【Team Ys Road】JBCF西日本ロードクラシックDay1『広島に散る』
by: 利田 卓也

IMG_20170630_191250_275

 

 

【西日本ロードクラシック】

 

数ある実業団レースの中でも経済産業大臣旗と並ぶ格調ある大会です。

つまりはコース難易度も高い部類に入ります。

土日2日間で開催され、私の走るE1クラスは

 

Day1が5周回

 

 

Day2が4周回

 

 

 

一周12kmのアップダウンと連続するコーナー。

総合力が必要とされます。

 

私にとっての今季初戦。
苦手ではないコースレイアウトですが、毎度のこと何が起こるかわからないのがロードレース。

 

久しぶりのレースですが、とにかくできる限り前で展開。

 

 

一番の敵は“暑さ”

 

 

スタート前の気温で36度。
前日の雨が嘘のような暑さです。

 

そして、朝からお腹が超絶に緩い。(お食事中の方申し訳ゴザイマセン。)

これ、後になって気づいたのですが、駄目ですね。

 

 

 

19693388_1363153803805725_12726693313252377_o

photo by FABtroni+camera

 

 

項垂れるような暑さの中、いよいよ初戦スタート。

 

クリートキャッチをミスり、ざぶざぶと抜かれていき、早くも集団半ばの方へと落ちていく。

 

集団の真ん中では“逃げ”が出来たときに反応できなかったり、

 

落車のリスクもあったりとストレスフルなので、

 

脚を使ってでも早めに集団前方を位置取るのが今回の私のパターン

 

 

 

今回はチームメイトがいない単騎ですので、チームプレイもありません。

 

 

それにしても。。。

 

 

 

1周目からなかなかしんどいなぁ。

 

 

 

調子悪いんかなぁ。

 

とか思いながらチラッと心拍に目をやると

 

 

 

【最大心拍93%】

 

 

な。

 

 

なぁーーー!?!?

 

 

まだメインの三段坂もきていないのに93%!?

 

アドレナリン?ドーパミン?でまくりですか!?

 

 

 

 

“とにかく、乳酸溜めんように踏まないように上りをこなすぞ。”

 

 

 

チラリとパワーに目をやる。

 

 

 

 

 

 

 

 

“394w”

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇい!!

 

 

 

オモクソ踏んどるやないかい!!

 

 

 

 

逆にパワーはでているので調子は悪くはないのか?とも。

テクニカルなコーナーも問題なくこなし、一周目ラストの上りで順位を一気にあげ前方へ。

 

 

 

19702770_1363153837139055_8913669352214866972_ophoto by FABtroni+camera

ここまでは目論み通り。(位置のお話ですね。心拍は・・・)
2周目へと突入。

 

この時点で120名ほどいた人数は既に37名程へと。

 

 

 

1498961338260

 

9番手あたりで下りへ。
ストレスなくコーナーをこなせる位置取りは重要。

 

しかし、暑さが尋常じゃない。

 

そして、周りの選手よりも多く水分を摂ってる気がする。。。

“水分持つかな。。。?”

不安がよぎり始める。
そして、1周目に引き続きなんだかめっちゃ苦しい。

三段坂でチラリと心拍に目をやる。

 

 

 

 

 

“最大心拍99%”

 

 

 

 

レッドゾーンですよーーー!?。

 

 

 

“あかんどー!!これは散る!死ぬ!!”

 

 

 

見てはいけないものを見てしまった。

 

 

これ以上いくとオールアウトで一気に力がはいらなくなる可能性がある。。。

気がつくと先頭集団最後尾あたりまで番手を下げていた。

 

 

 

19720256_474070942967692_294957680_o

とっても苦しそうデス。(photo by Kana  Akiyama)

 

 

 

これあかんかもー

 

 

そう思いながらも、粘る。

 

集団最後尾あたりで2周目を通過。

このあたりからサバイバルになってくるかな?

 

展開的には2周目と同じだが、コーナーからの立ち上がり、上りで遅れる選手が出始める。

集団は更に減り25名以下?

 

 

 

そして、3周目最後の三段坂で前へとジャンプアップを図る。

 

 

 

 

ここで事件が。

 

上りきる直前でメカトラ。

 

 

ハスられ、ハスり。

 

そして落車。

 

地面に叩きつけらる。
反動で頭も打ちつける。

ゲロゲロー。

 

巻き込みはなかったと思いますが、

周りの選手にはご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした。

 

身体へのダメージは恐らく擦過傷と打撲で済んでる。

再スタートを切ろうかと思ったが。。。
メカトラは深刻で再スタートをきれない。

 

 

 

 

 

チーン。

 

 

散った。

 

 

 

オワター。

 

 

 

 

 

 

残念ながら3周目途中で私の初戦は終了となりました。

 

回収車が来るまでの間に

あのままいけてたかな?
水分は足りてたかな?
でも、かなりきつかったしなー。
そう言えば、朝からお腹壊してたから、それで脱水気味だったんかもなぁとか。

イロイロ頭の中で思いは巡ってきます。

今回の機材トラブルは残念ながらパーツ手配の目処が立たずで復旧できず。
2日目はDNSとなりました。

 

こんなこともあるか。。。
次回からというか来年からはもっと準備しようと思いました。

 

次は8月最後に

 

「全日本坂バカ選手権」

アマチュアヒルクライム日本一決定戦

 

“全日本マウンテンサイクリング IN 乗鞍

 

チャンピオンクラスに出場予定。

 

 

 

 

 

 

いくぜ。ノリクラ。

 

 

 

 

Support  BRAND

ヘルメット:UVEX Race5,

アイウェア:UVEX Sportstyle 104v

アイウェアフィッティング:眼z 井上様

 

使用サプリ

glico :エキストラバーナー、オキシアップ、エキストラビタミン&ミネラル

 

 

 

使用機材

_20170630_183443

当日が雨天であれば、上画像の仕様で出走予定でした。

 

前輪がMAVIC キシリウム プロエグザリット

後輪がゼンティス XBL4.2

 

理由は簡単で前の制動力確保の為です。結局は前輪もゼンティスになりましたけど。

 

フレーム:PINARELLO:Dogma65.1

ホイール:Xentis XBL 4.2カーボンクリンチャー

タイヤ: コンチネンタル GP4000SⅡ23c

サドル:Fabric  ALM

チェーンオイル:モーガンブルー

パワーメーター:Power Tap P1ペダル