「Graphene」を採用しフルモデルチェンジ!その性能はいかに?! ~VITTORIA CORSA & RUBINO PRO~
by: 水野真吾

ロードレーサーに乗り始めた約2X年前、磨り減ったために初めてタイヤを購入し

交換しました。学生の自分にとってかなり(?!)の出費となりましたが、その走りの

しなやかさとグリップ、そして走りの軽さは当時かなりの衝撃を受けました。

 

 

corsa cx

 

 

※当時は「TWIN TREAD」をうたってましたね。箱が懐かしい 笑

 

 

「タイヤを変えるだけでこんなにもかわるのか?!」

 

その時からこのタイヤメーカーの虜になりました。もちろん他社製品も使用してきましたが

最終的に(現在も)このメーカーの呪縛からは逃れられないのです。

そのタイヤメーカーはイタリアの老舗「VITTORIA」

ロードレース界でも絶大な信頼を受け、多くのプロチームを支える一大メーカーです。

そんな同社が新たなる素材「Graphene」を全面的に採用しフルリニューアルしました!

長い歴史を誇る同社を新規採用に踏み切らせた「Graphene」の実力にせまります!!

 

「Graphene」とは原子1個分相当(?!)の薄いピュアカーボンのシート状の物質です。

この素材を既存のゴム製品に配合することで軽量性、弾力性、柔軟性を飛躍的に高まりました。

 

まっすぐ走っているときには硬くなり、倒したとき、加速の時、

ブレーキングの時に柔らかくなる

 

まさにタイヤとしては理想的!!さすがにいいとこどり過ぎるのでいざインプレッションです!!

 

 

VITTORIA OPEN CORSA EVO SC

 

 

現使用タイヤ「VITTORIA OPEN CORSA EVO SC」

 

 

インプレタイヤ

 

「VITTORIA OPEN CORSA」

 

「VITTORIA RUBINO PRO」

 

 

CORSA_open-tubular

 

 

「VITTORIA CORSA SPEEED」

定価¥10,600-(+税)  =>  Y`s価格¥9,540-(+税)

 

伝統のトレッド部の杉目デザインを一新。直線のグルーブ(溝)のみとなりました。

このデザインだけで「Graphene」を採用し完全に維新を図った同社の決意が見えます。

直線の転がり感、抵抗の低さは特筆ものです!これが「Graphene」の効果か

「EVO CS」以上のものを感じます。そして、コーナーリング。前作であればサイドの

杉目のデザインやタイヤ本体のしなやかさ(320TPIという高密度のケーシング)も

相成って高いグリップでしたが、それと互角、いやそれ以上?!の安心感が

ありました!直線のあの走りの軽さを考えると相反する要素なのでなかなか

驚異的な性能です!!

 

 Rubino_Pro_Black

 

 「VITTORIA RUBINO PRO」

定価¥7,000-(+税)  =>  Y`s価格¥6,300-(+税)

 

「RUBINO」と聞くと完成車にアッセンブルされることもあるオールラウンドな

タイヤです。もちろんお値段相当の性能なので上記タイヤからの乗り換えでは

若干の性能ダウンは否めません、が!しかしこれまたよく走ります!!

長距離を乗り込んでの耐摩耗性までは見切れていませんが、この性能で

耐久性も高いのであれば抜群のパフォーマンスといえます。

 

次世代タイヤの先駆けとなる「Graphene」入りタイヤのテクノロジー、

だまされたと思って体験してみませんか?!

 

 

2016/7/8 水野真吾

 

 


 

他にもレディースアイテムもりだくさんです!

レディースアイテムをお探しなら、

スポーツサイクルのレディース専門店の当店をご利用ください!

 

お茶L営業時間案内バナー(定休日なし)

 

お茶Lマップバナー