あなたのリプレーサブルエンドは大丈夫!?
by: 川崎 聡

みなさん、リプレーサブルエンドって分かりますか?

 

いわゆるディレイラーハンガーの事です!

 

では、ディレイラーハンガーとは?

 

後ろの変速機の土台部分になります。

 

(こちらの写真ではシルバーの部分です。)

end02

 

(こちらの写真では黒の部分です。)

end03

 

昔のクロモリフレームとかは変速機の土台部分一体型が多く折れたりしたらフレームごと交換という形になりましたが昨今のフレームの殆どは、リプレーサブルエンドスタイルでいわゆる土台部分だけが取り外しが出来交換が出来るのでフレーム交換しなくてもすむというスタイルになっています。

 

 

 

で、どの時期でも非常に多い修理はこのリプレーサブルエンドの曲がり、破損!!

end06

 

実は、このリプレーサブルエンドことディレイラーハンガーは、

簡単に曲がったり折れたりします!!

 

車のバンパーと同じ様な役目で外から加わった力を吸収し、簡単に曲がったり折れたりする事でリアディレイラー本体であったりフレーム本体を守ってくれる役目でもあるのです。

 

すごく繊細なパーツでもあるので、自転車を倒しただけでも曲がったりする事も有ります。気がつかない間に曲がってしまってる事もよく有ります!!(普段のチェックが大事)

 

 

 

リプレーサブルエンドが曲がるとどうなるか?

 

うまいこと変速がしなかったり、一番軽いギアにした時にチェーンが飛び越えてしまいスポークを傷つけてしまったり、ちょっとした曲がりでも漕いでる時に無理な力が変にかかってしまいチェーンがロックして大事故に繫がっているケースもあります。

 

ちょっとした曲がりなら修正をかけて治す事出来ますが、力をかけて無理矢理曲がりを修正するので、出来る事なら交換をオススメします!!

 

 

 

ただ残念な事に。。

 

このリプレーサブルエンド!メーカー、車体、年式によって形が違うのです!!

膨大な数の種類が有ります。

 

もちろん形が違うと取付ける事出来ません!!

 

大阪本館では、定番の車体でよく使われている物は常備ストックしております。

 

rip01

 

特殊の分はメーカー取り寄せになるため、お時間がかかります。

 

リプレーサブルエンドことディレイラーハンガーは消耗品と思っといて下さい!