【お客様の1台】二度とはできない、カスタムオーダー。スペシャルワン【CIPOLLINI??】
by: 梅林 康典

ちぽ948_n

 

 

 

 

今からご紹介する、

「お客様の1台」

は、まさしくスペシャル・ワン

2度とはできません。

 

 

 

お問い合わせ頂いても

不可能 です。

 

ちぽ416_n

 

 

 

 

今回、さまざまな方のご協力のもと

お客様のご希望になるべく沿うカタチで

具現化いたしました。

 

 

 

元は

bici-da-corsa-rb1000-naked-silver-shiny

 

Y’s Road独占輸入

ハンド・メイド・イン イタリーの

オンリーワン

CIPOLLINI

 

 

 

 

お客様が

 

「ペイントしたい」

 

 

というご要望

 

 

 

 

しかも

 

「イメージこれで」

 

 

 

ちぽ895_n

こ、これかぁ・・・

 

 

 

2006年 F1 イギリスGP

フェルナンド・アロンソのルノー

を元に

 

 

う、ぅおおぉおおおお・・・・

で、できるのか・・・

 

 

 

 

困った時には、この人だのみ

早川6911_n

 

大きな声で、どこのどなたかは

申せませんが、カーボンフレームの

「あんなこといいな、出来たらいいな」

を叶えてくれるロマンスグレーです。

 

 

 

まずは

ちぽ753_o

 

製品状態の塗装がすべて剥がされ

そして下地となるサーフェイサーを吹かれます。

 

 

 

 

そうこうしている間に、取り付けるパーツを

選定

 

 

ちぽ904_n

 

もはや凶器とも言える

禍々しき物体

 

 

 

ちぽ1723_n

 

チェーンリングは、シマノR9100デュラエースの

ビッグギア

55/42Tですが

中央の物体が、タダごとではありません。

 

 

 

ちぽ244_n

 

チェーンリングを装着している過程でも

冥府からやってきた黒曜石のような

 

 

 

そして紆余曲折の末

ついに完成。

計画スタートから、ざっと2年

フレームへのデザイン決定から、ペイントに8か月

 

 

ちぽ6526_n

 

目指したのはオンリーワン

ではなく、スペシャルワン

 

 

 

ちぽ748_n

 

スペシャルカラーのハンドルも映える

二度とは出来ない、カスタムカラー

 

 

 

ちぽ76_n

 

 

F1マシンのライオンを

ロードバイクに落とし込むという

難業をやってのけてくれました。

どこぞのカーボン専門家。

 

 

 

早川さん64_n

 

施工いただいた、コチラの方も

会心の出来

 

 

 

ちぽ843_n

 

実物を見ると、恐ろしいほどの精巧さで

塗分けられたイエローライン。

ちぽ95_n

塗りムラや、線のはみだしなども一切ございません。

 

 

 

ちぽ6438_n

 

お客様の要望により、

オリジナルを再現された「RB1K」のロゴ

 

 

 

ちぽ434_n

 

フレームの中心でパワーを計測するのは

POWER2Maxの新型

タイプNGの、FSA K-FORCE LIGHT BB386

というレアな逸品。

スペシャルペイントに負けない、凄まじい存在感です。

 

 

 

 

ちぽ7811_n

 

フロントフォーク、そしてチェーンステーに

さりげなく筆記体での

Cipolliniのロゴ

 

ちぽ2851_n

決してインレタなどではなく、ペイントされています。

 

 

 

ちぽ416_n

 

 

Y’s Road名古屋店のあるビルの玄関ホール

大理石の床と柱

そして謎の金属オブジェの中でも際立つ

圧倒的存在感。

 

 

 

 

 

二度とは出来ない、

まさしくスペシャルワン

苦節2年かかりましたが、一足早い

サンタさんのようにお客様の下に旅立っていきました。