オーバーホールの途中で
by: 村拓治

お客様からお預かりした車体を見ていて気づいたことが。

ペダルのキャップが外れて、なくなっています…。

DSCN3047[1]

 

 

このキャップは穴をふさぐだけでなく、ケージを動かすバネ押さえの役割も果たしています。

ケージがグラグラでは危ないので、新しいキャップを取り寄せました。

DSCN3048[1]

 

 

ケージの穴に詰まった汚れを取り除いた後、ペダルボディに合わせてバネを組み込みます。

DSCN3050[1]

 

 

5mmのアーレンキーでボルトを締め込めば完成!

DSCN3051[1]

 

DSCN3052[1]

 

 

ペダリングのパワーを常に受け続けているペダルは、気づかないうちに傷みやすいもの。

レースに出る人なら、特にしっかりとメンテナンスしておきたいところです。

ちなみに今回の場合、パーツ代はわずか¥481-(税別)!

スモールパーツが手ごろな価格でしっかり供給されているシマノならでは、ですね。

パーツのお取り寄せはもちろん、交換作業(工賃別途)も承りますので、スタッフまでお気軽にお問合わせください!