【実業団】駆け抜けろ!過酷な修善寺を!!今期の初戦、その出来は!?【チームY’sRoad】
by: 梅林 康典

0417修善寺ロード1日目023_n

 photo by kouji okamoto

 

かねてより?予告していた通り

ついに今シーズンの初戦を迎えました。

Y’s Road名古屋「超人師弟コンビ」

(どっちがロビンマスクで、どっちがウォーズマンなんだか・・・)

 

 

ここまで練習を積んできましたが、

その出来はいかに??

 

 

 

まず前々日

0416修善寺ロード前日8469_n

 

直前まで追い込む梅林のスタイルとして

アップダウンの反復で1時間半。

3分の登りで最後まで踏み切れる感触で、悪くないのだが・・・

いかんせんベストには、ほど遠い。

 

 

 

前日

0416修善寺ロー前日1375_n

 

「事実上のエース」水野のマシンと2台。

朝から洗車。

ワコーケミカルのパーツディグリーザー

水洗いによって汚れを落としたあと

オイルチューン。

回転で登っていく水野のチェーンには

「チェーンルブ・リキッド」

スピード8:パワー2でブレンド。

 

 

 

夜に、まず沼津まで移動。

0416修善寺ロード前日4262_n

 

愛三工業レーシングのジャージの飾られた

刈谷でお風呂を頂きつつ、

明日のためのカロリー摂取・・・

 

 

 

なのだが

 

0417修善寺ロード1日目2708_n

 

頼んだメニューが思ったよりも少ない・・・

これでは足りない・・・

結局、このあと別で注文追加することに・・・

 

 

 

 

なんだかんだで当日

睡眠時間3時間で、会場を

0417修善寺ロード1日目152_o

 

見よ、試走に行く我々の服装を。

まるで、真冬のような出で立ち。

それもそのはず、ここ数日の春の陽気が嘘のような

冷え込み。

現地についた時点で、気温6℃。

 

 

 

「試走した感想はいかがでしょうか?」

0417修善寺ロード1日目3184_o

 

とにかく、登りと下りしかないし

いちいち厳しい。

3~5分の全力インターバルをずっとやってる感じ。

 

 

「苦手な下りはどうでしょうか?」

0417修善寺ロード1日目1520_o

 

レーススピードだとわからなくなりますが

そこまでエゲつない感じではないので

前半の延長部分をどうクリアするか。

あとは、終盤の高速コーナーはむしろ好きなほう。

 

と、若干の余裕が有りげなのが

イラっとしますが

最低限の目標の完走には、手応えを感じております。

(ずいぶん低い目標だな) 

 

 

 

タイムスケジュール的に最初のレースとなる

E1クラス

0417修善寺ロード1日目136_o

 Y’sRoadから唯一の参加者、水野。

出走117名と大人数もさることながら

上から10名くらい、Jプロツアーでも走れる実力の持ち主ばかりで

ハイレベルなレースとなること必至のスタートに

心なしか、ひきつっている水野。

 

 

 

1周目おわって

0417修善寺ロード1日目860_n

 

優勝候補たちによる、アタックの連発で

はやくも集団崩壊。

 

 

0417修善寺ロード1日目096_o

 

 

得意のはずの登りで単独で苦しむ

水野。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目8768_n

 

顔をあげろ、水野!!

Y’sRoadの修善寺でのE1クラスでのホッシー弐号以来の完走は

オマエにかかっている!!

 

 

詳しいレポートは、本人からの報告を待つとして。

 

 

 

 

そんなこんなで水野の応援や

0417修善寺ロード1日目74720_o

 

元・全日本チャンピオンにして

現在は監督をされる、宮澤崇史さんに教えを受けたり

SNSでのレース実況をしていたら

気が付くと、自分のレースのスタート時間に。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目879_n

 

のんびりしていたワケじゃないんですが

アップもなしでスタートラインに並ぶのも

いつものことです。

・・・そろそろ自分のレースを辞めて、サポートに徹するべきですかね・・・

 

 

 

0417修善寺ロード1日目2603_n

 

一緒に練習したこともある、イナーメの選手の表情からも

寒さが伺いしれます。

というかなんでふたりとも、生足なんですかね・・・

(レッグウォーマー忘れた)

