【実業団レースレポート】JBCF経済産業大臣旗!南魚沼に往復移動距離1,252㎞行ってきました(笑)
by: 星野将宏

既に大阪本館のブログでも

レースレポートがあがっていますが

 

 

 

 

ホッシー、今年最後の実業団レース・・・

 

 

JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

に行ってきました!!

 

 

 

開催場所は「新潟県南魚沼市」

 

 

経済産業大臣旗には

E1カテゴリーで10位以内に入りますと

 

 

来年の全日本選手権への出場資格が与えられます!!

 

 

こんな条件付けられたら

猛者たちが集まるに決まってます!!

 

 

 

とても選手のレベルが高いので

 

レースレベルも上がります!!

 

 

今年一番強い実業団エリートレーサーが

決まると言っても良いでしょう!!

 

 

 

そんなレースに挑むのに・・・

 

 

 

ホッシーの調子は万全ではありません!!(笑)

 

 

 

9月頭に京都店から大阪ウェア館に異動となり

引っ越しウンタラカンタラやっていたら

 

 

休みの日全部つぶれますよ(´;ω;`)

 

 

練習出来てません…

 気持ち程度ですが

朝練して補いました…

 

 

 

しかし!

休みもらって出るからには

現状で出せる最高をぶつけます!!

 

 

 

さて現地への移動からですね

悪条件が重なります(笑)

 

 

 

流石に1人での移動は遠征費がバカにならないので

大阪本館の利田副店長と大窪君を連れて

私のインプで行く予定をしていたのですが

 

 

まさかの前日入りではなく

当日入りするという強行スケジュール!!

大阪本館の営業終了後に集合したのですが

 

 

 

 

目的地までの距離626㎞…

出発時刻が21時30分だったので

 

到着予定時刻は朝の5時30予定とナビが教えてくれました…

 

え?ヤバナイ??

寝る時間なくない???

 

 

休憩時間を最小限にして移動せねば!!

 

 

ホッシーの現状では入賞どころか

完走すら危ういので

 

 

全日本出場資格の獲得と入賞は

利田さんに任せるしかなかったので

 

 

ホッシー1人で行道を運転!

(自分の車ですからね~)

 

 

 

エースには寝てもらいましょう!!

 

 

大阪本館のお2人のブログでは超寝不足と言ってましたが

 

少なくとも3時間は移動中寝てました(笑)

 闇の高速道路の運転は色んな意味でスリリングでした!

 

 

 何やかんやありましたが

雨とか雨とか雨とか(笑)

 

4時30分には会場の駐車場にいました。

 7時から試走時間ということで

 

 ダッシュで寝ます!

 

1時間少々寝れたでしょうか・・・

 

 

2人が自転車を降ろす音で起きます。

 

 

 

眠すぎ!腰痛い!起きたくない!! (笑)

 

 

 しかし、慣れないコースをぶっつけ本番で行けるほど

ホッシーの調子は良くないので

 

 

 試走行きます。

 

 

 

 バイクの事情も何やかんやありまして

2016年シーズンに乗っていた

ラピエールのAIRCODEで。

 

 

 脚の感触は悪くわないのですが

キレがありません。圧倒的寝不足!!

 

 

 

しかし、言い訳ばかり並べている場合ではありません。

 

 

 

レースに集中しなくてはと思ったのも束の間・・・

 

 

『北の方向から怪しい雲接近!!』

 

『パターン青!』

 

 

『雨です!!(笑)』

 

 

 

雨~。

 

 

 

8時間かけて移動してきて

雨のレースとか無いぜ...

