【BROMPTONって何?】中京エリア最大級の在庫台数を誇るY’s Road名古屋本館が、あらためてその魅力を語ります!
by: 鈴木 幸貴

【Y’s Road名古屋本館】

IMG_0855

 

 

どうも。

スズキです。

 

 

 

中京地区在住のすべてのヅカヲタの聖地と言える中日劇場来月で閉館…ということで、

中日劇場最終公演となる

星組『うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA』

観劇してまいりました。

前に『琥珀色』のところでも書いた通り、個人的に柴田侑宏先生のお芝居が好みなんですが、

今回もまぁこれでもかというくらい侑宏み溢れる悲恋もので大変よかったです(語彙力)

 

しかしなんですね、この演目も1983年(私が小学生の頃!)の初演以来何度も繰り返し上演されてるんですけど、このヒロインのマリーというのはあーちゃん(星組トップ娘役・綺咲愛理さん)のためにあると言いたくなるくらいハマってましたね…!

 

 

 

そんなわけで本題です!!!

 

 

我々Y’s Road名古屋本館で激推しの折りたたみ自転車と言えばもちろん

Brompton Logos B&W on top

ですが、今回はあらためて

英国が生んだ、世界を代表するフォールディングモビリティ

「BROMPTON(ブロンプトン)

の魅力に迫ってみたいと思います。

 

BROMPTONの購入を検討されている方はもちろんのこと、

「それ、何?」という方もぜひご一読ください!!!

 


 

 

はい。

 

IMG_0853

こちらがそのBROMPTON、実車でございます。

 

フォールディングってくらいですから小さく折りたたむことができるわけですが、

BROMPTONの第一の魅力は何と言ってもその折りたたみサイズが

尋常じゃないくらいコンパクト!!!という点でしょう。

 

IMG_0853

これが

IMG_0856

ここまでコンパクトになっちゃうんですから!

 

 

 

 

私がご案内させて頂く時はいつも

「ちゃんと走る折りたたみ自転車の中では最もコンパクトになる」

という表現をしています。

走りの部分を犠牲にしてコンパクトさのみを追求すればもっと小さく出来るものもあるでしょうが、それじゃあ「自転車」として意味ないですよね。

 

 

当然「ちゃんと走ってコンパクトにたためる」ためにはそれなりの工夫があって、そこがイノベーションと言えるわけですが、どうやったら

 

IMG_0853これが

IMG_0856

こうなるのか、ぱっと見にはわからないですよね。

 

 

ですので実演してみました!!!

 

いかがでしょうか。

どうやって折りたたんでいるかわかりましたかね?

 

 

解説すると、まず自転車の状態から…

IMG_0857

1. このように後輪をたたみます。

買い物などに出かけてちょっと停めておく時はこの状態でOKです。

キックスタンド要らずですね。

 

 

2. 次に前輪をたたみます。

IMG_0859

 

その時、

IMG_0858

少し持ち上げ気味でやるとたたみやすいです。

 

 

そして

IMG_0860

3. サドルを下げます。

こうなってくるともう間違い探しみたいですね。

前の写真とどこが変わったのか言われないとわかりません(笑)

 

実際サドルを下げるのは最後でもいいんですが、先にやっておくと下げたシートポストによって後輪がロックされるので、折りたたみ中に開いてきてしまうことがありません。

 

 

4. 最後にハンドルをたたむ

IMG_0861

前出の写真のようにコンパクトになるのです。

 

IMG_0862

ハンドルはこのキャッチによってしっかりフレームに固定されます。

よく考えられてますね。

 

 

おっと、最後と言いましたがひとつ忘れてました。

IMG_0864

左ペダルをたたみます。

 

 

IMG_0865

これで完璧です!

 

わりと手数が多いのでややこしそうに見えるかもしれませんが、

展開写真でもおわかりの通りひとつひとつの過程できちんと自立しててくれるので

折りたたむのはめっちゃ楽チンです。

 

 

慣れてしまえば冒頭の動画のように折りたたみ~展開で30秒もかかりません。

 

ちゃんと走って、なおかつコンパクトにたためるBROMPTONがあれば、日常生活から通勤、旅行に至るまで様々なシーンで活躍してくれます。

 

 

 

 

そんなBROMPTONですが

おんなじように見えても実はいろいろなモデルがラインナップされています。

 

上でご紹介に使っているのは当店の試乗車で

IMG_0854

M3L

というモデルなのですが、これすなわち

 

M…ハンドルの形状

3…変速の数   

L…キャリアの有無

    (Lタイプはキャリアなし

を意味しています。

 

 

詳しく言いますと、

 

まずはハンドル。

IMG_0882

BROMPTONには3種類のハンドル形状がありまして…

 

IMG_0866

こちらがMタイプ

アップライトでリラックスしたポジションで乗車することができます。

BROMPTONといえばこれを想像する方も多く、かくいう私も当初はそういうイメージが強くてMハンドルに乗ってました。

 

