【素朴な疑問シリーズ】外気温6℃の朝はどんなウェア?【はじめての冬を迎えるアナタ様へ】11月25日サンデーライドにて
by: 野澤伸吾

 

アイフォン上の外気温が6℃の朝

初めてのロードバイクで

めての冬に突入のアナタ様・・・・・・

 

いったい どんなウェアなのか

お悩みではありませんか?

IMG_8697-001

 

 

本日もそんな気温でした。

↓ 7:30に集まったチームメイト

R0350011

上画像をクリックされると拡大されます

観察されるとわかるのですけど

けっこうまちまちなウェア選びなんですね。

 

R0350079

↑旦那様に誘われて下見にいらっしゃった奥様

スピードを出しませんし ゆっくり走りますので

シッカリと防風素材の重ね着です。

 

R0350044

↑こちらは 大宮スタッフ木村

若いからですが いまだに夏半袖に

生足でございます。

班長ですし キッチリ負荷をかけますので。

 

 

 

R0350066

↑ 私はというと・・・・・・

夏用半袖ジャージ&ビブパンツ

しかし6℃の情報をみて今期初めて

【冬用長袖アンダー】を着ました。

R0350068

アウターが同じ半袖であっても

インナーの種類で体感温度はまったく違います。

 

上半身にはアームウォーマーを重ね着して走りました。

周回練習中はちょうど良かったです。

ちなみに 私は58歳でして 

周回中は心拍数155~165で走りました。

けっこうハアハアいう感じです。

 

 

購入時にはウェアに表記の

適正温度ではなく

運動強度で考えなければなりません。

 

 

 

今日の私のように鼻呼吸では間に合わない

ハアハアいう負荷ならば アイフォン温度が6℃でも

ウインドウブレークジャージはオーバースペックで

汗がじゃんじゃん溜まって 汗冷えしたでしょう。

 

 

 

勿論 家を出るときにはウインドブレーカーと

ネックウォーマーを重ね着してますよ。

 

 

 

 

ウインドブレークジャージと

一言でいっても・・・・・・

 

 

 

 

p1400924

↑背中の大部分【重要な肩】が

風を通す素材のものや

p1400926

↑ほどほど抜けるものや・・・・・・

背中全面が防風素材のジャージもありますから

 

 

 

そこらへんの事情は

【アイフォン表示温度別記事】←クリック

前勤務地HPには 温度別に記事がございます

どうぞ御参考に。

 

 

 

 

そうそう 下半身は・・・・・・

R0350012

↑朝早くから連取するメンバーは

R0350014

↑防寒ロングビブパンツではありません

R0350127

↑夏の短いビブパンツの下にタイツが多い。

これは チーム練習なのでチームパンツを見せたいのと

 

数種類のタイツを持っていて

気温ごとに変えるためです。

 

勿論 このタイツにパッドはありません。

 

 

 

来週あたり アイフォン温度が4℃を下回ったら

わたしも ウインドブレークジャージを着ます。

そして その段階ではアンダーウェアは夏用の半袖です。

 

1℃くらいなら アンダーは冬用長袖でしょうね

マイナスになったら アンダーは防寒機能つきに変えます。

 

 

多汗スポーツのサイクリングは

細かいウェア設定が真冬を快適に過ごす肝でございます。

 

R0350059

練習が終わって

R0350091

背中に入れていた防寒着を着て

珈琲タイムにはいります!

 

R0350106

そんな 楽しい

 

R0350075

日曜日・・・・・・

R0350108

でしたっ!

R0350140

 

 

アラフォーからのロードバイク

↑素朴な疑問はこちらをクリック!

 

by野澤