 

 

 

心が折れそうでした…

 

 

 

 

8時スタートのE3を見送った後

 

 

 

睡眠短すぎてハイになったのか

 

雨の中、レインウェアも着ずにウォーミングアップへ。

 

 

 

 

どうせ濡れるなら、最初から濡れてても変わらんし

 

雨のレース苦手じゃないからもういいや。と開き直る。

 

 

 

心拍がうまく上がらない。

 

 

 

寒くて体温も奪われる。

 

 

 

条件は最悪ですが

レースの天気は運です。

 

 

10時15分定刻通りE1スタート。

 

 

 

ホッシー何の見せ場も作れなかったので

写真がありません。

すいません_(._.)_

 

 

 

 

1周12㎞。

 

E1は4周

スタートはローリングスタートで

ゴール地点手前2㎞の上り口から。

合計50kmのレース。

 

 

 

スタートから1周目は難なく集団の中央でキープ。

この時点で

「完走は間違いなく出来るな」と確認。

 

 

しっかし、最大13%の勾配はしんどいね。

10%以上の勾配が1km続くんだもん。

 

あと3回も登らないかんとは。

 

 

 

2周目。

利田さんが集団前方に位置付けていることを確認したので

平坦区間で選手を追い抜き、軽く合流。

 

 

ホッシーだけでは何もできず

不甲斐ない走りで終わるのが嫌だったので

 

 

睡眠不足で回復しきっていない体力ゲージを

削りながら集団先頭へ。

 

 

 

ホッシーこう見えて

下りがE1までのレースならかなり早い方なので。

(やろうと思えば過去のE1レースで下りだけで15秒を差を付けたこともあります)

 

 

後半のダムの下りで集団前方に位置づけていましたが

 

 

久しぶりに乗る慣れないバイクなのか

 

雨でなのか

 

 

下りが安定しない。

バイクの挙動が操作する意と反する動きを見せる。

 

 

 

不安が募り、下りを攻めきれず。

平凡すぎる走りに。

後ろにいた選手ゴメンナサイ_(._.)_

こんなはずではなかった。

 

 

 

しかしこの後、不安は最悪の形で正体を現す。

 

 

 

3周目に差しかかるコールライン手前の上りで

集団から少しだけ遅れる。

 

 

しかし!視界には完全に捉えている。

 

 

ちょっとした遅れなら、すぐにある緩い下りとカーブで追いつける。

 

 

 

 

フロントのタイヤグリップを確認しながら

(この時リアタイヤのグリップは気にかけていなかったのです…)

 

 

カーブを攻めて集団最後尾に着く。

 

 

 

だが、集団後方で中切れが起こる。

 

 

予期せぬ遅れは取り戻すのが簡単ではない。

 

 

 

緩い下り+雨ということで

自分の前にいる選手のペースが上がらないどころか

下がる一方。

 

 

 

思い通りのコーナーラインを走れず

苛立ち

オーバーペースで集団を追う。

 

 

 

こぼれてくる選手を追い越す際に

 

「まだ集団は見えてる!」

「平坦区間は集団がそんなにペースを上げてないから

下りまでに追いつこう!!

 

 

 

と声をかけローテして追う。

 

 

順調に差が縮まりかけていた右直角カーブ。

バイクの不安定な挙動の元凶が現れる。

 

本当に危険が迫った時って

スローモーションに見えるんですね。

 

 

 

ブレーキをかけてカーブに進入する体勢をとった瞬間

 

 

 

後輪がいきなりスリップ。

 

 

後輪が90度左に滑りスキッド状態に!

 

 

 

こうなったらリアタイヤのグリップが

全く抜けてしまい操作不能に。

 

 

ブレーキをかけてもフロントブレーキだけでは減速が足りない。

しかし、ブレーキを握りすぎても

フロントホイールロックしてしまいをこのまま落車か壁に激突。

 

 

ABSのようにフロントホイールをロックだけはしないように

ブレーキを調節し

 

リアブレーキは思いっきり握って体勢を立て直す。

 

車体が真っすぐしたかと思えば

 

リアホイールが今度は右に90度滑る。

 

 

 

「マジか…600kmも運転してきて落車すんのかよ…」

 

「血だらけで帰るのやだよ…」

 

 

なんて思っていたら

 

 

奇跡的に車体が真っすぐに!!

