【社内試乗会】言わずと知れたロードバイクの頂点 DOGMA F12
by: 山本義明

PINARELLO 

DOGMA F12

IMG_2625

ロードバイクの中では特に気になっていました!!

 

自身もDOGMA f8を所有し愛用しているので比較していきながらレビューしていけたらと思います。

 IMG_2626

まず外観はこんな感じ。

お?サイズでかい?!  

そう、試乗会で唯一適正サイズを乗る事が出来たのはこのF12のみでした。。

気になっていたロードバイクだけあって

嬉しかったです!!

55サイズなので若干まだ小さいんですけどね、、(笑)

それはさておき!!

IMG_2627

 

コンポーネントは9100デュラエース。

ホイールはフルクラム レーシングゼロ

イイ感じのパーツ構成で盲点は無いでしょう。

 

フレームはTORECA T1100カーボンを使用。

BOLIDE TT/HRと同じ流体力学実験に懸けられたPINARELLOの技術の賜物です!!

左右非対称のフレームに、装着する事で空力アップの専用ハンドルTALON!!(フレームセットでは別売り)

 

最先端技術がてんこ盛りの一台!!

 

乗った感想としては、

乗ってきたロードバイクの中では

トップクラスに良かったです!!

ロードバイクとして大切な、速さ!!

単純に(はえーーな――)

と思ったのが正直な感想です。

 

角バッタデザインからは想像できないほどの乗り味であり、横風自体があまりなかったのですが、ヨー角を大きくする事で風を切っている感じがしました。

 

角バッタBB周りはボトルケージの空気抵抗を軽減するものでしたが、

ボトルが付いていない+空力を体感できる45km/hの状況下に無かったので、

正直空力性能は体感できなかったです。

ただ、TTバイク並みにスピードが落ちず、

ぐんぐん進んでくれて、従来と比べて軽量化されたため、ヒルクライムも敵なしでしょう!!

エアロロードバイクながら万能。

最強のロードバイクだと感じました。

 

ロードバイクでここまで速いのに、DOGMAのTTバイクバージョンとなるBOLIDEは一体どのような性能をhめているのか、、ますます欲しいです。

代理店の方によると、3Dプリンタで製造された専用ハンドルは200万円らしいです。

フレームが170万円。

ハンドルとフレームだけで370万円は手が出しにくいですね、、、

サイクルモードにも展示されているらしいので是非ご覧ください。

 

ありがとうございました!!