「レースレポート」しまなみ海道トライアスロン
by: 光井 大地

1473776238472

瀬戸内海の穏やかな海を

dscf4867

1.5kmたっぷりと堪能してきました。

11日はしまなみ海道で有名な尾道市で開催されたしまなみ海道トライアスロン大会に参加させていただきました

dscf4866

10時前にスイムタート。水は比較的綺麗で泳ぎやすかったです。

26分半程でスイムフィニッシュ。

20160911_081608

今回のトランジションには専用のカゴがあり、選手はシューズ等を全てこの中に入れる必要がありました。

dscf4891

今大会は激坂を含む約3kmの登りと約3kmの下りがある一周14.7kmのバイクコースの為ディープリムホイールとDHハンドルは封印しました。

大会公式バイクコース紹介です↓

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=876affafafd1cc36fd5353e3e961d8b5

大会が公式で出してくださっているコース動画です↓

7分30秒辺りから登りに入ります。

どちらも大会オフィシャルサイト様より http://www.shimanami-triathlon.jp/index.php

 

途中20%の斜度の激坂があったためバイクから降りて登っている選手がとても多かったです。

私は事前に動画で確認できていたので対策できましたが、視てなかったら同じように歩いていたかもしれません。

dscf4905

最後のランは周回コースではなく4.5km往復して帰ってきてからもう少し走るコースでした。

登りで脚を使いすぎた&暑さで汗を大量にかいたからなのか

ランで両脚攣りました・・・・・

2km付近でのエイドステーションで水や梅干をもらいながらなんとか回復。地元の方お手製の蜂蜜レモンが無ければ危なかったかもしれません。

dscf4912

苦しみながらもなんとかゴール!!!

480人中95位でした。

地元が近くなのでまた出場したい大会になりました!トライアスロンのことでわからないことがある方やこれからトライアスロンを始めたいという方是非ご来店くださいませ。

トライアスロン担当の光井が丁寧にご案内差し上げます。

 

 

トライアスロンは完走する選手全員が勝者であるというスタンスの競技です。

今回のレースは100名の選手が途中でレースを棄権していました。途中で棄権するというのはとても勇気ある決断です。自分の体の状態をよく見極めて状況判断ができる彼らは称賛されるべきだと思います(実際されています)。

トライアスロンで完走する事も大事ですが体の健康や命、何より心配しながら見守っている家族が最も大切です。

今回完走できなかったとしても来年もありますし、他のトライアスロン大会も沢山あります。ですが命は1つしかありません。

もし皆さんがこれから大会において体調の関係でリタイアするかどうかの状況に陥った時はどうか勇気をもってレースを降りるという選択肢があることを忘れないでください。