 

 

しかしリアタイヤはスリップしたまま。

 

 

コーナーの壁も運よく壁ではなく

落下防止ネットだったので突っ込む形で停車。

 

 

 

 

運が良すぎた…(´;ω;`)

 

 

 

落車は免れました。

 

後方の選手には申し訳ない事をした。

巻き込まなくて良かった。

 

と安どするとともにホッシーのレースは終了。

 

 

人生で初めて

レース中にスリップをしました。

落車はまだないです。

 

 

 

本来タイヤのグリップ限界を

タイヤのノイズや滑りはじめを感覚でキャッチして

カーブ中のバイクコントロールをするはずが

 

強めの雨、集団からの遅れで焦っており

見落としてしまいました。 

 

 

 

一度怖い体験をして

レース中に持ち直すのは至難の業。

ヴィンチェンツォ・ニバリくらいしかできませんよ。

 

 

集団復帰はもはや不能。

 

 

そんな体力残っていません。

腰超痛いです… 

 

 

何メートルくらいリアタイヤを固定してしまったのだろう。

 

 

完走を目指して走り出してもリアタイヤのグリップが利かな過ぎて

全ての下りをオーバーラン。

 

 

この後、合計4回

カーブのネットに突っ込むお世話になる事に(笑)

 

 

超安全速度でかろうじて曲れるくらい。

 

 

 

上りで

ダンシングしていてもタイヤがグリップしていないような感覚になり

ビビりながらなんとか完走。

 

 

 

先頭から遅れること8分29秒。

61位でした。

 

 

DNFを除く過去最悪な順位。

 

 

 

 

これからはちゃんとタイヤは

今まで使用していた

IRC FORMURA PRO TUBERESSを大人しく使います。

 

今回チューブラーだったんです。

 

 

 

 

そのころ利田さんは6位入賞!!

 

 

入賞+全日本出場資格の獲得!!

 

 

 

見事すぎる!!

おめでとうございます!!!!

 

 

 

 

2016年シーズンのホッシーと同じことしてる!!(笑)

 

 

 

絶好調のホッシーであれば

 

先頭集団でしのぎを削り

利田さんのアシストが出来るポテンシャルが

ありながら申し訳ありません。

 

 

来年こそ皆さんにいい報告が出来るように練習してまいります!!

 

 

 

結果を残した方は

帰り道ホッシー送迎的には優雅に帰れる特典なんですが

 

1時間半だけ利田さんに運転代わってもらい帰りました。

 

 

さすがにね。

運転時間1日で…15時間。

家着いたの皆送り届けたので23時でしたよ!

 

 

 

大変な遠征でありました。

 

 

 

次のホッシーのレースは

秋鈴鹿8時間エンデューロです!!

 

今年最後のレースです!!

 

4時間ソロにエントリーしておりますので

集中力・体力が続けば先頭集団にいる予定です(笑)

 

 

 

現地でみかけたら

お気軽にお声かけ下さい!!

 

 

 

 

2018/10/22 星野将宏

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o*:.。..。.。o ○*:.。..。.。 o*:.。..。.。o*:.。..。.。o○*

 

 

 

2018 FALL&WINTER揃ってます!!

人気ブランド秋冬モデル続々!備えは早めに!!!

 

 

  SUMMER WEAR SALE開催中!!

まだ使える夏物ウェアがお買い得に♪

在庫限り、早い者勝ち!!

 

 

最新情報はブログ・facebookでチェック!!

 

 

 

大阪ウェア館 facebook・instagramやってます!

フォローお願いします!

 

 

↓↓↓クリック↓↓↓

facebook

 

 

 

 

 通販できます!詳細はこちらのバナーをクリック♪

↓↓

 

 

  

   

 

 

 

  


 

 

 

 

   

 

 こちらのブログでお知らせしています情報は全てブログ掲載時のものとなります。

在庫は常に流動しておりますので、

気になるアイテム等ございましたらお電話でお問合せ下さいませ。

  

 

関西最大級90坪を誇るサイクルウェア専門店でスタッフ一同お待ちしています ★

 




大阪ウェア館ご案内 MAP