 

 

 

結局、最後尾からのスタート

0417修善寺ロード1日目9305_n

 

修善寺サイクルスポーツセンターは、スタートしてから

コース幅が広いので、脚を使えば前に出るチャンスはあるはず・・・

とタカをくくっていたら

忘れていた。

このレース、先導カーによるローリングスタートだった・・・

 

 

 

ここでこのレース、最大の失敗。

どうやらE1クラスでのスタートの先導カーが速すぎたと

指摘があったらしく、今度は遅い遅い。

「ブレーキ!」

「ブレーキ!!減速!」

と、なんども呼びかけあう状況で、

その度に前のライダーとの間が空く

→また詰める

の繰り返し。

 

 

先導カーが旗を振って加速し、

リアルスタートとなったのは3kmすぎ。

そこで慌てて踏み直すものの、もう先頭はけっこう離れており・・・

要は、リアルスタートまでに後ろは尺取り虫のような

加減速を強いられ、いわゆる中切れ状態に。

次の下りに入ったところで、まったく先頭は見えなくなっており。

はい、ここで梅林のレースは終了です。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目8512_o

 

後方は、すでに集団崩壊。

速度が乗るはずの下りでも単独で踏まざるを得ず

どんどん前との差は開いていくばかり。

 

 

 

しかしまだ諦めたわけじゃない。

後半のもっとも長い登り、

いわゆる2号橋から20秒以内であれば経験上、まだ見えるはず。

 

0417修善寺ロード1日目2号橋360_n

 

ここを平均心拍で95%

出力でも6倍以上で踏み続ける!!

しかし・・・まだ見えない・・・

先頭、どんだけ速いんだ・・・

 

 

 

登り切った折り返しで、ちらっと見える先頭。

推定、20秒以上の差。

くそ、追いつけなかった。

ここからの下りで単独だと、余計に差が開くなぁ・・・。

 

 

 

1周目

0417修善寺ロード1日目1周目360_n

 

NPは限界値ともいえる

体重比5.5倍。

心拍は、90%。すみません、吐きそうです。

 

0417修善寺ロード1日目064_n

 photo by FABtroni+camera 

「先頭から40秒!!」

と声がかかるが、もうそんなに開いたのかよ。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目1360_o

 

 

 

2周目

0417修善寺ロード1日目2周目360_n

 

登りで前からこぼれてくる選手を吸収しつつ

下りでは、人様に迷惑をかけないように

心がける。

しかし、負荷はガクっと落ちて

NPが体重比4.9倍。

しかしそれでも心拍はあまり落ちていないのは

心肺が一杯一杯な感じです。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目387_n

 

3周目

完走を目指すグルペットを形成しつつ

なぜか、他の選手に話しかけ続ける梅林。

うるさくて、すみません・・・

 

 

 

コントロールラインを通過する際

0417修善寺ロード1日目7472_o

 

カメラを見つけ、なぜか寄っていく。

 

 

 

0418修善寺ロード2日目3008_n

 

こっちwww見んなwwww

 

 

 

しかし集中力をなくし

0417修善寺ロード1日目3周目360_n

 

タイムは落ちております。

というか登りで補給とってました。

いや、なんか空腹を感じまして・・・。

 

0417修善寺ロード1日目6976_n

photo by FABtroni+camera 

集中力をなくし、この始末。

ヨコの選手の「なんだコイツ」な表情が

なんとも言えません。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目023_n

 photo by kouji okamoto

 

下りはようやく掴んできて、

だんだんスピードも上がっております。

しかし、この写真。一見カッコよく見せますが

その実、両足の加重のかけ方を見れば

もっとマシンを倒し込めるのがわかります。

 

 

 

4周目にはいるところ

0417修善寺ロード1日目648_o

 

カメラに向かって、謎のポーズの梅林。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目0409_n

 

こっちwww見んなwwwww

 

 

 

 

しかし実はやる気は十分。

0417修善寺ロード1日目7466_o

 

 photo by kouji okamoto

 

 

修善寺8kmコースの特徴でもある

すり鉢のように厳しくなる登りで

グルペットの前にでて、ペースを上げる。

 

 

 