IMG_0867

2017年モデルからこのMハンドルが改良され、一般的な長さのグリップが使えるようになったことでさらに幅広いファンを獲得しています。

 

IMG_0868

この他、やや前傾したスポーティなポジションを取ることができるストレートな

Sタイプと、

 

IMG_0869

ツーリング志向の方に根強い人気を誇るマルチポジションの

Pタイプがございます。

 

 

 

 

それから変速については2速・3速・6速がラインナップされています。

 

一番多くて6速なので、スポーツバイクに乗り慣れている人にとっては「少なっ!」と思うかも知れませんが、フォールディングバイクに最適なギア比を練りに練ってあるので不足は感じないでしょう。

 

IMG_0874

ちなみに3速は内装ギア

 

IMG_0873

2速は外装

 

IMG_0878

6速内装3速と外装2速の組み合わせ(3×2=6)となっております。

 

 

内装ハブを搭載しない2速だけ、他に比べて少し車体重量が軽くなっています。

同じ内装ギアでも3速用と6速用で比が異なっているところもポイント。

それぞれの用途に見合ったベストな設定にしてあるんですね。

 

 

ちなみに日本国内で通常展開されているものでいうと、

6速はM、Sタイプ共にご用意がありますが、

2速はSのみ、3速はMのみになりますのでご注意を。

 

 

 

そしてBROMPTONの魅力を語る上で忘れてならないのが

 

IMG_0870

こちら。

 

知らない人にとっては「なんだこれ?」ってなると思いますが、

こちらはフロントキャリアブロックと呼ばれるもので…

 

IMG_0871

このように専用のバッグを取り付けることができるんです!!!

 

BROMPTONを便利に使う上で無くてはならない存在とも言えるフロントバッグ。

さまざまなモデルが展開されており、

 

IMG_0872

中にはこんなシブいものも…!

 

IMG_0880

他にも当店店頭の「BROMPTONバッグの木」にたくさん在庫していますので

ぜひご覧になってください。

 

 

ちなみに我々Y’s Road限定キャンペーンとして

2017年モデルBROMPTONをお買い上げのお客様に

最もポピュラーな純正フロントバッグと言える「S Bag」

プレゼントさせて頂くキャンペーンもやってたりします(数に限りがあります)

 

 

BROMPTON_cam_web

詳しくはこちらをご覧ください。

 


 

いかがでしょうか?

 

これである程度はBROMPTONの魅力をご理解頂けたのではないかと思います。

BROMPTON欲しくなっちゃった!という方は

ぜひともY’s Road名古屋本館へご来店を。

 

IMG_0794

 

IMG_4372

豊富なフレームカラーバリエーションをすべて現物でご覧頂ける

中京エリア随一の在庫数でお待ちしております!

 

 

そうは言ってもさらに詳しく知ってから買いたい!という方も

足をお運び頂ければ、担当の私スズキを初めとして精鋭揃いのスタッフ一同が実車を交えて熱く語らせて頂きますよ!!!

 

 

とにかく

百聞は一見に如かず!

論より証拠!

 

 

 

名古屋でBROMPTON買うなら

Y’s Road名古屋本館

ぜひどうぞ!!!

 

 

 

2018-02-12

スズキ コウキ

(※実は当日オペラで追ってたのは十碧れいやさん(名古屋市出身)でした)

 

 

 

 


 

◎ Y’s Road名古屋本館BROMPTON最新在庫情報(2018/2/12現在) ◎

   

【〜2017年モデル 】

 

M3L(¥180,000+TAX)

・GREY

・RED BLACK

・ TURKISH GREEN

 

M6L(¥190,000+TAX)

・BERRY CRUSH

・GREY

・IVORY

・RED/BLACK

 

M6R(¥200,000+TAX)

・RACING GREEN/BLACK

 

S2L(¥185,000+TAX)

・BERRY CRUSH

・LIME GREEN

・RED/BLACK

 

S6L(¥195,000+TAX)

・GREY

・LAGOON BLUE

・LIME GREEN

・RACING GREEN

・TURKISH GREEN

 

P6L(¥190,000+TAX)

・GREY

・TEMPEST BLUE

 

S2LX(¥315,000+TAX)

・RAW

 

P6LX(¥320,000+TAX)

・STARDUST BLACK

 

 

【2018年モデル 】

 

M3L(¥180,000+TAX)

・BLACK

 

M3R(¥190,000+TAX)

・GREY

 

M6L(¥190,000+TAX)

・RAW (※¥220,000+TAX)

 

M6R(¥200,000+TAX)

・GREY

 

S2L(¥185,000+TAX)

・TEMPEST BLUE

 

S6L(¥195,000+TAX)

・TEMPEST BLUE

 

P6R(¥200,000+TAX)

・BLACK

 

 

【2018 BLACK EDITION】

 

M6L(¥200,000+TAX)

・TURKISH GREEN

 

M6R(¥210,000+TAX)

・ORANGE

 

S6L(¥205,000+TAX)

・BLACK