【伊吹山ヒルクライム】極寒の関ケ原決戦!!
by: 盛山 新太郎

 

 

 

 

DSC_0254

 

 

 

 

 

4月9日(日) 岐阜県不破郡 

 

 

 

 

 

 

 

当日の天候、雨のち曇り。最低気温8度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0253

 

 

 

 

 

 

 

当日の深夜0時ごろに大阪市内を出発し、3時前には会場付近に到着しました。

 

 

 

 

天候は予報では回復傾向でしたが現地についてみると結構な雨。

 

 

 

 

 

晴れることを祈って朝まで仮眠。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0254

 

 

 

 

 

 

 

朝、雨は何とか止み軽くぱらつく程度に。

 

 

 

 

朝9時45分ごろ、男子B第2グループでレーススタート。

 

 

 

 

 

 

 

初参加だった昨年の反省を活かし、序盤はペースを抑えて様子を見ながら少しずつペースを上げていく。

 

 

 

 

レース直前まで雨が降っており、しかも駐車場の地面はドロドロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1491722623335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップはゼロでしたので、脚の状態をみながら一定ペースで進みます。

 

 

 

 

 

 

 

今回は普段一緒に走らせていただいているチームの方数名と参加させていただいたのですが、同じクラスの僕ともうお一人でペアを組んでじわじわ順位を上げていきます。

 

 

 

 

 

途中一時視界約10mほどの濃霧に包まれながら、直前の練習で走った六甲山の走りを思い出しパワー平均270Wを維持。

 

 

 

 

レース2週間前に六甲山逆瀬川コース(距離11.4km/平均勾配7.2%)を走った際はタイム47:26、NP258W。

 

 

 

 

僕くらいの実力ではレース中の駆け引きはほとんどなく、いかに一定ペースを刻めるかが重要です。

 

 

 

 

 

 

レースは約2/3を消化、コースは短い平坦や下り区間が混じるようになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで一緒に走ってきた同じチームの方は堺浜のクリテリウムでも優勝経験のある実力者。

 

 

 

 

 

 

 

このままではラスト数メートルでスプリント勝負になるか??とも思われたので平坦区間でわずかにペースアップ。

 

 

 

 

 

 

 

直前までローラー台で練習を繰り返していたSSTを思い出し、ケイデンスは110rpm台までアップ。

 

 

 

 

 

この日の最高ケイデンスは127rpmを記録、最高速度はゴール直前の下り区間での53.3km/hでした。

 

 

 

 

 

 

後ろから追い上げてきた別クラスの速い選手の後ろに必死で喰らいつきなんとかゴール。

 

 

 

 

 

 

1491722610162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイム37:37、NP276W。

 

 

 

 

男子B 52/237位でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

1491722629341

 

 

 

 

 

 

 

毎回レース後にはもう少し練習しておけば・・・。と思いますが、自分的にはなかなか満足のいく結果となりました◎

 

 

 

 

 

 

 

参加者総数3000人近くにも及ぶ大きな大会で、ぜひまた来年も出たいと思える春のシーズン開幕を知らせる開幕戦にうってつけの大会です!!