【社内試乗会】インプレッション・カウンターヴェイル!!
by: 田渕喬介

各店からブログアップ上がってますが

社内試乗会に自分も参加してきました!

 

■出展社数
40社!

■ブランド数
83ブランド!!

■試乗車・展示品数
500点以上!!!

と大変大規模なものでどれに乗るか非常に迷うものでありました

 

そこで選んだのがBIANCHI OLTRE XR4!!

KIMG0168

えー、大宮店の若手実走派の木村も同じバイクをレビューしてます・・・

そういった視点は彼に任せて

自分は元々ツーリング・小径ポタリング派なので

そういった観点からオルトレを見てみます

 

そもそもビアンキのハイエンドバイクに搭載されたカウンターヴェイルとはなんぞや

という話ですが簡単に言うと、カーボン積層の間に振動を吸収してくれるカーボン素材を入れて

サンドイッチ状に挟んでフレームを構成しているというものです

 

 

 

従来のゲルやゴムを挟んだものよりも振動吸収性がよく

振動を最大で80%除去できるというスグレものです!

 

さてそれが実際にどんな感じか試してみました。

 本当はお求めやすいXR3を乗ってみたかったのですが

あいにく貸出中・・・

ワングレード上のXR4が空いてたので乗ることにしたのですが

最初からコレ絶対に硬ぇだろ・・・と高を括ってました

 

ですが、漕ぎ出し当初からエアロロードとは思えないのり味・・・

オールラウンダなロードレーサーとなんら遜色のない快適性!

いやびっくりです

ホイールもいいもの(フルクラム レーシングゼロ)なので

それも相まって平地でもグイグイ進みます

途中土手を上がる坂があるのですが

そこでも全然速度が落ちず進めますね

自分のようなレース足をしてない人間にも全然使いこなせるバイクです

 

途中割とガタガタした道があるのですがこのにもあえて突っ込み

振動吸収具合を確認!

普通の路面を走っている時からお尻への負担が少ないような気がしてたのですが

あれた道だとハンドルへの負担が少ないことを実感しますね

かなりのスピードでもハンドルが暴れず腕や肩に無駄な力がかかってないことが実感出来ます

 

メーカーの営業さんもイタリアのイベントで200kmほどオルトレで走ったそうですが

やはり上半身への疲労の少なさを実感したそうです

 

というわけで今回試乗したカーボンロードバイクの中では非常に高評価でした

今回試乗した中でこれより快適度合いが高いなと思ったのはグラベルロード系くらいですね・・・。

 

 

さて!最後に普通の雑誌のインプレではなかなかない

この自転車と同じようなのり味はコレ!っていうのをご紹介したいと思います(笑)

 

比較してどっちが上だ下だというとメーカーさんにも角が立ちますが

コレとコレは似てるなあと言うのなら許してくれるでしょう

 

ということで今回自分が乗った中でOLTRE XR4に似てるなと思った車体は!

PINARELLO PRINCE です!

KIMG0170

19年から新型になってトップグレードのF10を踏襲した形状になったPRINCE

こちらもレーシーなイメージでしたが非常に乗りやすく感じました

これはイタリアンメーカー同士悩みますね!

是非参考にしてみてください!!

 

 

第8回ワイズカップバナー

sbd2018開催決定バナー

20181201埼玉バナー20181215大阪バナー