お客様の一台 BIANCHI FENICE 「グラデーションが美しい、イタリアの不死鳥」
by: 盛山 新太郎

 

 

 

 

 

 

20170420230014_IMG_1175

 

 

 

 

 

今回ご注文いただいたのは、イタリアの老舗メーカー「BIANCHI(ビアンキ)」のハイエンドアルミフレーム

 

 

 

 

 

 

 

FENICE PRO

 

 

 

 

 

 

 

 

更にこちらは「レパルトコルサ」と呼ばれる、特別なメーカー契約をした店舗のみが取り扱える非常に希少なカラーリングなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

フレーム素材はアルミニウムにスカンジウムという金属を混ぜた合金で出来ており、通常のアルミフレームよりも硬くて軽いのが特徴です。

 

 

 

 

 

20170420230054_IMG_1176

 

 

 

 

 

 

 

組み合わせるコンポーネントは当然同じくイタリアの「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」

 

 

 

 

 

グレードは今は無き「ATHENA(アテナ)」??

 

 

 

 

 

20170420225757_IMG_1170

 

 

 

 

 

 

 

「SUPER RECORD(スーパーレコード)」??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170420230207_IMG_1178

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クランクはアテナ、レバーはスーパーレコード、その他の部分は新モデル「POTENZA(ポテンツァ)」をミックスして使用しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイールも同じくカンパニョーロの「SHAMAL MILLE C17(シャマル ミレ)」

 

 

 

 

 

フレームをお選びいただいたときからパーツは黒でまとめましょうとご相談させていただいておりましたので、こちらも納得のまとまりの良さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワードリムとなった今年度モデルから、ニップルもブラックアルマイトが施され、さらに引き締まった印象となりました。

 

 

 

 

 

 

タイヤもイタリアの「VITTORIA(ヴィットリア)」

 

 

 

 

 

 

 

グリップ性能と転がりの良さ、耐久性の高さが特徴のルビノプロ。

 

 

 

 

 

 

 

20170420231014_IMG_1185

 

 

 

 

 

 

見た目はとにかくこだわりました。

 

 

 

 

 

ハンドル、ステム、シートポストは最後まで迷っておられましたがこちらもイタリアの「DEDA(デダ)」で統一。

 

 

 

 

 

アウターケーブルのロゴは当然揃えさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170420231157_IMG_1187

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドスペーサーにもイタリアントリコローレをあしらうことで、ステム、コラム、フレームの統一感が生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170420225940_IMG_1174

 

 

 

 

 

 

 

ワイヤーの先の先まで色にはこだわり、ちょうど先日のブログでもご紹介させていただきました繰り返し使用が可能なエンドキャップで締めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、納車直前にタイヤチューブのバルブキャップもピンクに替えさせていただいて完成となりました。

 

 

 

 

20170420230014_IMG_1175

 

 

 

 

 

O様今回はご注文ありがとうございました。

 

 

 

 

 

今後も是非よろしくお願いいたします!!