【パワトレセミナー】パワートレーニングVS心拍トレーニング、どっちがいいの???【定員迫る】
by: 梅林 康典

セミナー資料09_n

 

 

出落ちみたいな感じですが、

トップ画像で答えは出てます。

 

 

 

心拍トレーニングで出来ることは

パワートレーニングで出来てしまい

かつ、それ以上のことが効率よく

効果的にできます!!

 

 

 

 

一例を挙げると

 

セミナー資料3

 

上のグラフは、ある日の梅林の追い込んでいる走行データの抜粋ですが

赤い心拍のグラフ

カゲになっている、出力のグラフとで

「タイムラグ」があるのがわかると思います。

 

 

 

特に、終盤の「ガツンッ!!」と踏んだタイミングで

体重の10倍以上のワットでギアをかけていますが

心拍は同じタイミングだと、まだ最大心拍の

80%。

そのあと、負荷をかけられた筋肉に酸素=血液

を送り込むために心臓に負荷がかかり

グンっと心拍のグラフが上がっています。

 

 

 

スポーツサイクルのトレーニングにおいて

必須ともいえる、インターバルトレーニングでは

この「タイムラグ」によって狙った負荷の領域を

かけられないこともあったりします。

 

 

 

別のグラフも参照してみます。

セミナー資料インターバル

 

水野と共に、短い坂でのインターバル的な

ギアのかけあいをしたグラフですが

ヨーイドン!!でスタートした瞬間に

やはり体重の10倍以上の出力で

そこから1分ほど意地を張りあいながら、もがき続けます。

 

 

 

しかし

2セミナー資料インターバル

 

インターバル的な40秒が終わり、

すでに出力としてはキープしてるだけの

状況でも赤い心拍のグラフは

まだ高い負荷の数字をずっと示しています。

 

 

 

これだと、インターバルの

レスト(休む)で維持すべき負荷がわからなく

なってしまいます。

 

 

 

じゃあ、心拍トレーニングも

それに使う心拍計も要らないんや!!

 

 

 

ってそう、極端な話でもなくて。

 

 

 

 

 

最も信頼できるトレーニングサービスの

PEAKS0124_n

「PeaksCoachingGroup」

によれば

 

 

 

「併用推奨やで」

 

 

 

 

 

その一例だと、

これまた梅林のある日の走行データから抜粋ですが

 

2セミナー資料山岳tt

 

基本の練習コースとなる、

「15km山岳」の12月初頭のデータ。

 

 

 

時間はともかく、出力が平均で216w

上には出てませんが、標準化パワー=NPが

226w

それに対し、心拍は最大に対して

82.7%です。

 

 

 

しかし、これが2か月前の「シーズン中」状態だと

 

セミナー資料山岳tt9月

 

平均出力が228wで

NPが、238wに対し

心拍は最大に対して84%

 

 

 

心拍は、わずか1.3%の上昇ですが

出力は体重比でいうと、0.25倍の増減と言えます。

 

 

 

 

こうやって、心拍のデータと

出力のデータを定期的に見比べることによって

特に長い登りでの練習の場合

「有酸素域でかけられる負荷」

の向上を、確認することができます。

 

 

 

 

しかし、それ以外の

「併用推奨」の詳しい内容は・・・

 

 

 

 

年明け開催

2018月1月21日

Y’s Road名古屋 × PeaksCoachingGroup

パワートレーニングセミナー

にて、知ることができます!!

 

 

 

 

PCG伊藤氏524_n

 

PCGグループのコーチである

伊藤 透氏

により、3時間の濃いぃ

聖夜を過ごす恋人たちの語らいよりも

さらに濃密に、講習いただけます。

 

 

 

 

なんと、セミナー後半には

「目的別のトレーニング内容」ということで

・ヒルクライム1時間に向けての、FTP向上

・ダッシュを繰り返すクリテリウム

といったレースに向けた例も挙げて貰います。

 

 

定員25名・・・ですが

告知してからの1週間でちゃくちゃくと埋まっていき

定員オーバーも間近いです。

 

 

「遠方で店頭に申し込めない」

という方は、FAXでのお申し込みも受け付け可能ですので

まずはお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

参加料金

¥5,500-

⇒ ⇒ ⇒  ¥4,000- !!

通常だと、3時間この内容で実施すると

¥7,000-はかかるところ

今回は、特別価格 ¥4,000-

 

 

 

 

来なきゃ、ゼッタイ損します!!

お早めに!!