【2018機材編】ツール・ド・おきなわ市民210km
by: 利田 卓也

 

IMG_20181030_005611_596

 

 

 

 

今年、2018年のオキナワ機材編です。

使用機材は

 

 

 

 

 

 

 DSC_0290

 

 

LOOK   785  HUEZ  RS   

 

 

 

ホイールは今年使用し始めた 

 

 

 

IMG_20181006_005409_792

 

 

 

 

MAVIC コスミックプロカーボンSL UST

 

 

 

 

 

ホイール重量はカタログ値によるとギリギリ1,500gを切るとされています。

チューブレスによる乗り心地の良さと転がり抵抗の低さ、そしてMAVIC特有とも言える押し出されるような進み方。

 

 

 

以前にもお伝えしたことがあるかもしれませんが、

私がホイールを選ぶ基準はホイール単体での性能を重視しません。

トータルバランスとしてフレームとのマッチングを重視します。

+コースとの相性です。

 

“脚が残るのか”

“上りにおいてネガティブ要素がどれだけあるのか?”

“逆に平坦での巡行性能は?”

 

そのままですが、オキナワ210㎞では“上りで重量のデメリットを感じず、しかも平坦を慣性を活かしつつ楽に巡行できるもの”

そこにプラスされるのがフレームとの相性“脚を残せるか”です。

 

 

MAVIC コスミックプロカーボンSL USTは重量面では軽量とは言えませんが、他は文句なく良かったので決まりでした。

 

 

ポジションも少し変更し、より低いフォームもとれるように。

 

 

DSC_3259

 

トップカバーを低いものに。

そう言えば夏にステムもZIPP  SL  SPRINT に変えておりました。

(ロゴがオレンジ色なのは遊び心です。販売もしておりません。)

このステム大阪本館で私を含めスタッフが4名が使う程

皆気に入っております。

 

 

圧倒的剛性感。

 

これまたフレームとの相性がありますが、HUEZ  RSには合ってるかと。

 

 

 

 

BBも直前ではありましたが、クリスキングから

 

DSC_3386

 

最近取り扱いを始めた【KOGEL】(コゲル)に。

 

セラミックスピードと同等の鋼球を使用しつつ

価格はセラミックスピードよりも30%程お安め。

 

 

DSC_3388

 

 

ノーメンテナンスで10,000km~12,000kmは走れるそうです。

こちらに変更。

 

 

 

KOGELはアメリカはテキサス州で生まれ、独自の技術によりベアリングシールを開発し、ロード用は極限まで抵抗を減らし、ダート用はハイレベルな耐候・耐久性を実現。
これらの高機能シールに守られるKOGELのベアリングには、Grade3,  Avec5という高精度のセラミックベアリングがミックスして採用され、全てのBBとプーリーに搭載。

用途に応じて最高のベアリングを与えることがKOGELベアリングの使命です。

 その高い性能に関わらずコストパフォーマンスも高く、2年補償が付与されます。

 

というのがメーカーの謳い文句です。

 

 

インストールした時点で回転が非常に軽く、“あたり”がでるとその回転の軽さはグリス入っていないのでは!?と思う程に軽いです。

 

軽く感じるではなく、“明らかに軽い”です。

恐らく多くの方が体感できるレベルという凄まじさです。

 

 

実際に非常に脚当たりは軽くクリスキングの滑らかな回転性とは全く別の回転性能なのかなと思います。

 

ここ一番の勝負用に用意していた

ハイクオリティセラミックBB コゲル

 

少しはマシな成績を残せていれば良かったのですけれどね(^-^;

 

 

 

他はほぼ変わりがありません。

 

私の絶対的アイテム

 

 

DSC_0266

 

CDJビッグプーリーに今年はX11SL tiのGOLDチェーン。

 

 コンポはSRAM RED22 

操作感も見た目も手の収まった感じも好きです

 

 

 

チェーンオイルは実は今回初使用のSQUART(ワックス系)

 某実験結果より第二位の駆動抵抗ということで採用。

 

 

 

 

よく使用するものはWAKO’Sチェーンルブ。

他にもVIPROSグレサージュなんてのも多々。

 

 

ペダルは

 

 

IMG_0348

 

 

LOOK KEO BLADE CARBON Ti

 

 

圧倒的軽さと剛性の逸品。

フィーリングを変えたくないというのと、

本番中に使い続けたもので不具合が出ても嫌なので

練習用とレース用と使いわけております。 

 

 

DSC_0262 

 

 

 

あとはバーテープを

 

SUPACAZの派手なネオンオレンジ

 

に変更し完了となりました。

 

 

 

 

 

装備品として ヘルメットを

 

 

OGK KABUTOの最軽量ヘルメット

 

 

 

ayano2018okinawa-296 (1)

©Makoto.AYANO/cyclowired.jp

 

 

フレアーに変更!!

 

重量170gの軽さと全方向からの空気の抜け

つまりは涼しさがが最大の売り。

 

 

正直、被っていることを忘れるほどです!

 

被っている状態で頭を振ってみても

 

 

ヘルメットの存在を感じないレベルw

 

 

210kmと5時間を超えるレース、しかも沖縄。

 

 

首に負担がかからない軽いものが良いでしょうということで。

 

 

 

このヘルメットは

 

 

 

ロングライド志向の方にこそ被って頂きたい!

 

 

 

忘れてはならない今年の私を支えてくれていた超重要なアイテム

 

 

IMG_20180323_222214_420

 

 

イナーメオイル

アップオイルと前日の高強度用リカバリーピンク

 

そして回復のリカバリー

 

 

おかげで今シーズンは体のリカバリーをしつつトレーニングを積めたのかなと。

 

 かなり浅い紹介となりましたが

2018年度の機材はこういったモノでした。

 

 

 

とりあえず今回はこのあたりで失礼します。

 

 

 

 

 

 

ただいまワイズロード全店で

シマノ、マヴィックの製品をご購入いただくと

ポイントが付いてくる

お得なキャンペーンを開催しております!

 

 

 

 

 

 

現金にてお会計の場合

対象商品の金額の10%のポイントをプレゼント

(現金以外の場合は5%のプレゼントになります)

 

 

 

期間は2018年12月9日まで

 

 

 

 

 

ホイールをご購入頂いて付いたポイントを

スプロケットのご購入や取り付けの作業代に

使用していただくことも可能です!

 

 

 

 

 

この機会にぜひご検討ください!!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

低金利のショッピングローンもございます!

お気軽にご相談くださいませ。

 

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!

 

 

 

1%ローンをご利用頂くとこんなにお得になります!

 

 

詳細はコチラより

 

 

 


 

 

 

アルバイト募集中!!

 

 

 

スクリーンショット 2017-10-18 19.24.23

スクリーンショット 2017-10-18 19.24.30

 

 

WEB応募はコチラ