0417修善寺ロード1日目1614_n

 

 photo by kouji okamoto

 

下りでどうせ追い抜かれるのはわかりきっているので

ここはなるべく前でクリアしておきたい。

脚はかなり限界なので、ダンシングを避け

シッティングで回していきつつ

ペースを維持。

 

 

 

下りはどうにか、遅れつつ最小限に。

 

そして、終盤の登りへ。

 

 

 

が、ここで脚の限界。

本来は有利なはずのグルペットから遅れる。

踏めない。

ペダル回転数はこれまでと同じ80~90rpmで回っているが

出力で30wのダウン。

ギアが一枚、上げられない。

 

 

 

く、悔しい・・・

これは悔しい。

本来の持っているはずの武器、

登りのスピードが弾切れとは・・・

 

 

 

残段数、ゼロ。

辛いなぁ・・・・・・

 

 

しかしなぜか下りの脚は残っていて

続く下りで二人ほどパス。

この日の最高速をマークしつつ、

最後の登り、そしてゴール前へ。

 

 

0417修善寺ロード1日目8606_n

 

登りの脚はなくなったが

なぜかスプリントの脚は残っていたので

10倍全開!!

 

 

0417修善寺ロード1日目6048_o

 

最大出力11倍、548w

最大心拍97%、ケイデンス95rpmで加速するものの

最後の選手は捕まえきれず。

 

 

 

結果、出走92名。

完走90名中、45名。

ちょうど半分の位置に。

今回のレースは、協会側の配慮により、各クラスで

かなり完走までの制限タイムが緩くなってましたが

その中での半分か・・・。

 

 

 

 

 

 

データで見ると

0417修善寺ロード1日目360_n

 

1時間のレースで、

平均心拍90%、最大心拍98%。

出力は平均で体重比4.26倍。

NPで、5倍ですが

特筆すべきは強度係数を表すIFで

なんと、1.0超え

 

以前にも書きましたが、IFとは

戦闘力といえるFTPと、実際に走ったNP(ノーマライズドパワー)による

係数を表しておりますが

設定されているFTPが正しい場合は1時間以上のライドの時、

基本的にIFは「1.0」を越えません。

 

 

梅林はここのところの練習のデータから

FTPを体重比4.6倍に設定しておりますが

IFが1.0超えたということは「限界突破」したということで

FTPは自動的に上方修正されるべきです。

 

 

マジか・・・

4.6倍よりもまだ上に修正せなアカンのか・・・

といかFTPが4.6倍あっても

こんな平凡な順位とか、どんだけレース運びが下手くそなんだよ

梅林・・・

 

 

 

 

 

そして、負荷の分布で見ると

0417修善寺ロード1日目219_n

 

心拍、出力ともに

やたら赤い部分が目立ちます。

どんだけ、レース中に休めてないんだ

梅林。

 

 

 

 

2DAYSのうち、1日目でいきなりの

「限界突破」

しかしそれでも完走以上の結果を残せなかった梅林。

2日目、気持ちを立て直せるのか???

 

 

 

そして

0418修善寺ロード2日目761983_n

 

ついに登場、本来のエース

ホッシー壱号!!

まさかのE2クラスからのスタートだが

やってくれるんだろうな!!??

 

 

 

 

次回、2日目に続く!!

0417修善寺ロード1日目94976_o

photo by FABtroni+camera 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイズロード名古屋本館

ウェア館・クロスバイク館にて

一緒に働きませんか?

 

サンバルカン6040_n

 

自転車が好きで

明るく元気よく、いい笑顔が出来る方を募集します。

経験の有り無しよりはやる気を重視。

色々なことに興味を持てる方希望。

土日、祝日出勤可能な方歓迎。

週3日以上勤務できる方。

 

学歴、年齢、経験不問。知識はおいおい身に付きます。
電話連絡の後、履歴書持参で面接いたします。

 

時給:¥900-~(能力に応じて昇給)

勤務時間:11:00~20:00

(出勤日、勤務時間の調整は要相談)

 

仕事内容:レジ、接客販売、品出し、自転車組立、

陳列等の店舗作業全般

 

募集人数:1~4名

 

担当:梅林までご連絡下さい!!

お待ちしてます!!