縁の下の力持ち
by: 村拓治

アヘッドフォークに欠かせないスターファングルナット。

最近はカーボンコラムが増えてきたので、アンカーを使うことが多いですね。

定番はなんといってもこちら。

 

ヒラメ マルチプレッシャープラグ ¥1,850-(税別)

DSCN2848[1]

 

 

この種の製品のパイオニアであり、高い精度と確実な固定力を備えた逸品。

その性能を十分に発揮させる正しい使い方を、ご紹介したいと思います。

DSCN2839[1]

 

 

まずキャップボルトをトップキャップに通して、セッティングナットを取り付けます。

セッティングナットの向きに注意!

DSCN2840[1]

 

 

アンカー本体にキャップボルトを通します。

DSCN2841[1]

 

 

トップキャップをねじ込んで、コラムの内径近くまでアンカーを広げます。

DSCN2843[1]

 

 

アンカーを差し込んだ時に、軽く引っかかるぐらいまで広げておくのがコツ。

DSCN2844[1]

 

 

トップキャップがステムに当たるまで押し込んでから、5mmのアーレンキーでキャップボルトを締めます。

DSCN2845[1]

 

 

アンカーが固定されたら、キャップボルトをゆるめて、トップキャップとセッティングナットを取り外します。

DSCN2846[1]

 

 

6mmのアーレンキーで固定ボルトを増し締めして、アンカーを完全に固定します。

あとは通常通りトップキャップとキャップボルトを取り付けて、ステムを固定すればOK!

DSCN2847[1]

 

 

同様の製品が各社から出ていますが、ヒラメの信頼性は他と一線を画しています。

バラ組み、フォーク交換などの際は、ぜひ同時に取り付けておきたいもの。

メーカーによっては、完成車の組立時に交換した方がよい場合もありますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください!