スタッフバイク・BD-1クラシック・MARK42・フロントバック台座取付編 
by: 山本 敏之

今回紹介のアイテムはコチラです。

 

もちろん、お取り寄せ可能となってますので

お気軽におたずねくださいませ。

 

BD-1  

Birdy Front Rack

¥14,500+税

を購入しましてついに装着しました。

(*´Д`)

 

過去ブログですが車体はこのような感じの車体です☟

スタッフBD-1MARK42総集編へはコチラをクリックです。

 

 

早速ですがコチラです☟

DSC_1363_1

 

はい!見るからに

アーマー感があります。

 

まるでアメフトのヘルメットみたいに

無骨くなります。

(;・∀・)

 

 

DSC_1357_1

 

 

DSC_1359_1 (1)

 

未装着もスッキリしてるのも良いのですが、

早速、無骨くなってもらいます。

 

DSC_1360_1

 

ボルトを抜いてからの差し替え

ボルトイン!

 

DSC_1361_1 (1)

 

驚くほど簡単でしたが、

実はここからが問題でした。

 

 

折りたためるはずのBD-1MARK42さん、、、

リアディレイラーが干渉するではありませんか!

(;゚Д゚)っ

 

原因はコチラでした☟

DSC_1366_1 (1)

私のバイクはXT、10S仕様になってます。

車体と

パニアバック取付時の(フック部分)が干渉しており、

ノーマルなら何の問題もなく取り付けれたのですが、

干渉してしまい、、、

私の車体ですので、

少し加工を施してクリアーしました。

(;´・ω・)っ

 

 

DSC_1367_1

 

見事に折りたためてますが、

わがままな車体になりつつあるBD-1MARK42。

まるで重戦車になりつつあります。

その証拠に☟

 

DSC_1368_1

 

旅と言えばコチラのバックでしょう☟

 

オルトリーブ

バックローラークラシック(ペア)

40Lが装着できちゃいました。

もちろん、鞄と地面の高さはお気を付けください。

低いです。

 

 

DSC_1369_1 (1)

 

DSC_1370_1 (1)

 

コスパ最強のパニアバックといえばコチラです。

KONNIX リアパニア46 ペア

¥7,200+税

コチラも在庫ございますが、

装着できました。

 

 

DSC_0575

 

 

是非気になった方は、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

皆様のご来店、お待ちしておます。

 

 

そして

10月のスペシャルイベント

コチラもクリックです。