【MADE IN JAPAN】もう一つの究極の回転体。
by: 大窪 良

こんにちは!

 

大阪本館の大窪です!!

 

 

 

 

突然ですが、

 

ロードバイク乗られている方

 

【究極の回転体】

 

と聞くと迷わず

 

 

 

 

 LIGHT WEIGHT 

 

 

 

 

と思われる方が多いんじゃないでしょうか??

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

 

 

 

 

MADE IN JAPAN

 

 

 

 

 

 

もう一つの究極の回転体です!

 

 

 

 

IMG_1058

 

 

 

 

 

GOKISO

 

 

 

 

 

 

GD2  super climber hab 

 

 

IMG_1025

 

 ¥960,000 +税 

 

 

 

たかっっっ!!!

 

 

って

 

思われた方多いんじゃないでしょうか??

 

 

自分も思いました

 

 

 

お高いのにも、理由がありまして

 

 

 

弾性体衝撃吸収構造を直接削り込まれた「一体構造」ハブボディ

 

 

というチタン合金の削りだしです!

 

 

 

 

IMG_1021IMG_1022

 

 

外周を連続的に削り込み、ボディを部分的に薄肉化することによって


意図的に弾性率の変化を付けてあります。


この薄肉化された部分が弾性体構造として機能し、強いトルクに耐えうる


極めて高い剛性と弾性体衝撃吸収構造、二つの機能を両立しています!!

 

 

 

スーパークライマーモデルは、

 

路面からの衝撃荷重を吸収する構造を採用されており、


弾性体構造は、フランジを構造的にボディシェルから浮かせる構造を取っているので、

 

ホイールからの外部からくる力を直接ベアリングに影響を与えないように作られています!


走行中、通常は乗車荷重や強い衝撃を受けた時、また強い脚力から来る高トルクなど、

 

強い外部応力を受けた時に、ハブフランジは応力に従い僅かに変形します。


ですが、

 

スーパークライマーモデルの弾性体構造はフランジとボディシェルとが切り離されているので、

 

フランジの歪みはベアリングへは伝わらず、

 

ベアリングは真円を保ち続けることが出来る構造になってます!

 

そして、

 

ホイール取付時に負荷や歪みの影響を受けないように球面形状ナット・ワッシャー

 

がハブに取り付けてあります。

 

IMG_1051

IMG_1054

 

 

この輪っかですね

 

 

 

ホイールをクイックレバーでフレームに 組み付ける際の圧力により、

 

ハブシャフトに歪みが生じます。

 

こうした問題を解決するためにこのワッシャーがあり、

 

このワッシャーのおかげでフレームの歪みとは無関係に

 

ハブシャフトを 真直に保つことができ、軸受にストレスを

 

与えないことで摩耗や損傷を低減、 回転をよりスムーズにしています。

 

とかなり作り込んでいますが、

 

ハブだけではなく

 

リムに関してもかなり作り込んでいます!!

 

 

 

 

 

 

これが、GOKISOが開発しているホイールの断面図ですが、

 

自社で精密機械加工を行い、より高いホイールの真円精度を維持しています。

 

 

 

 

 

GOKISOはカーボンの積層を増やし、充分な剛性を確保したことに加えて

 

ワイド化が加わることでさらに転がり抵抗、駆動抵抗を抑え、

 

推進力の維持が可能となります。

 

 

 

こんなすごいホイールを使ってみませんか??

 

 

IMG_1059

 

コンチネンタル

GP 4000S II

 

 

 BRIDGESTONE

超軽量チューブ

 

をお付けします!!!

 

 

大阪本館でお待ちしております!!

 

byオオクボ