【大宮カスタム工房】 汚れたブレーキを洗浄する話 【Disc&ダイレクト】
by: 野澤伸吾

 

 

里帰りいただいたディスクブレーキ車

峠でダンシング踏み込みと 

僅かに磨る異音がするそうで

2F2A9603

チェックしながら洗浄しました

ちなみに納車後1ヶ月以内でまだ新しい

 

 

 

 

2F2A9604

ホイールを外してパッド部を見ると

まあまあ 汚れています

2F2A9606

↑パッドを抜き取ります

間にはバネが入っていて

常にパッドを広げる方向にテンションがかかってます

 

 

2F2A9608

↑パッドを外すと

ブレーキピストンが見えます

 

 

こいつがレバーを握るとせり出すわけです

2F2A9613

↑いつものワコーケミカル

水無し洗浄!!

2F2A9618

↑ チェーンクリーナーの後

フォーミングマルチクリーナーで

 

2F2A9609

↑簡単にキレイになります。

 

ワコーズの水無し洗浄は

シールなどのゴムや塗装を攻撃しないので良い

 

 

 

 

さて ここで質問です

 

 

 

 

 

アナタ様はブレーキレバーを握る

そうするとピストンが動いて

パッドがローターをはさんで自転車は止まります。

 

 

では 出たピストンを

元の位置に戻しているのは誰?

 

 

 

押し戻さないと 

ブレーキはかかりぱなしです

 

2F2A9607

↑この バネではありません!

 

こいつの力はとても小さい

パッドの位置を決めてるだけです

 

 

 

答えは・・・・・・

 

実は油圧ブレーキのすべて

ポルシェもダンプカーも自転車も同じ

 

ゴム です。

 

ゴムがよじれて 

そのゴムの弾性で戻してます

 

2F2A9823

↑キャリパーを二分解し

油圧経路にエアーを噴くと

ピストンが飛び出てきます。

 

★機械式ディスクみたいにバネとか無い!

 

 

 

油圧部屋の中にピストンがあるだけ

2F2A9822

↑ この黒い輪っかがピストンシールです

 

2F2A9830

↑ 外してみると太いゴム

断面は四角いですね

 

ピストンが動くと四角いゴムは

平行四辺形に歪みます

加圧が抜けると元の正方形に戻る

その力でピストンは元の位置に戻ります

 

2F2A9829

↑ とても正確な精度で組み込まれている

 

 

ブレーキフルイドが漏れないのも

ピストンが戻るのも

 

すべて この小さなゴムのおかげです

 

しかも

★ゴムのよじれで戻どすという事は

いつも戻り量は一定です。

 

ですので パッドが減っても油圧ディスクには

クリアランス調整は不要です。

 

 

さて・・・・・・

ピストン回りはキレイになったのですけど

 

冒頭のダンシングの異音は汚れのせいでしょうか?

戻る量はこの程度の汚れで少なくはなりませんね

ということは キャリパーのセンタリングか

ディスクのブレでしょうか

さらに 整備を進めます。

 

@@@@@@@@@@@@

 

同時進行でカーボンドライジャパンさんから

戻ってきたフレーム修理のコンセプトを組みます。

 

 

カーボンドライジャパンの仕事は素晴らしいです。

その画像は 後日にでも。

 

2F2A9804

↑コンセプトはダイレクトマウント

2F2A9806一年未満の使用ですが 裏側はこんなに

 

シマノのキャリパーは

普段は見えない内側にローラーがあり駆動

 

2F2A9807

↑ローラーはこのレールの上を動きます

キャリパーを直に手で掴み握ると

ゴリゴリするのはこの汚れが原因

 

2F2A9809

↑ワコーズ水無し洗浄で

 

2F2A9810

↑キレイになります!

これでゴロゴリしません

 

2F2A9811

↑デュラグリスを塗布

 

かえって汚れを呼ぶかなと思い

シマノカスタマーに質問しましたら

『塗ってください』と回答もらいました

 

 

 

ダイレクトBRって新品時に

取り付けようの自具が付属してますが

 

 

単体でも簡単です

 

2F2A9812

↑まず内側つけます

コツはありません。  ただボルトを回します

 

2F2A9814

↑次に外側をつけます

コレも簡単

 

次に

 

2F2A9816

↑プライヤーで

2F2A9817

↑ バネをつまみます。

 

この時に バネの根元

【画像では上のほう】

をつまむのが 大切です。

 

2F2A9819

 

↑ つまんだバネの先端を

反対側の棒に引っ掛けます

 

【棒にある溝の奥】

 

コレで完了

 

 

by野澤