パワトレ、始めます。今回導入したパワーメーターはコレ!
by: 伊澤光一

ども!伊澤です。

 

 

 

今月25日に控えた

東海シクロクロス第8戦inワイルドネイチャープラザ

に向けて目下練習中であります。

 

前回のレース後まず感じたのは単純に体力がない事だったので、

オフロードで技術を磨くよりもオンロードで体力の向上を目的に練習しています。

今まで辛かったレベルがもう少し楽になれば、

今までなら無駄に失速してしまうようなコーナーも

落ち着いて処理できるようになるかな…

等と言う考えもあります。

「そもそも練習開始が遅い」というツッコミは不要です。

 

 

 

大まかな道筋は決めたものの

『実際どれくらい頑張っているのか』や、

『練習の方向性が合っているのか』

の目安がわからないでいます。

すると当日、どこか不安な気持ちを持ったまま招集に向かわなければなりません。

 

 

 

そこで、パワーメーターを導入する事にしました。

 

これをうまく使えれば、自分の長所や短所を掴み

どういうトレーニングを積めば良いのかが実感しやすくなります。

 

 

 

25日のレースまでにそれが間に合うかどうかは考慮しません。

いろいろ買うための理屈を並べていますが、欲しくなったから買うのです。

 

 

 

釈迦に説法かとは思いますが、

パワーメーター全盛のこの2018年には数多のパワーメーターがあります。

パワーメーターを導入する際、決め手となるのはそれぞれの事情があるでしょうが、

伊澤の場合は以下の3点でした。

 

①両側計測

 せっかく買うならって事ですね。

ケチって機能を絞ると自分の性格上絶対にいいやつが欲しくなるので。

 

②クランクもしくはペダル型

 以前はスピードプレイのペダルを気に入って使っていたのですが、

最近ペダルをシマノにした事でペダルへのコダワリがなくなりました。

なのでペダル型もありかなと。

 

③なるべく出費を少なく

 このところいろいろと出費が激しくお財布事情がかな~りサミシイ事になっているので、

必要な機能は抑えつつ出来る限り抑えて。

 

 

 

 

 

以上の3点をふまえ、最終的に伊澤が選んだのは…

 

 

 

 

 

GARMIN VECTOR3

 DSC_0544

A

昨年末に発売されたGARMINの最新ペダル型パワーメーターです。

SHIMANO、パイオニア等のクランク型パワーメーターも考えましたが、

現状の伊澤の機材ではフロントディレーラーも合わせて変えなければならないので、

取付が簡単で手軽に使えるペダル型にしました。

なによりも傍目にはフツーのペダルにしか見えないのが良いじゃあないですか。

『いかにも』な外見のものより、さりげない方が好みです。

 

 

 

 

思えばGARMIN製品の所有は

GPSサイコンのEDGE820Jにはじまり、

アクションカメラの初代VIRB

心拍も図れるスマートウォッチvivosmart J HR+

に続き4つ目となります。

 

 

 

ここからはお店の宣伝ですが、

当店には店長を筆頭にパワーメーターを駆使して

日頃トレーニングに励んでいるスタッフが多く在籍していますので、

パワートレーニングを始めるにあたってのキホンも

ある程度理解した上で購入する事が出来ました。

 

これは非常に安

 

心出来ます。

高いお金を払って買っても、

使い方を知らなければ『ただのペダル』になり下がってしまうわけですから。

 

 

 

自分で書いていてかなり胡散臭いですが、でも本当ですからしょうがありません。

そして精密機械であるパワーメーターを購入する際は、

実店舗で購入しましょうね。

日本の正規代理店を通さず手に入れたものは、

トラブルが起こっても対処が出来ませんよ~。

 

 

 

不安な事があればもちろんお話しをお伺いしますので、

是非ご相談ください。

 

 

 

SHIMANO製品やカンパ・フルクラムのホイールが

オトクに手に入るキャンペーンも行っておりますので、

こちらもチェックしてくださいね。

 

 

ご好評だった、地域限定特価。ご要望につき、アンコール期間です!!【SHIMANO】

 

 

 

では、しっかりと使ってみて後日インプレを書いてみたいと思います。

パワーメーター、パワートレーニングについてのお問い合わせは

ワイズロード名古屋本館までどうぞ!