【秘密のアッコちゃんチューン】PARISオーバーホール【CDJ補修】
by: 野澤伸吾

 

本日の組み立ては

里帰りでありながらフレームが傷ついた

2F2A2022

PINARELLO PARISです

2F2A2023

↑さすがのカーボンドライジャパン

スムーズな補修です。

このタイプは【無塗装】な補修ですけど

その補修表面は奇麗ですしこれでいいですよね

さて CDJから帰ってきたフレームを組みますが

2F2A2024

この年度のPINARELLOはヘッドパーツを

手当てしたいですねえ

アンギュラタイプでない深溝単列ベアリングです

固く圧入されてますから分解整備はショップに任せましょう

2F2A2027

このPARISのベアリングは健康でしたので

2F2A2031

洗浄&グリスアップで大丈夫でした

2F2A2036

シールを再び嵌めて その上からグリスを盛っておきます

2F2A2038

↑上側のベアリングもこんな感じで盛っておけば

雨や汗にも強い子になるでしょうね。

 

さて・・・・・・

表題の秘密のアッコちゃんチューン

 

まあ 秘密ってほどでもないんやけど

2F2A2041

↑これはBB下のワイヤー受け

なんか 片側だけカタチが崩れてるでしょ

2F2A2042

↑右側がリヤディレイラーのワイヤーが通る溝

毎日毎日 シフトワイヤーギコギコされて削れてます

この部品はフロントタイヤの直後ですから

ワイヤーの凸凹のみならず砂や泥も一緒にギコギコですな

 

で こうなっちゃう

左側のFDの溝が崩れていないのは何故か?

それは PINARELLOの場合FD側には

ライナー管が標準であるからです

 

ですので ・・・・・・

2F2A2046

RDのほうもこの部分にライナーを

追加配備する

長めにね

2F2A2044

両側とも この部分をライナーで通過

2F2A2111

↑こうなってれば安心です。

ライナーも内部にはグリスを充填。

 

まそんな感じで

各部を磨き新品風味になるように組みました

 

リフォーム業界では・・・

『新築そっくりさん』があります

自転車業界の『まるで新車さん』を目指して

いつもオーバーホールをしています

 

2F2A2086

 

オンダフォークなPARIS

うんうん いまでもその輝きは健在

2F2A2097

やっぱオンダフォークはカッコいい

 

2F2A2098

ワコーズのワックスでピカピカ!

2F2A2091

バーテープはオーナ様と相談し

勝負しました!!

クールです!!!!

2F2A2110

ステキな相棒が復活しました!

 

by野澤