【社員試乗会】COLNAGO C-RS『このバランス、性能、煌びやかさ』
by: 利田 卓也

IMG_20171020_112932_256

 

 

 

大阪本館、私のインプレ第二弾!

 

私はあと、最低でも2台は書くかせて頂く予定にしております。

 

 

第二弾は コルナゴ でございます。

 

 

その中でもハイエンドモデルC60、

エアロモデルのコンセプト、そして新型のV2ーR・・・と迷ったのですが、、、

 

今回インプレッションさせて頂くのは  

 

 

C-RS

 

 

DSC_0707

 

 

価格:270,000円(105完成車、税抜)
価格:350,000円(アルテグラ完成車、税抜)

 

 

 

コルナゴのミドルグレードのバイクであり、比較的手の出しやすい価格帯のカーボンバイクです。

(手が出しやすいと言っても、スポーツバイクを知らない方からすると高いのですけどね・・・(^^;)

 

 

お店に並んでいて悩まれる価格帯に入ってくる、このイタリアンバイクの乗り味は??

 

 

 

軽いギアでペダルを回し始めると、何とも優しく自転車が前へと引っ張られるように進んでいく。

とても自然で、嫌な感じを微塵も感じさせない。

 

ギアをあげていく。

この自然な伸び感は変わらない。

スッーと軽やかに一定のペースであるかのように心地よく速度の乗っていく走りは

レースの世界で刹那を求める走り方というよりはロングライドやファンライド、

これから長くスポーツバイクと付き合っていきたい方には適した一台であると感じる。

 

 

勿論!

レーシングバイクがモットーのコルナゴ。

踏めばそれに負けじと加速していきます。

 

ですが、やはりハイエンドモデルと比べると加速は分が悪いです・・・それは価格帯をみても当然なのですけどね(^-^;

 

履いているホイールもRS010ですかねぇ。

 

 

DSC_0709

 

 

 

 

このC-RSを一言で言うなれば、『優れたバランス感』

 

手で持ちあげてみる以上に軽やかに進み、コーナーリングもカッチリと狙ったラインをトレースできます。

(ウェットだったので、攻めてませんが。)

 

前後のバランスが抜群にいいのか、操作感、踏んだ感触、そして進み方。

とても優れた一台であると感じます。

 

 

 

DSC_0708

 

 

 

DSC_0712

 

 

 

カラーリングもイタリアントリコローレの配色がとても洗練されております。

この湾曲具合も振動吸収に一役買ってくれていそう。

 

 

そして、この煌びやかさ。

 

画像では何ともお伝えしづらいのですが・・・。

 

 

 

DSC_0714

 

 

光の当たり具合で顔を変えるこのフレームは実に美しいのです。

 

 

DSC_0711

 

 

 

シートクランプタイプは内蔵型。

 

見た目の美しさはもちろん、エアロと

薄型による締め付けにより、シートポストを面で捉えることにより固定力と均一の力による締め付け過ぎを防いでもくれます。

 

 

 

いかがでしょうか。

イタリアンブランド COLNAGO が放つ渾身のミドルグレード。

大阪本館にも在庫しております。

 

 

お立ち寄りくださいませ。