facebook

峠練。登り鍛えとかないと地獄を見る。
by: 中島健太

 

 

みなさんこんにちは。中島です。

前回海沿い走ってきたので今回は高尾山辺りの方へ走ってきました。

もうだいぶ寒いです。ライド中鼻水が止まりませんでした。グローブも冬仕様に。

 

 

 

image4 

僕の千切られ役vengeの人S3の後輩と一緒に135kmほど大垂水峠~牧場峠~宮ヶ瀬ダムをグルっと。

 

前日少し飲み…アルコールを摂取し過ぎてしまっていた為、身体の毒素抜きも兼ねて。

 image3

 

 

 

アルコールを摂取した次の日は本当の身体が動いてくれませんね。

しかも脱水気味でピクつく脚。

うーーん、バッドコンディションです。

 

 

 

 

 

まあなんとかごまかし最初の峠大垂水峠まで辿りつきます。

初めての峠としてオススメの絶妙な距離と斜度の大垂水峠。

 

 

 

 

コンタドールがアングリルを制した時以来の大垂水です。

  

この時はインナーを使用し最後垂れるという酷い有様でしたが、その時よりも乗れてる現在はインナー使わず登り切れました。

 

練習不足のS3の後輩は登り初めで消え、最近好調らしいvengeの人と勝負に。

前述のバッドコンディションもあったので緩めで温存しながら登り、終盤ダンシングで引き離す作戦で勝利。

タイムよりも勝負に徹しました。

 IMG_0701[1]

これは昔取った写真です 

 

 

 

しかし登り途中のダンシングはなかなか慣れません。普段峠登らないので練習が必要ですね。

シッティングとダンシングを織り交ぜ使う筋肉を変えながら登るという走り方を完璧にマスターしたいものです。

 

 

 

大垂水が終えたら次は牧場峠。距離は短いが斜度が強い峠です。

急こう配は苦手です。また斜度が強いため滑り止めが配されているのですが、これがまた苦手です。

ゴツゴツでペダリングの感覚がよくわからなくなるんです。

 

 

 

また例のごとくvengeの人と勝負に。先と同じ作戦で勝利。

スプロケが11-25Tという仕様でしたのでギアが足りるか少し不安でしたがダンシングで何とか乗り切りました。距離が短くて助かりました。

 

 

 

しかし峠を楽に登るにはやはりカセットスプロケットは大きい方がいいですね。(早く登るとなるとまた話は変わりますが)

 

「RD-8000 GS 34」の画像検索結果「CS-HG 11S 34T」の画像検索結果

最新のR8000アルテグラのRDならSSで30T。GSなら最大34Tが使えるそうです。クランクも34Tならどんな激坂でもクルクル回せそうですね!

登りでもクルクル回したい方は、スプロケ交換オススメしますよ♪

 

 

 

 

 

 

牧場峠が終わったらあとは下り基調の宮ヶ瀬ダムを走るだけ。

向かう途中ニホンザルの集団を発見。写真は撮り忘れましたがいるんですね。

調べたら過去熊の目撃情報とかもあるとかなんとか。

 

意外と野生の宝庫でした宮ヶ瀬は。

 image2

昔の写真 

 

 

 

IMG_1381[1]

今回かなり役立ったのがこのサテライトスイッチ。

登り途中、上ハンを握ることが多いのですがそこで変速できるのはかなり便利

Di2を使用している方、かなりオススメです。

新型サテライトスイッチは見た目もそこまで変わらないですし。

 

 

 

恒例の修善寺合宿でもかなりお世話になりそうです。

 

 

今回が135kmで獲得標高1300m超

 image1

 

 

 

 

修善寺合宿のコースは80kmで獲得標高2600m超。

image1

脚力自体は意外と戻ってきてますが体重が…。

 

 

 

減量しないと地獄を見そうな予感。

ラーメンとお酒を控えれるかが最大の難題。頑張ります。

ではまた次回。乞うご期待?