遠距離まで届くか」

を重視したLED。

 

 

 

 

ION450757_n

 

付属の、ゴムバンドによる

マウントにてハンドルに装着。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

ここで推奨したいのは

 

bontrager15_n

 

同じ、BONTRAGERのステムによる

組み合わせ。

 

 

 

ステムの下に取り付けができ

ION4503013_n

 

かなりスマートな、外見。

そして使い勝手となります。

 

 

 

 

では、ここで

梅林が普段から使用しているライトを

全部載せしてみます。

 

 

 

ION4505744_n

 

上、450ルーメン + 400ルーメン

下、800ルーメン

合計1650ルーメンの明るさ。

しかし、それ以上に

「目に痛い」眩しさを感じます。

 

 

 

 

ION4501690_n

 

これで、夜間の走行でも

「見えなかった」とは言わせません。

 

 

 

 

夜の通勤

そしてナイトライド

そればかりでなく、昼間の安全確保のためにも

デイライトとして

 

 

 

BONTRAGERのライト。

 

 

 

超・おススメです。

 

 

 

 

 

nagoya_kansyasai171010