AUTHORオーバーホール
by: 村拓治

最近は”AUTHOR”を「アーサー」と読むようですね。

ゼロ年代前半、ミカエル・プロコップが乗っていた頃は「オーサー」と読んでいましたが。

そんなAUTHORのシクロクロス車のオーバーホールを承りました。

DSCN3029[1]

 

 

レースにも出られるオーナー様なので、お預かりした時は激戦の跡があちこちに…。

DSCN3030[1]

 

DSCN3035[1]

 

DSCN3034[1]

 

 

まずはSTIのネームプレートを外して、中に詰まった泥を取り除きます。

DSCN3037[1]

 

DSCN3041[1]

 

 

左のペダルキャップが取れていたので、取り寄せました。

DSCN3047[1]

 

DSCN3048[1]

 

 

こちらも泥を取り除いてから取り付けます。

DSCN3052[1]

 

 

コンポーネントを取り外して、フレームとフォークも洗浄します。

あとは新しいワイヤーとチェーン、バーテープを使って組み立てれば…

DSCN3073[1]

 

 

完成です!

DSCN3108[1]

 

DSCN3109[1]

 

DSCN3112[1]

 

DSCN3113[1]

普段のメンテナンスでは取りづらい奥まった所の汚れも、キレイに落とせました☆

オーナー様にもご満足いただけたようで、来シーズンの活躍が楽しみです♪

 

 

ちなみに今回のオーバーホールは、Bコース(税別¥27,000-)+パーツ代で、約4万円でした。

ご用途やご予算に合わせて様々なメニューをご用意していますので、スタッフまでお気軽にお問い合わせください!