ディスクホイールってマジで変わりますよ、、TTバイク、トライアスロンバイクを最強に仕上げたい方【最終兵器】としてディスクホイールをご検討ください。
by: 山本義明

お持ちのTTバイク、トライアスロンバイク

最強

にしませんか?

RW SES DISC CL/TL REAR WHEEL DISC ENVE-C 

どのフレームを選ぶか、どのコンポーネントを選ぶか、カスタムパーツを選ぶかで

パフォーマンスはかなり左右られまが

ディスクホイールを選択される方はなかなかいらっしゃいません。。

 

TTバイク、トライアスロンバイクをご商談させて頂く際にも

チラッとご提案させて頂くのですが

やはり

 

*横風が怖い←(一番多いです。)

*重くなってしまいそう

*色んな面において扱いにくそう。

*かなり高額

等々

 

あまりしつこくお勧めするのも失礼ですので

この場を借りてディスクホイールに付いてご説明します。

 

前置きが長くなりましたが

ディスクホイールを使うとメチャクチャ速くなりますよ??

 

いつものTTバイクにローハイトカーボンホイールを装着している時と

ディスクホイールを装着した時では明らかに違います。

鈍感な私でもその違いは明らかでした。

 

(あれ、もうこんなスピードか、いつもはもう少し踏ん張らないとだが

今日は簡単に維持できる。)

みたいな感じです。

 

通常のホイールでは、ホイールの内側にが巻き込まれ、

スポークにより撹拌されることで抵抗が生まれます。

 

:Bicycle livedoor blogより。

 

画像を見れば何かを察しますよね。

そう、ディスクホイールは空気が巻き込むとかそんな概念すらありません。

後ろに流すだけです。

前面だけで空気を切り裂くだけではだめです 空気を乱さずに綺麗に後ろに流す。

【後処理】が肝です。

 

続いて扱い易さについて。

加速が遅いのではないのかと言われることもあるのですが、

コンセプトは平坦での武器。

加速が求められるスプリントレースなどで使用するようには出来ていません。

 

だがしかし、ディスクホイールは物によっては高剛性、且つ、軽量。

私的には加速もローハイトホイールに比べて致命的な劣りは感じません。

 

踏むと(グワングワン)ホイールの中で音が反響し、

すごい物に乗っている感じがなんともたまりませんね。

 

参考までに私のPINARELLO BOLIDE

はディスク、バトンホイール装備で8.3kg

十分な軽さです。

 

ライトウェイトのディスクホイール(リム)ですと7kg台でした。

ちなみにある程度の重量があると平坦では慣性の法則が働くことで

より安定し、巡航が楽になりますよ。

 

続いて一番多かった

(横風での影響を懸念される方)

参考までに私は185cmで体重65kg

平均から比べてもがりがりです、、

 

そんな私でも横風は全然大丈夫です

もちろんある程度の慣れは求められますが、バイクは大体後ろ加重ですし、

フロントフォーク、フロントホイール、ハンドル以外のパーツに人が乗っかている感じです。

 

フロントフォーク、フロントホイール、ハンドルにはほとんど体重が乗っていませんので

フロントホイールのディープリム化は横風の影響は大きいです

(フロント寄りに体重が乗ってしまっている方はもう少し腹筋と肘の角度を意識しましょう)

 

さて、ここまで性能だけは良いよ良いよ!と語ってきましたが

別の角度で。

ディスクホイールの保管は慎重に。

側面をぶつけてしまいますとすぐに凹みます(心もホイールも)

凹むと基本的には修理は不可能です。

板なので角度によっては凹みが凄い目立ってしまいます。

レース機材なので決戦以外の時はホイールバッグに入れて安全な所での保管が大切です。

 

そしてもう一つ怖いのが振れです。

ディスクホイールは振れ取りができません(出来るホイールを1つだけ見た事がありますが)

基本的には無理です。

段差などでは十分注意。

 

 

注意すべき点はこのくらいですね。

 

最後にお値段高いんでしょう?という方へ。

今はディスクブレーキの時代ですのでリムブレーキはあえてオススメはしません。

紹介するのはディスクブレーキディスクホイール

そう、ディスクディスクです。

 

XENTIS

ENVE

CORIMA

ZIPP

HED

FFWD

MAVIC

VISION

BLACK INC

 

↑ワイズロードで扱いのあるメーカーだけでもディスクディスクはたくさんあります。

扱っていないメーカーも含めたらほかにもありますし、

リムブレーキならもっとあります。

まだディスクブレーキに移行中のTTバイクですがこれからもたくさん出てくることが予想されますね。

 

ちなみにおすすめはZIPPとCORIMAとENVE

 

トライアスロンでは知らない人はいないZIPP!

まず間違いのない性能です。

そしてコスパ最強のCORIMA 普通のカーボンホイールと変わらないくらいの値段で手に入ります。

そして最新技術てんこ盛りのENVE 

TT向けのプロお墨付きのディすくホイールです。

 

ディスクホイールと一口に言ってもディスクの中でも性能の差はめちゃくちゃあります。

どのメーカーも捨てがたい性能を秘めていますので

私も勉強していきます。

 

と、こんな感じです!

エアロに特化したTTフレーム、そしてそのほとんどのパーツがエアロ形状になっています。

そんなバイクの最終兵器としてディスクホイールを導入すれば

怪物のようなマシンが完成するでしょう。

IMG_4704

こちらは当店でご購入いただきましたお客様の一台。

 

ちなみにリアをディスクホイールならフロントホイールは?

という方。

相性がいいのは特にありません。

先ほどの横風を考慮してご自身にあったホイールを装着して下さい。

だがしかし、平たんでこれ以上ない最強バイクとなれば

バトンホイールをお勧めします。

バトンホイールについても語るのは今回の本題とはずれてしましますし長くなってしまいますので

またの機会に。

 

まずはお気軽にご相談ください

ありがとうございました!!

是非ご検討ください!